アトラシアンのエンタープライズ リリース

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

2018 年 1 月、アトラシアンはエンタープライズ リリースの提供を開始しました。これは特定のフィーチャー リリースであり、 バックポートされたセキュリティ更新プログラムや重要なバグ修正が、標準の 2 年のサポート期間にわたって継続的に提供されます。これにより、頻繁に発表されるリリースに都度対応することなく、アトラシアンの継続的な製品開発機能の価値を最大限に活用することができます。

アトラシアンのエンタープライズ リリースは、アップグレードに特に慎重な計画や多大な労力が必要な、大規模で複雑なインスタンス向けに設計されています。このようなインスタンスでは、アップグレードの数が少なく、間隔が空く傾向にあるため、それぞれのアップグレードが非常に重要になります。そのため、年に 1 回のフィーチャー リリース アップグレードのみ管理するような場合は最新のエンタープライズ リリースにアップグレードすることをおすすめします。

最新のエンタープライズ リリース

過去のエンタープライズ リリース

よくある質問

エンタープライズ リリースに関するよくある質問と、それらへの回答をまとめました。

この異なるリリース タイプはどのようなもので、違いは何でしょうか。

すべての Atlassian 製品には、プラットフォームフィーチャー、およびバグ修正の 3 つのリリース タイプがあります。詳細についてはリリースに関する用語集をご参照ください。リリース タイプは、バージョン番号で簡単に区別することができます。

順は次のとおりです。


利用可能な最新バージョンが Confluence 6.8.0 であるとします。6.7 と 6.8 バージョンすべてに影響するバグが発見されたとします。修正は、次のバグ修正リリース (この場合は 6.8.1) で利用できるようになります。たとえば、6.7.3 を実行しているお客様は、6.8.1 にアップグレードする必要があります (バグ修正はバックポートされないため)。


アトラシアンでは、エンジニアリング作業のほとんどを、最新のフィーチャー リリースでの改善に注力しています。このため、可能な限り、最新のフィーチャー リリースへのアップグレードをおすすめしています。

エンタープライズ リリースと他のリリース タイプとの違いは何ですか?

エンタープライズ リリースは、フィーチャー リリースの特別なタイプと呼ぶことができます。いずれも、バグ修正リリースの形で更新プログラムが適用され、初回リリースから 2 年間サポートされます。主な違いは、エンタープライズ リリースは、2 年間のサポート期間を通じてバグ修正リリースが適用されることです。 

Atlassian 製品では、1 年間に複数のフィーチャー リリースがあります。Atlassian は最新のフィーチャー リリースの更新に焦点を当てているため、古いフィーチャー リリースにはバグ修正リリースが適用されません。 

ただし、全員がこのようにアップグレードできるわけではありません。大きく、より複雑なビジネスに属している場合、アップグレードに慎重な計画と多大な労力を必要とするインスタンスがある可能性があります。多くの場合、計画を立ててからアップグレードを実施するまでの間に、新しいフィーチャー リリースが提供されます。Atlassian では古いフィーチャー リリースにはバグ修正リリースを適用しないため、このことが過去に問題となっていました。

エンタープライズ リリースでは、新しいフィーチャー リリースが既に公開されているかどうかに関わらず、重大なバグやセキュリティの課題の修正が保証されます。このことによって、前述の問題を解決できます。これにより、2 年間のサポート期間中、1 つのエンタープライズ リリースを保持し、次のエンタープライズ リリースの公開のみを待つことができます。

エンタープライズ リリースは Server と Data Center の両方に適用されますか。

はい。エンタープライズ リリースは Server と Data Center の両方で利用可能です。

エンタープライズ リリースと最新のフィーチャー リリースのどちらをインストールするべきでしょうか。

アップグレードを行うまでに特定のリリースを利用する期間によって異なります。

最新のフィーチャー リリースには常に、最新の機能とバグ修正が含まれます。製品の価値を最大限に活用するため、常に最新のフィーチャー リリースにアップグレードすることをおすすめしています。 

アトラシアン製品は、年に数回のフィーチャー リリースがあります。たとえば、Jira Software は 6 週間ごとに新しいフィーチャー リリースを公開します。これによって改善や修正を段階的に提供していますが、同時に、最新の機能や更新プログラム (重大なバグやセキュリティの課題の修正を含む) を利用できるようにするためには、利用者側でこのリリース間隔に対応できる必要があります。 

新しいフィーチャー リリースへのアップグレードを年に 1 回程度しか行わない場合、最新のエンタープライズ リリースを使用することをお勧めします。各エンタープライズ リリースでは引き続き、2 年間のサポート期間を通じて、重要なバグおよびセキュリティの課題に対する修正が適用されます。


この例では、バージョン 4.2 がエンタープライズ リリースとして指定されています。以下の図に示すバグ修正リリースの番号とタイミングは一例です。リリース頻度は各製品で異なる場合があります。

重要なバグ修正やセキュリティ更新プログラムは、どのようにしてエンタープライズ リリースに提供されますか。

各エンタープライズ リリースは、あらゆるフィーチャー リリースと同じように、バグ修正リリースなどで更新されます。 

Confluence 6.8.0 が最新バージョンであるとします。すべての 6.5、6.6、6.7 バージョンと最新の 6.8 バージョンに影響する、安定性に関する重大なバグを発見したとします。修正は、次のバグ修正リリース (6.8.1) で利用できるようになり、エンタープライズ リリース (6.6.5) にもバックポートされます。修正を適用するには、6.6.5 または 6.8.1 にアップグレードする必要があります。

6.6 エンタープライズ リリースを実行している場合、次のバグ修正バージョンへのシンプルなアップグレードを行います。6.5 または 6.7 を実行中の場合、より大規模なアップグレードとなります。

最終的には、2 年間のサポート期間を通じて、エンタープライズ リリースでは通常のフィーチャー リリースより多くのバグ修正リリースを適用できることになります。

エンタープライズ リリースに指定されるフィーチャー リリースを事前に確認することはできますか。

はい。フィーチャー リリースを発表した時点で、後日エンタープライズ リリースに指定する予定がある場合はお知らせします (特にバグ修正リリースが予定されている場合)。これにより、アップグレード計画の作成に事前に取り掛かることができます。

各製品について、毎年 1 つのフィーチャー リリースがエンタープライズ リリースとして指定されます。

フィーチャー リリースがエンタープライズ リリースとして宣言されたら、どのバージョン (バグ修正リリースなど) にアップグレードすればよいでしょうか。 

エンタープライズ リリースの指定はフィーチャー リリース全体に適用されます。そのため、エンタープライズ リリースへのアップグレードを計画している場合は必ず、利用可能な最新のバグ修正リリースにアップグレードしてください。 

Confluence 6.6 はエンタープライズ リリースです。6.6 にアップグレードする際には、最新の修正が含まれている最新のバグ修正リリース (例: 6.6.4) を選択してください。 

エンタープライズ リリースにはどのような更新が適用されますか。

エンタープライズ リリースは、以降のフィーチャー リリースから重大な修正をバックポートします。これには、セキュリティ修正 (「セキュリティバグ修正ポリシー」を参照) と、安定性、データの整合性、およびパフォーマンスに対応する重大なバグ修正 (「アトラシアン バグ修正ポリシー」を参照) が含まれます。

各エンタープライズ リリースのサポート期間はどのくらいですか。

エンタープライズ リリースは、フィーチャー リリースと同様、リリース後 2 年間サポートされます。詳細は、Atlassian サポート終了ポリシーをご覧ください。 

エンタープライズ リリースの詳細はどこで確認できますか。 

最終更新日 2019 年 3 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.