Jira Core を運用プロジェクトで利用する

オペレーション チームは、オフィスの移動からサイトの監査まで、あらゆるる種類のプロジェクトを行います。

Jira Core プロジェクト管理テンプレートは、短期的な配信ベースのプロジェクトの管理に対する理想的なベース プロジェクトです。

プロジェクト管理ワークフローとは:

テンプレートについて

  • あらゆる規模、あらゆる期間、およびあらゆる成果物のプロジェクトに最適。
  • マイルストーンの追跡に使用でき、アクティビティの期限を設定できる。
  • 簡単にカスタマイズしてレビューやブロックなどの追加手順を含めることができる。

すべてを把握する

ボード上のすべてのタスクのステータスを表示できます (誰がそれぞれ何の作業をしているか、期限が切れていないかなどなど)。

バージョンを使用してマイルストーンを追加する

プロジェクトには通常、幅広いプロジェクトを順調に進めるよう、到達する必要がある「チェックポイント」またはマイルストーンがあります。Jira Core では、バージョンをマイルストーンとして使用することができます。バージョンをセットアップしたら、作業を異なるバージョンで整理することができます。 

バージョンで作業を整理するを参照

管理部門に報告する

プロジェクトは通常、1 つの主要な成果や目標を持つ、定義可能で測定可能な、特定のアクティビティで成り立ちます。これにより、すべてを時間通りに進めるためには、プロジェクトのレポートがさらに重要となります。Jira Core にはビルトイン レポートが含まれますが、ダッシュボードや、検索に基づいたカスタム フィルターを使用してアクティビティを監視することができます。

カスタマイズ


Jira Core は高度なカスタマイズが可能です。一般的なカスタマイズの例を次に示します。
  • ワークフローに手順を追加を追加して (承認など)、プロジェクトの進め方に合わせる。
  • 特定の情報を取得できるよう、タスクのレイアウトを変更する。
  • ラベルを使用してプロジェクトの段階やワークストリームと関連した課題グループを追跡する。


最終更新日 2018 年 6 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.