プランをカスタマイズする

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. Advanced Roadmaps をインストールする
  2. プラン環境を準備する
  3. プランを作成する
  4. チームを管理する
  5. リリースを管理する
  6. プランで作業する
  7. プランをカスタマイズする
  8. プランを共有する

はじめる前に

このページのコンテンツは、ユーザーが所属している組織の構造に応じ、Advanced Roadmaps 管理者およびプラン所有者を対象にしています。

この利用開始ガイドは、チームのセットアップに役立てるためにご用意しました。

このガイドでは、Advanced Roadmaps の機能を使用する際にユーザーや管理者が経験することがある典型的な内容を詳しく説明します。また、概念についての高度な内容や、推奨事項、プランを肉付けする際に検討に値するオプションの手順も紹介しています。

プランをカスタマイズする

複数のプロジェクト全体で複数のチームの作業を計画するのは困難が伴う場合があります。そのため、集中して作業を行う必要があるものだけに集中できるように、プランのビューやレイアウトをカスタマイズすることをお勧めします。

使用しているプランの種類に応じて、次のセクションのいずれかに移動します。

改善されたインターフェイスを使用して、プランで課題を表示する

作業を計画する際には、複数のプロジェクトを横断する複数の課題を管理する可能性があります。複数の作業ストリーム全体を横断していると、作業を見失いやすくなります。プランのロードマップ ビューを使用すると、自身に関係するすべての作業を確認できます。新しいインターフェイスでは、このビューの異なる要素を使用して関連する情報にのみ焦点を当てられます。詳細については「 作業の表示 」をご参照ください。

表示する作業を絞り込むには、次の手順に従います。

課題の詳細を表示する

プランに表示する課題の詳細を選択できます。これらの詳細は次の場合があります。

  • Jira Software が使用する課題の詳細。担当者、課題のステータス、スプリント、リリース、依存関係などが含まれます。
  • プランに存在する任意のカスタム フィールド。ターゲット開始日、ターゲット終了日、チームなどが含まれます。
  • Jira Software で設定された任意のカスタム フィールド。1 行のテキスト フィールドや単一選択肢の選択フィールドなどが含まれます。カスタム フィールドをプランに追加する方法については、「カスタム フィールドの構成」をご参照ください。
課題のフィルタリング 複数のプロジェクト、リリース、チームなどの要素全体で作業を計画する際は、重要な点を見失いやすいものです。プランに表示される課題をフィルタリングすることで、プランの特定の範囲に集中できます。
ビュー設定をカスタマイズする プランのビュー設定をカスタマイズして、閲覧者がプラン内のデータを簡単に利用できるようにできます。ビュー設定をカスタマイズすることで、ユーザーと閲覧者に見やすい形でタイムラインに適切な情報を表示できます。

ライブ プランで課題を表示する

タイムライン
  • プラン内の課題に対して、階層レベル、プロジェクト、リリース、チーム、課題の詳細 (キー、要約)、ステータス、完了日、スケジュール範囲、テーマというフィルターを使用します。
  • タイムライン (グローバルまたはプロジェクト)、グループ化 (チーム、ユーザー、ラベル、またはコンポーネント)、色付け (単色またはテーマの色) などのスケジュール設定を構成します。
  • 空のリリース、スプリント、依存関係、課題キーなどの項目をタイムラインに表示するかどうかを設定します。

詳細については「スケジューリングとタイムライン」と「タイムラインの使用」をご参照ください。

範囲範囲テーブルに表示する詳細を選択できます。詳細については「スコープ ビューの構成」をご参照ください。

べストプラクティス

考慮すべきベスト プラクティス改善されたインターフェイスを使用したプラン...ライブ プラン...
関連するグループでの課題の表示課題を属性別にグループ化して色分けできるので、関連するパターンでこれらの課題をすばやく視覚化できます。詳細については「ビュー設定をカスタマイズする」をご参照ください。プランについて、スケジュール設定を構成するテーマ レポートを生成することによって、関連するグループで課題を表示できます。
戦略目標またはテーマを表すカスタム フィールドを設定するこれらのカスタム フィールドでプランに色を付けることで、特定のテーマに投資しているチームを簡単に特定できます。また、アクション成果物が異なるテーマで完成するタイミングを見分けられます。詳細については「ビュー設定をカスタマイズする」をご参照ください。残念ながら、これはライブ プランではサポートされていません。代替案としてプランのテーマ レポートを生成することを検討することで、プランの傾向やパターンを見分けられます。


最終更新日 2020 年 5 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.