プランで作業する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. Advanced Roadmaps をインストールする
  2. プラン環境を準備する
  3. プランを作成する
  4. チームを管理する
  5. リリースを管理する
  6. プランで作業する
  7. プランをカスタマイズする
  8. プランを共有する

はじめる前に

このページのコンテンツは、ユーザーが所属している組織の構造に応じ、Advanced Roadmaps 管理者およびプラン所有者を対象にしています。

この利用開始ガイドは、チームのセットアップに役立てるためにご用意しました。

このガイドでは、Advanced Roadmaps の機能を使用する際にユーザーや管理者が経験することがある典型的な内容を詳しく説明します。また、概念についての高度な内容や、推奨事項、プランを肉付けする際に検討に値するオプションの手順も紹介しています。

プランで作業する

このセクションの内容では、改善されたインターフェイスを使用したプランライブ プランのスケジューリングに関する課題の機能の違いについて説明します

プランの種類間の機能上の大きな違いは、スケジューラーによるプランでのデータ変更の実装方法にあります。

  • 改善されたインターフェイスを使用したプランではスケジューラーによってスケジュールが調整されますが、これらの変更はプランに直接は実装されません。代わりに、スケジューラーはこれらの変更を提案として表示して、これらの変更を受け入れるか破棄するかを選択できます。
  • ライブ プランでは、スケジューラーによってタイムラインが実際にどのように調整されるかはわかりません。最終的に、プランでは結果のスケジュールのみが与えられて、加えられた変更を受け入れるか破棄するかは選択できません。

これらの種類のプラン全体における機能の重要な違いについては、「改善されたインターフェイスでの変更」をご参照ください。

使用しているプランの種類に応じて、次のセクションのいずれかに移動します。

改善されたインターフェイスを使用したプランにおける作業

ここでは、改善されたインターフェイスを使用したプランのルック & フィールに慣れるために編纂したいくつかのページがあります。

チームの作業を計画する際に、次のいずれかのタスクを実行する必要があることがありますが、必ずしも次の順序で実行する必要はありません。


タスク説明
1プランの構成

プランの設定を構成するには、Advanced Roadmaps ユーザー権限が必要になります。スケジュール設定、課題ソース、カスタム フィールド、権限、シナリオを設定する際の適切なオプションを選択できるように、組織内でのチームの取り組み方にご留意ください。

2プラン内の課題を表示する

作業を計画する際には、複数のプロジェクトを横断する複数の課題を管理する可能性があります。複数の作業ストリームを横断していると、作業を見失いやすくなります。

プランのロードマップ ビューを使用すると、自身に関係するすべての作業を確認できます。改善されたインターフェイスでは、このビューの異なる要素を使用して関連する情報にのみ焦点を当てられます。

3プランの課題を管理する

プランを準備して稼働させると、選択した課題ソースに基づいてすでに課題がある可能性が高まります。作業に取り掛かる際に、さらに課題を作成したり、複数の課題を一括編集したりシナリオを使用したりさえする必要がある場合があります

4課題のスケジュール

改善されたインターフェイスでは、手動スケジューリング自動スケジューリングを組み合わせた計画アプローチを活用します。

改善されたインターフェイスでは、タイムラインで課題をドラッグ & ドロップして、プラン内の課題を手動でスケジュールできます。また、日付を手動で入力して課題をスケジュールできます。

また、プランの課題を自動スケジュールできます。スケジューラーは、見積もり、スプリント、リリースなどといくつかの課題の詳細を検討して、プランで課題をスケジュールできる可能性がある方法を提案します。これらの変更を承認するか破棄するかを選択できます。

改善されたインターフェイスにおける手動スケジューリング作業と自動スケジューリング作業の詳細については、「課題のスケジュール」と「課題の自動スケジュール」をご参照ください。

5依存関係の管理 チームの作業を計画する際には、プランにある課題全体の依存関係を監視するのに役立ちます。これによって、他の課題の進捗を妨げている課題を発見して、最終的にチームの現実的なスケジュールを作成するのに役立ちます。


ライブ プランにおける作業

ここでは、ライブ プランのルック & フィールに慣れるためのいくつかのページがあります。

チームの作業を計画する際に、次のいずれかのタスクを実行する必要があることがありますが、必ずしも次の順序で実行する必要はありません。


タスク説明
1プラン設定の構成

ライブ プランの設定を構成するには、Advanced Roadmaps ユーザー権限が必要です。ステージとスキル、シナリオ、スケジュール設定、作業時間と日数、課題ソース、カスタム フィールド、コミットなどの設定の適切なオプションを選択できるように、組織内におけるチームの取り組み方にご留意ください。

2タイムラインで課題をスケジュールする

スケジューラーは、ライブ プランのコア機能の 1 つです。自動でチームに課題を割り当てて依存関係と優先順位を考慮し、現実的な予測を生成します。

タイムライン ビューには予測されたリリース日が表示され、プロジェクト、チーム、およびチーム メンバーごとに詳細を確認できます。

ライブ プランで課題のスケジュール設定を開始するには、「スケジューリングの挙動」と「タイムラインを使用する」をご参照ください。

3

プランのスコープを管理する

ライブ プランでは、Jira Software とのシームレスな統合を活用します。選択したボードとプロジェクトで行われた変更は、プランに反映されます。また、逆にも機能します。新しい「レビュー変更」ダイアログでは、Jira Software にコミットする前に行われた変更の完全なビューが表示されます。

プランのスコープ管理を開始するには、「スコープ ビューの構成」、「スコープ ビューの使用」、「課題の作成と削除」の各ページをご参照ください。 

4

プランのステータスを監視する

課題の進捗状況はプラン内で直接追跡できます。プランが作成されると、個々の課題の進捗バーが表示されます。親課題には、すべての子課題の個々の進捗に対応する集約された進捗バーが表示されます。また、リリース ビューでリリースの進捗を確認できます。

詳細については「進捗やステータスの追跡」をご参照ください。

5

依存関係の管理

チームの作業を計画する際には、プランにある課題全体の依存関係を監視するのに役立ちます。

ライブ プランでは、課題の最初または最後に表示される水色のバーを使用して、プラン内の依存関係を表示できます。また、各課題のスコープ詳細ビューを使用して依存関係を追加できます。

べストプラクティス

考慮すべきベスト プラクティス改善されたインターフェイスを使用したプラン...ライブ プラン...
合理的な日付を設定する

競合している日付は、改善されたインターフェイスを使用したプランにフラグが付けられます。競合する日付ごとに警告アイコンが表示されて、その上にマウス ポインタを置いて警告の原因を確認できます。経験則として、互いに競合しない日付を設定してください。 

改善されたインターフェイスでは、既定で目標日を使用して課題をスケジュールします。必要に応じて他のカスタム日付を使用できます。他の日付を使用するには、まずプランに日付を追加する必要があります。詳細については「概要」と「スケジュール作成」をご参照ください。

競合した日付はライブ プランでフラグが付けられます。経験則として、互いに競合しない日付を設定してください。

ライブ プランでは、プランで使用できるさまざまな日付を選択できます。

関係者にプラン データを共有する

改善されたインターフェイスでは、関係者とロードマップの読み取り専用ビューを共有できます。また、以前に構成したビュー設定は共有している読み取り専用ビューで使用されます。

同様に、生成されたビューには、その時点でのみ該当する正確なデータが含まれます。また、改善されたインターフェイスを備えたプランには Jira Software から生成された動的データも含まれているため、昨日共有したビューは今日にはすでに古くなっている可能性があります。

ライブ プランでは、さまざまなレポートを使用して、プランに関するデータを関係者に共有できます。

共有する必要がある内容に応じて、生成されたレポートには、その時点でのみ該当する正確なデータが含まれることにご注意ください。ライブ プランには Jira Software から生成された動的データも含まれているため、昨日生成したレポートは今日にはすでに古くなっている可能性があります。

Jira に変更を保存する

Jira の変更を確認して保存するためのダイアログのレイアウトは異なる場合があります。しかし、ベスト プラクティスとして計画の変更を定期的に Jira に保存することをお勧めします。

プランはサンドボックスです。ここで加えた変更は、プランにのみ保存されます。これらの変更は Jira に保存するまで、Jira で作業中のチームには表示されません。

改善されたインターフェイスを使用したプランの詳細については、「Jira で変更を保存する」をご参照ください。ライブ プランの場合は、プラン名の横に表示される [コミットされていない変更] ボタンをクリックして、[変更を確認して Jira にコミット] に進みます。


最終更新日 2020 年 6 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.