プラン環境を準備する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. Advanced Roadmaps をインストールする
  2. プラン環境を準備する
  3. プランを作成する
  4. チームを管理する
  5. リリースを管理する
  6. プランで作業する
  7. プランをカスタマイズする
  8. プランを共有する

はじめる前に

このページのコンテンツは、ユーザーが所属している組織の構造に応じ、Advanced Roadmaps 管理者またはプラン所有者、および、プランに含めたい Jira Software プロジェクトのプロジェクト管理者を対象にしています。

この利用開始ガイドは、チームのセットアップに役立てるためにご用意しました。

このガイドでは、Advanced Roadmaps の機能を使用する際にユーザーや管理者が経験することがある典型的な内容を詳しく説明します。また、概念についての高度な内容や、推奨事項、プランを肉付けする際に検討に値するオプションの手順も紹介しています。

プラン環境を準備する

プラン環境をセットアップすると、チームの作業の効果的な計画に役立ちます。

便利な概念をいくつか紹介します。

課題ソースを使用する

プランは、チームが Jira Software で処理するすべての課題の集約的なビューを提供します。作業の計画に関係する最新の課題情報を取得するため、Jira Software の作業を、"課題ソース" と呼ばれるものに整理する必要があります。

  • ボード: ボードには 1 つまたは複数のプロジェクトの課題が表示され、作業中の課題を柔軟に表示、管理およびレポートできます。課題ソースには 2 種類のボードを使用できます。
    • スクラム ボード — スプリントで作業を計画するチームのためのものです。
    • カンバン ボード — 進行中の作業を管理したり強制したりすることに重点をおいて取り組むチームのためのものです。
  • プロジェクト: プロジェクトは課題の集合体であり、組織の要件に従って定義されます。たとえば、ソフトウェア開発プロジェクト、マーケティング キャンペーン、Web サイトの改善リクエストのシステムなどが挙げられます。
  • フィルター: ボードのフィルターは、ボード上に含める課題を指定する Jira 課題フィルター(JQL クエリ) です。たとえば、ボードには複数のプロジェクトの課題、または 1 件のプロジェクトの課題、またはプロジェクトの特定のコンポーネントの課題を含めることができます。

    ボードの管理者または "Advanced Roadmaps 管理者" グローバル権限を持つ人物だけがボードのフィルターを設定できます。

3 つの課題リソースのうち、スクラム ボードを使用することをおすすめします。これにより、プランから直接、ボードからのスプリントを管理し、将来のスプリントのキャパシティを計画し、課題をスプリントに割り当てることができます。

課題タイプと階層レベルの作成

デフォルトでは、新しく作成されたプランで利用可能な課題タイプは、プランに含まれる Jira Software プロジェクト用に定義された課題タイプとなります。時間の経過とともに、これらのプロジェクトに追加の課題タイプを作成し、それらの課題タイプをプランで使用できるようになります。

プランには、次のデフォルトの階層レベルがセットアップされています。

  • エピック: エピック課題タイプにマッピングします。
  • ストーリー: 他のすべての標準課題タイプにマッピングします。既定の Jira Software 課題タイプの場合、ストーリー、バグ、およびタスクがストーリー階層レベルにマッピングされます。
  • サブタスク: すべてのサブタスク課題タイプにマッピングします。基本的には既定の Jira Software 課題タイプのサブタスクです。

複数のプロジェクトやチームを横断して作業を計画する場合、エピック階層レベルよりも上位のレベルの作成が必要となる場合があります。業界で主に使用される一般的な例はイニシアチブ階層レベルです。

プランでイニシアチブ階層レベルを取得する方法

  1. Jira Software でイニシアチブ課題タイプがまだ作成されていない場合はそれを作成します。
    この手順を完了するには、Jira Software に管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインしている必要があります。Jira Software でイニシアチブ課題タイプを作成する

  2. イニシアチブ課題タイプがすでに作成されている場合は、プランに含めるプロジェクトの 1 つにイニシアチブ課題タイプを追加します。
    この手順を完了するには、Jira Software に管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインしている必要があります。Jira Software でイニシアチブ課題タイプを作成する

    (info)または、専用のプロジェクトを作成してから、そのプロジェクトで必要なすべてのイニシアチブを作成できます。その後、すべてのプロジェクトのエピックを、そのイニシアチブ専用プロジェクトのイニシアチブにリンクできます。

  3. Advanced Roadmaps の管理で、イニシアチブ階層レベルを追加します。必ず、この階層レベルにイニシアチブ課題タイプをマッピングします。

    イニシアチブ階層レベルを追加し、その階層レベルにイニシアチブ課題タイプをマッピングする


詳細については、「課題タイプの作成(Jira Server アプリケーションの管理) および「イニシアチブおよび他の階層レベルの構成」をご確認ください。

依存関係を定義する

Jira Software でセットアップされた課題リンクをプランで使用し、スケジュールの依存関係を定義するように構成できます。課題リンクを追加する際には、チームの仕組みに合わせて課題間の関係を定義するようにします。

課題の依存関係に加えた変更は、既存のすべてのプランに適用されます。

プランでの依存関係の定義方法については、「課題の依存関係を構成する」を確認してください。

日付フィールドをプランに移行する

改善されたインターフェイスをプランで有効化したあとに、スケジュールされている課題がタイムライン セクションにすぐに表示されない場合があります。これは、いくつかの要因が原因の可能性があります。

#1 課題が、Advanced Roadmaps のスケジューラーを使用して計算されている可能性があります

この場合、課題には引き続きスケジュールされた日付がありますが、ターゲット日はありません。ターゲット日は改善されたインターフェイスで既定で使用されているため、タイムライン セクションでは課題が日付を含まないように見えます。

ただし、スケジュールされた日付を改善されたインターフェイスにコピーすることもできます。これを行うには、次の手順を実行する必要があります。

  1. プランのインターフェイスを無効化します。プランの設定ページから、[プランニング インターフェイス] > [改善されたインターフェイスを無効にする。] をクリックします。
  2. 以前のプラン レイアウトの [範囲] セクションで、左上にある上端のチェックボックスを選択し、プラン内のすべての課題を選択します。
  3. "ターゲットの設定" から、[計算したターゲット日を設定する] を選択します。
  4. プランで改善されたインターフェイスを無効化します。プランの設定ページから、[プランニング インターフェイス] > [改善されたインターフェイスを有効にする。] をクリックします。

#2 課題が計算されていないか、改善されたインターフェイスが有効化される前にスケジュール設定された可能性があります

この場合、プランでの課題のスケジュール設定を開始するには、「作業のスケジュール」を参照してください。

#3 課題はスケジュールされている可能性があるが、"親のない課題" セクションで非表示になっています

この場合、このセクションを展開してスケジュールされた課題を表示する必要があります。

Advanced Roadmaps と Jira Software を横断して重要な詳細情報を表示する

一部の Jira Software 課題では、既定ではプランに課題の詳細が表示されません。同様に、Jira Software の課題であらかじめ表示されない、プランからの課題詳細もあります。すべての重要な課題詳細が両方で表示されるよう、以下を実行するようにします。

Jira Software 課題にチーム フィールドを表示する

[チーム] フィールドは、Jira Software ではカスタム フィールドです。このフィールドを Jira Software 課題で表示するには、最初に、対応する Jira Software プロジェクトで使用される画面にこのカスタム フィールドを追加する必要があります。
  1. Jira Software で、 または > [課題] の順にクリックします。
  2. [カスタム フィールド] を選択します。
  3. フィールドの一覧で [チーム] フィールドを探します
  4. [チーム] フィールドの > [画面] をクリックします。
  5. チーム フィールドを追加したい画面を選択します。
  6. [更新] をクリックします。
プラン内で課題にチームが割り当てられ、その変更を Jira Software に保存するたびに、対応する課題にチーム フィールドが表示されます。

Jira Software 課題に修正バージョンを表示する

Advanced Roadmaps のリリースは、Jira Software では修正対象バージョンとして処理されます。

課題で修正対象バージョン フィールドが非表示になっている場合、プランで設定したリリースは対応する課題に表示されません。

Jira Software で修正対象バージョンを表示する方法

  1. Jira Software で、 または  > [課題] の順にクリックします。
  2. [フィールド設定] をクリックします。
  3. 対象のフィールド設定を見つけ、[設定] リンクをクリックします。
  4. [修正対象バージョン] フィールドを見つけます。
  5. [操作] 列で、[表示] をクリックします。
プラン内で課題にリリースを設定し、その変更を Jira Software に保存するたびに、そのリリースが対応する課題の修正対象バージョンとして表示されます。


最終更新日: 2020 年 10 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.