リリースを管理する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. Advanced Roadmaps をインストールする
  2. プラン環境を準備する
  3. プランを作成する
  4. チームを管理する
  5. リリースを管理する
  6. プランで作業する
  7. プランをカスタマイズする
  8. プランを共有する

はじめる前に

このページのコンテンツは、ユーザーが所属している組織の構造に応じ、Advanced Roadmaps 管理者およびプラン所有者を対象にしています。

この利用開始ガイドは、チームのセットアップに役立てるためにご用意しました。

このガイドでは、Advanced Roadmaps の機能を使用する際にユーザーや管理者が経験することがある典型的な内容を詳しく説明します。また、概念についての高度な内容や、推奨事項、プランを肉付けする際に検討に値するオプションの手順も紹介しています。

リリースを管理する

Advanced Roadmaps は Jira の課題をプランに動的に読み込み、取り組むリリースを提案します。プランのデータは常に最新に保たれるため、ユーザーはリリースの進捗を確認し、これらのリリースが予定通りに完了するかどうかを判断できます。また、プロジェクト固有のリリースをプロジェクト横断型リリースにグループ化し、目標を大まかに確認できます。

リリースの機能へのアクセス方法は、改善されたインターフェイスライブ プランでは異なります (バージョン 2.0 から 2.27)


  • 改善されたインターフェイスを使用したプランでのリリースへのアクセス
    プランの右上のセクションにあるリリース ビューからリリースの機能にアクセスできます。
  • Accessing releases in live plans

ライブ プランまたは改善したインターフェイスのプランのどちらを使用しているかにかかわらず、次の基本的なリリース管理タスクを実行できます。

  • プロジェクト固有のリリースとプロジェクト横断リリースの作成
  • リリースの編集
  • プランからリリースを削除

プランでの内のリリースの管理を開始するには、「ライブ プランのリリース」または「改善されたインターフェイスを使用したプランのリリース」を参照してください。

Best practices when managing releases

リリース設定については、次のベスト プラクティスを念頭に置いておくことをおすすめします。これらは推奨事項に過ぎず、設定は組織でのチームの作業方法に合わせる必要があります。リリースをセットアップする際には常に、ベロシティキャパシティ基準を考慮するようにします。

チームのベロシティに基づいた作業のスケジュール方法を理解することは、最初の重要なステップです。これを整理したら、次のステップとしてリリースの計画方法と、プランでのスケジュール方法を判断します。プランのリリース設定は、タスクが順にスケジュールされる方法に影響し、ロードマップに沿っているかどうかが表示されます。

プランに含めるリリースの選択

When you're using the wizard to create a plan, you'll be prompted to select the releases to include in the plan. This is a step that you can choose to skip; however, we recommend that you take the time to choose the releases that are relevant to your work. This is because only the issues that are assigned to the selected releases will be included in your plan.

プランからリリースを削除

時間の経過とともに、プラン内に数百件の課題が蓄積し、プランのパフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。これが発生した場合、プランからのリリースの削除を検討することをおすすめします。削除するリリースは、ユーザーやチームの作業方法によって異なります。ただし出発点として、提供済みのリリースを削除することを検討できます。これらのリリースは提供済みのため、このリリースで課題を追跡する必要は、もうありません。

Using fixed release dates

課題を手動でスケジュールするか、自動スケジュールするかに応じて、以下の機能の違いに注意してください。

課題を手動でスケジュールする場合

  • リリースは、割り当てられた課題のいずれかがリリース日以降にスケジュールされている場合にのみ、赤に変わります。
  • これはリリースの作業が多すぎることを示すものではありません。単に、リリース日を過ぎてスケジュールされている作業があることを示しています。

課題を自動スケジュールする場合

  • これは「リリースにスケジュールされている作業が多すぎる」という概念とほぼ同じです。
  • リリースに割り当てられた作業がそのリリースを完了するために利用できるチームのキャパシティを超えている場合、リリース終了日以降に作業がスケジュールされます。これにより、実質的にリリースが赤に変わります。

動的リリース日の使用

In live plans:

リリースに動的なリリース日付を設定すると、そのリリースはスコープボックス化されます。その後、そのリリースのオーバーブックができなくなります。スケジューラーはそのリリースに割り当てられたスコープとリソースに基づいてスケジュールを計算し、それに応じてタイムラインを調整します。詳細については、「ライブ プランのリリース」を参照してください。

改善されたインターフェイスのプラン:

動的リリース日の概念は、現時点では改善されたインターフェイスを使用したプランには適用されません。現在、課題を完全に手動でスケジュールする場合、リリース日の値は取得できません。代わりに、課題は実際の終了日のない特定のリリースにグループ化されます。改善されたインターフェイスでの動的なリリース日のサポートする方法については、現在も検討中です。

現時点では、動的なリリース終了日を生成するには、プランで課題を自動スケジュールする必要があります。自動スケジュール設定によっては、この日付が生成される場合があります。

プロジェクト横断型リリースを使用する

一般に共有されているリリースに割り当てられた課題に対して、複数のチームが作業することに不安がある場合は、プロジェクト横断型リリースの使用を検討できます。

By doing so, your plan will include individual releases for each project assigned to the individual teams, and the cross-project releases will keep these individual releases in sync. This helps you monitor the multiple releases more efficiently, and ultimately reduces administration tasks.


最終更新日: 2021 年 2 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.