課題ワークフローの編集

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira 管理者は、ワークフロー トリガー、条件、バリデーター、事後操作を設定できます。このページでは、ワークフローの各部分の概要と基本的な手順を説明します。そのあと、高度なワークフロー設定 ページに進むことができます。

トリガーの設定方法

トリガーはさまざまな既定のイベントやカスタム イベントに応答します。たとえば、ソフトウェア プロジェクトをBitbucket リポジトリにリンクしている場合、新しいブランチが作成されると、課題をオープンから進行中にトランジションさせるトリガーを設定できます。 

下の例では、Jira Software Cloud は Bitbucket Server と Crucible に統合されています。

トランジション トリガー

開始
作業前進行中

ブランチの作成(Bitbucket Server)
コミットの作成 (Bitbucket Server)

レビュー開始
進行中レビュー中)

プルリクエストの作成 (Bitbucket Server)
プルリクエストの再オープン (Bitbucket Server)
レビューの開始(Crucible)

再開
レビュー中進行中

プルリクエストの拒否 (Bitbucket Server)
レビューの却下(Crucible)
レビューの放棄(Crucible)

完了
レビュー中完了

プル リクエストのマージ (Bitbucket Server)
レビューのクローズ(Crucible)

トランジションにトリガーを追加する方法

  1. Select the Jira icon (, or ) > Jira settings > Issues.

  2. [ワークフロー] をクリックします
  3. 変更するワークフロー トランジションを選択し、編集 をクリックします。
  4. ワークフロー エディターで、トランジションを選択します。

  5. プロパティパネルでトリガーをクリックして、対象のトランジション用に設定されているトリガーを表示します。 
  6. トリガーの追加 をクリックし、使用するトリガー タイプを選択して、次へ をクリックします。
  7. 追加をクリックします。

条件の設定方法

条件を使用すれば、特定のワークフロー トランジションの実行が可能なユーザーを定義できます。また、そのユーザーがトリガー可能なトランジションを実行するかどうかを制御できます。以下のような、ユーザーに対するルールを定義するために条件を使用します。

  • 報告者にのみトランジションの実行を許可する。
  • 特定の権限を持つユーザーにのみトランジションの実行を許可する。
  • コードがこの課題に対してコミットされた場合、またはコミットされなかった場合にのみ実行を許可する。

条件が満たされない場合、「課題の表示」ページのトランジション ボタンが表示されず、トランジションを実行できません。

トランジションに条件を追加する方法

  1. Select the Jira icon (, or ) > Jira settings > Issues.

  2. ワークフロー をクリックします。
  3. 変更するワークフロー トランジションを選択し、編集 をクリックします。
  4. ワークフロー エディターで、トランジションを選択します。

  5. プロパティパネルで条件をクリックします。
  6. 条件をグループ化し、入れ子にすることによって、複雑な条件を作成できます。条件ごとに グループ化された条件の追加 をクリックすることによって、どのような条件でもグループ化できます。これで、 新しいグループにさらに条件を追加できます。

バリデーターの設定方法

バリデーターは、トランジションへの入力が有効であることを、トランジションの実行前に確認します。入力には、トランジション画面でユーザーから収集した入力が含まれます。バリデーターが失敗した場合、課題はトランジションのターゲット ステータスに進まず、また、トランジションの事後操作は実行されません。 

トランジションにバリデーターを追加する方法

  1. Select the Jira icon (, or ) > Jira settings > Issues.

  2. ワークフロー をクリックします。

  3. 変更するワークフロー トランジションを選択し、編集 をクリックします。

  4. プロパティ パネルで バリデーター をクリックし、バリデーターの追加 を選択します。
  5. バリデーター タイプを選択し、追加 をクリックします。

事後操作の設定方法

事後操作では、トランジション実行後に必要となる、以下のような追加の処理を実行します。

  • 課題フィールドの更新
  • 課題の変更履歴生成
  • 課題へのコメント追加
  • メール通知をトリガーするイベントの生成

トランジションに事後操作を追加する方法

  1. Select the Jira icon (, or ) > Jira settings > Issues.

  2. ワークフロー をクリックします。

  3. 変更するワークフロー トランジションを選択し、編集 をクリックします。

  4. プロパティ パネルで [事後操作] をクリックします。

  5. 事後操作を選択し、追加 をクリックします。

グローバル トランジションの作成方法

グローバル トランジション により、ワークフローの任意のステータスを特定のステータスにトランジションできます。

グローバル トランジションを追加するには、

  • (既存のステータスを追加して)新しいステータスを作成する際に、 グローバル トランジションをステータスに追加する オプションをチェックします。
  • ステータスを選択し、ステータスのプロパティ パネルで すべてのステータスがこのステータスにトランジションすることを許可する をチェックします。

同じ宛先を示す 2 つのグローバル トランジションを作成する方法

同じターゲット ステップをポイントする 2 つのグローバル トランジションを作成するには、

  1. ワークフロー エディターに移動して、ステップを選択し、すべてのステータスがこのステータスにトランジションすることを許可する  にチェックを入れて、最初のグローバル トランジションを作成します。
  2. 現在そのステップをポイントするグローバル トランジションを持たない 他の ステップで、2 番目のグローバル トランジションを作成します。
  3. 次に、作成した 2 番目のグローバル トランジションをテキスト エディターから選択します。
  4. 編集 ボタンをクリックし、ターゲット ステップ を最初のグローバル トランジションで選択したのと同じステップに変更し、更新 をクリックします。
最終更新日 2017 年 9 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.