コンポーネントにより作業を体系化する

コンポーネントとはプロジェクトのサブセクションです。プロジェクトの課題をさらに小さく分け、管理しやすくするために使用します。コンポーネントには既定の担当者を設定し、コンポーネント内の課題についてはプロジェクトの既定の担当者を優先させることができます。

プロジェクト管理者と Jira 管理者のみがコンポーネントを管理できます。

コンポーネントページには、次のように、コンポーネントのリストと各コンポーネントの詳細が表示されます。

  • 名前
  • 説明
  • リード
  • 既定の担当者
  • 関連する問題

プロジェクト設定の [コンポーネント] ページから、コンポーネントを追加、編集、または削除できます。プロジェクトのサイドバーから [プロジェクト設定] > [コンポーネント] を選択します。

新しいコンポーネントを追加する

新しいコンポーネントを追加するには:

  1. [コンポーネントの作成] を選択します。
  2. コンポーネントに意味のある名前を付けます。
  3. コンポーネントに説明を追加するとよいでしょう。コンポーネントの説明は、ユーザーがコンポーネント ラべルをポイントするとツールヒントとして表示されます。
  4. オプションとして、コンポーネント リードを設定します。通常は、コンポーネントと関連付けられた作業の監督を担当するチーム リードです。
  5. オプションとして、コンポーネントで作成した課題に既定の担当者を割り当てます。
  6. 保存 を選択します。

コンポーネントをプロジェクトに追加すると、プロジェクトの課題に新しい コンポーネント フィールドが表示されます。

既定の担当者を選択する

コンポーネントの既定の担当者は、プロジェクトの全体的な既定の担当者を上書きします。誰かが複数のコンポーネントの課題を作成し、これらのコンポーネントの既定の担当者が別の人物の場合、Jira はアルファベット順で最初のコンポーネントの既定の担当者に課題を割り当てます。

名前を検索して、個人を指名できます。

プロジェクトのチームが頻繁に変更される場合、既定の担当者を特定のロールに設定できます。これにより、誰かがプロジェクトを離れた場合に、コンポーネントの既定の担当者を将来も使用することができます。利用可能なオプションは次のとおりです:

  • プロジェクト デフォルト - 誰かがこのコンポーネントを使用して課題を作成した場合、その課題をプロジェクトのデフォルト担当者と同じ人物に割り当てます。プロジェクトの既定の担当者の詳細については、こちらをご覧ください。

  • プロジェクト リード - 誰かがこのコンポーネントを使用して課題を作成した場合、課題をプロジェクト リードに割り当てます。プロジェクト リードについて詳細を読む。

  • コンポーネント リード - 誰かがこのコンポーネントを使用して課題を作成した場合、その課題をコンポーネントのリードに割り当てます。
  • 未割当: サイトが未割当の課題を許可し、誰かがこのコンポーネントを使用して課題を作成すると、その課題は未割当のままとなります。

コンポーネントの編集または削除

  1. 表のコンポーネントのエントリーで、[操作] (•••) を選択します。
  2. 編集または削除を選択します。
最終更新日: 2019 年 2 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.