スペースの作成

Confluence で作成できるスペースの数は無制限です。それぞれのチームやプロジェクトのスペースをセットアップしてから、必要に応じて追加で作成できます。

Confluence の各スペース:

  • 概要、ページ、およびブログがある
  • 独自のロゴを使用できる
  • スペースの管理者によって設定される権限の独自のセットを持っています。


例:

  • たとえば、ITチームは、すべてのロードマップ、サブチームの詳細、チーム内のすべての人と役割のリストを含む、1つの最も重要なスペースを作成できます。
  • 次に、品質保証、開発者、ドキュメントなどの各サブチームのために、ガイドライン、長期計画、およびナレッジ項目を含む新しいスペースを作成することができます。 
  • これらのチームが取り組んでいる各プロジェクトは、独自のスペースを持つことができ、ラベルを使用してチームスペースにリンクすることができます。

パーソナルスペースを作成する

あなたの個人的なスペースはいつもあなたが所有しています。自分の仕事を保存したり、仕事を追跡したり、自分が行っていることをブログで伝えたり、あるいは、サイトスペースに移動する前に精査したりすることに使用できます。

パーソナル スペースを作成するには、次の手順を実行します (パーソナル スペース グローバル権限が必要です)。

  1. 画面の右上にあるプロファイル画像を選択し、パーソナル スペースの追加... を選択します。

  2. 作成 を押します

スペースの名前だけでなく、権限も変更できます。権限は、ユーザーがコンテンツにアクセスできるかどうかを決定します。したがって、スペースをプライベートにしたければ、そうすることもできます。

パーソナル スペースの設定を変更するには、次の手順を実行します。

  1. サイドバーの下部にあるプロファイル画像を選択し、[パーソナル スペース] を選択します。
  2. [スペース設定] を選択します。
  3. [概要] タブでパーソナル スペースの詳細 (名前など) を編集します。
  4. [権限] タブを選択し、スペースの権限を編集します。

パーソナルスペースを作成する

ユーザーのプロファイル写真がパーソナル スペースのロゴとして表示されます。プロファイル写真の表示設定方法については、「プロファイルおよび公開設定を更新する」をご参照ください。

パーソナル スペース名はプロファイル公開設定の影響を受けませんが、[スペース設定] で更新できます。プロファイルの公開範囲とパーソナル スペース」について、詳細をご確認ください。


チームまたはプロジェクト スペースの作成

メンバーが協力して関連ファイルを保存できる場所を持つことができるチームまたはプロジェクトのためのサイトスペースを作成できます。ブランク スペースとして作成するか、スペース ブループリントと呼ばれるテンプレートを使用して、チームスペース、ナレッジベース スペース、またはドキュメンテーション スペースを作成することができます。

  1. Confluence サイドバーで、 スペース をクリックして、スペースの作成 をクリックします。
  2. スペースのタイプを選択する
  3. 必要な詳細を入力し、スペースを作成する

(warning) 後で変更することはできないので、スペースキーを慎重に選択してください。

作成した各スペースには概要が自動的に作成され、このスペースを表示する人に関連のある情報を表示するようにカスタマイズできます。スペースを作成するときにスペース ブループリントを使用すると、概要がカスタマイズされます。

(info) チームまたはプロジェクト スペースを作成するには、「スペースの作成」のグローバル権限が必要です。


サイトスペースの作成


スペース名を変更するには:

あなたのスペース名は編集可能です。あなたが気が変わったら、名前を変更することができます。

  1. サイドバーでスペース名をクリックして歯車アイコン () を選択します。

     [概要] を開きます。
  2. スペースの詳細の編集 をクリックして、新しい名前を入力します。


スペース権限

各スペースは、既定の権限をセットにして作成されます。サイト スペースを作成したユーザーには、自動的に「スペース管理者」権限が付与され、他のユーザーとグループに権限を付与できるようになります。詳細については、スペースの権限概要 を参照してください。

(info)  注意: 管理者は、 Confluence サイト内のスペースの権限をいつでも編集することができます。

関連するスペースのリンク

ラベルを使用して関連スペースをリンクすることができます。これにより、各ラベルのスペースディレクトリにカテゴリが作成され、そのラベルを含むすべてのスペースがグループ化されます。 

  • スペースの説明を追加すると、訪問者が各カテゴリー内の適切なスペースを簡単に見つけることができます。 

  • 関連するスペース間の移動を支援するために、ページ上でスペースリストマクロを使用し、カテゴリ別にフィルタリングすることができます。これにより、特定のカテゴリーの他のすべてのスペースのリストをスペースに挿入することができます。たとえば、これを使用して、チームが作業しているすべてのプロジェクトスペースのリストをチームスペースに保持することができます。 
  • スペース全体ではなく関連するコンテンツの特定のページにのみリンクする場合は、コンテンツレポートテーブルマクロを使用できます。たとえば、職場ディレクトリとして機能するスペースでこれを使用して、組織の全員の役割と連絡先の詳細を含むすべてのチームページのリストを作成できます。 


tip/resting Created with Sketch.
  • 変更が必要なとき、あるいはスペースが大きくなりすぎたりするとき、あるスペースから別のスペースへのコンテンツのコピーや移動は容易です。 
  • プロジェクトが完了したときなど、スペースが不要になったらアーカイブすることができます。これにより目立たなくなりますが、コンテンツをサイトに保持しておき、後でそのコンテンツを後で参照できるようにします。
最終更新日 2019 年 7 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.