Jira Core を経理プロジェクトで利用する

財務チームは、多くの責任を担います。彼らは会社の財政の全体を管理、請求書と支払いを調整し、帳簿をきちんとつけます。 

Jira Core の便利な特徴を使い、内部購入を追跡ですることができます。要求に他の部門が関与している場合、Jira Core はすべてを一元化して管理するために役立ちます。 

購入プロジェクトのワークフローは以下のようになります。

tip/resting Created with Sketch.

ワークフローの更新については、「必要なワークフローを構築する方法」を参照してください。


すべての装置の追跡

各購入申請に対して、または購入する各項目/サービスに対して (金額が大きい場合) 課題を作成します。ボードでは、購入プロセスのどの段階であるかが常に明確に表示され、次の段階が何であるかを確認できます。

購入書類の管理

見積もり、図面、写真、およびその他の関連資料を各課題に添付します。 

tip/resting Created with Sketch.

新しい課題ビューでファイルの添付、サブタスクの作成、課題のリンク、および Marketplace アプリからのコンテンツの追加を実行するには、課題の要約の下にあるクイック追加ボタンを使用します。

  1. クイック追加ボタン: 添付ファイル、サブタスク、リンクされた課題、および Atlassian Marketplace アプリのコンテンツを追加します。

購入トラッキング

購入のトラッキングに関するその他の提案

  • 各課題でラベルを使用し、資産として追跡される大規模なアイテムの場所を追跡します。ラベルは、後で課題をフィルターするのに役立ちます。
  • サービ契約を確認し、アップグレードを申請する期日を設定します。 
  • コンポーネントを使用して部門別に追跡し、主要な要求がどこから来ているかを確認できます。
最終更新日 2018 年 6 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.