Jira Core を法務プロジェクトで利用する

すべての企業には、法的な義務と要件があり、その多くがドキュメントやポリシーに関連しています。例えば、雇用ポリシー、ライセンス発行、製品およびサービス条件、コンプライアンス、およびその他すべての要件に関する管理情報があるのは企業では一般的なことです。

Jira Core has a document approval project template for managing critical information and ensuring that content development and updates are completed. The project workflow looks like this:

無料トライアルにサインアップ

ドキュメント承認プロジェクトでは、以下のことが可能です。

  • 各ドキュメントが更新およびレビュー プロセスのどの位置にあるかを追跡する
  • 各レビュー済みバージョンを課題に添付し、最新のドキュメントの変更を追跡する
  • ドキュメントで作業しているユーザーを簡単に確認し、レビュー サイクルを進める

各項目をドキュメントとして処理する

ボードに表示される各項目を、ドキュメントとして処理できます。この方法で、作業の各部分のステータスを常に把握できます。

期日を設定する

各ドキュメントに期日を設定し、あとどれくらいの時間があり、作業がどれくらい期限から遅れているかを見ることができます。

コンポーネントを使用してドキュメント グループを特定する

Jira Core comes with components. Components are like sections of a project.

You can use components to identify groups of issues (or documents) so they can be managed together. For example, you could create components for "Employee forms", "Company policies", "Customer policies", and anything else you need. You can even assign specific people or groups to be responsible for certain components.

一般的なカスタマイズ

  • Add other issue types to manage the document creation process. For example, use tasks and subtasks to track scoping or research activities, or manage publication processes.
  • Use custom fields to record additional information about a document, such as document location, future revision date, archive schedule, etc.
  • Change the workflow of the Document issue type to suit the way your company updates documents.
最終更新日: 2019 年 12 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.