スコープ ビューの構成

このページでは、Advanced Roadmaps のライブ プランの使い方について説明します。デザインが変更されたプラン インターフェイスを使用している場合は、こちらのページをご覧ください。

Advanced Roadmaps のスコープは、作業の今後のリリースについてのグローバルな to-do リストです。

スコープは既定で 3 つの階層レベルで構成されます。

  • Epics - Once higher-level priorities are settled, it's necessary to break them down into large pieces of work, which consist of multiple stories.
  • Stories - These are the user stories capture functionality requirements.
  • Sub-task - These are the work components that make up stories.

これらは既定の階層レベルですが、Advanced Roadmaps では階層レベルを無制限に作成およびカスタマイズできます。

Viewing issues in the scope table

  1. プランで、[スコープ] タブをクリックしてスコープ テーブルを表示します。
  2. 階層メニューで、スコープ テーブルに表示したい課題の階層レベルをクリックします。
  3. スコープ テーブルで課題をクリックし、右側に表示されるパネルで課題についての詳細を確認します。
    課題をクリックすると、その課題はタイムライン内でもハイライト表示されます。 

スコープ テーブルは次の課題の詳細を表示します。


課題の詳細説明
1#スコープ テーブルでの課題の位置またはランキング
2タイトル課題のタイトル
3リリース課題が現在割り当てられているリリース
4見積もり課題の時間見積り
5初期見積Original time estimate of the issue, if any
6Progress課題の現在の進捗
7チーム課題が現在割り当てられているチーム
8membersMembers of the team to which the issue is currently assigned
9Sprint課題が現在割り当てられているスプリント
10一番早い開始日

課題の作業が開始する最も早い日付

最も早い開始日の仕組みを確認

最も早い開始日は、定義した日付よりも前に課題がスケジュールされないようにする設定です。これは、課題の優先順位がバックログ内の他の課題よりも高い場合や、その課題に対応できる空きリソースがある場合にも適用されます。

  1. 親課題で設定された最も早い開始日: 親課題で最も早い開始日を設定することで、すべての子課題にも同じ最も早い開始日が指定されます (上記の例では 2017 年 9 月 11 日)。実際には、子課題は数日後にスケジュールされる可能性があり、チームがスプリントで作業している場合は次のスプリントの開始と一致する場合があります。
  2. 子課題で設定された最も早い開始日 (親課題にも最も早い開始日が設定されている): この例では、子課題に定義された日付は、親課題の日付をオーバーライドします。上記の例では、MEX-13 (親エピック) に開始日として 2017 年 9 月 11 日が設定されている場合も、MEX-4 (子課題) の最も早い開始日は引き続き 2017 年 9 月 25 日になります。
  3. 子課題で設定された最も早い開始日 (別の子課題には最も早い開始日が設定されていない): この例では、MEX-14 (親エピック) に最も早い開始日は設定されていません。ただし、子課題である MEX-3 および MEX-8 には最も早い開始日が個々に設定され、別の子課題 MEX-2 には最も早い開始日はありません。個々の日付は、対応する子課題にのみ適用されます。
11Target start date

課題の作業を開始するターゲット日付 (スケジュール計算への影響なし)

12Scheduled start date

課題の作業開始としてスケジュールされた日付 (プランで提供された日付に基づく)


13ターゲット終了日

課題の作業を終了するターゲット日付 (スケジュール計算への影響なし)


14スケジュールされた終了日

課題の作業終了としてスケジュールされた日付 (プランで提供された日付に基づく)


15イニシアチブ

課題が属するイニシアチブ (存在する場合)。

If you're using the default hierarchy configuration in Advanced Roadmaps, initiatives would only display if you're viewing issues at the epic level.

16エピック

課題が属するエピック(存在する場合)。

If you're using the default hierarchy configuration in  Advanced Roadmaps, epics would only display if you're viewing issues at the story level.

17ラベル

課題に割り当てられたラベル(存在する場合)。

ラベルは作業を分類するために課題に追加できる情報で、多くの場合、キーワードまたはタグです。

18コンポーネント

課題に割り当てられているコンポーネント (存在する場合)。

コンポーネントは通常、プロジェクトのサブセクションです。プロジェクトの課題を小さく分けるために使用されます。

19テーマ課題に割り当てられているテーマ (存在する場合)。
20課題のステータス

課題のワークフローでの現在のステータス。

既定では、課題が "完了" カテゴリのいずれかのステータスに割り当てられると、その課題は "完了" と見なされます。

21Progress課題の現在の進捗
22ソースThe board, project, or filter from which the issue is pulled from

Configuring the details in the scope table

スコープ テーブルに表示する課題詳細を選択できます。プラン内の課題について、特定の詳細情報を素早く確認したい場合に便利です。

  1. スコープ テーブルで、 をクリックします。
  2. スコープ ビューに表示したい課題の詳細をクリックします。

トラブルシューティング

課題が表示されないのはなぜですか?

課題がプランに表示されるよう、次の手順のいずれかを試してください。

  1. 対象の課題タイプで修正バージョン フィールドが非表示になっていないことを確認します。
  2. Check if there are any view filters configured for your plan that exclude the issues not appearing.
  3. 表示されていない課題に、解決状況の値 (未解決など) が指定されていない可能性があります。
  4. 課題がすでに完了している可能性があります。
  5. プランから除外されたリリース内に課題が存在する可能性があります。
  6. プランの作成時に課題は手動で除外されました。たとえば、プランの作成時にエピックを除外すると、そのプランの子ストーリーも除外されます。
プランに特定の課題タイプが表示されません。

現在、特定の課題ソース用に作成およびコミットされた課題で問題が発生することが確認されています。課題ソースがフィルターまたはボードで、そのソースで使用されているクエリに特定のフィールド値が必要な場合、そのフィールド値が課題の作成時に適用されません。

We're working on a solution for this, but for now, we recommend you use an agile board for your filter, and then initially create your issues on that board. In most cases, the required filter values will be automatically added to the issue.

I don't see closed issues in my plan

これは、アクティブなスプリントがない場合に発生することがあります。修正するには、"完了日" フィルターを、"現在のスプリント" 以外に変更します。

For example, in your plan, go to More > Completion date.

最終更新日: 2020 年 10 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.