管理対象アカウントの削除

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

アカウントの削除は永続的な操作です。アカウントを再び利用する可能性がある場合、削除ではなく無効化を行うことをおすすめします。

管理対象ではないアカウント (組織が管理していないアカウント) を削除したい場合、「Atlassian アカウントの削除」をご参照ください。

アカウントは 14 日間の猶予期間のあとに完全に削除されます。猶予期間の間、アカウントは一時的に無効化されます。猶予期間の間は削除を取り消すことができます。

アカウント削除の詳細情報

使用実績のあるユーザー アカウントの場合、複数の組織に所属していたり、複数のサイトおよび製品へのアクセス権を持っていたりする可能性があります。この場合、そのアカウントの個人データは複数の場所に保存されます。このセクションでは、個人データの削除元、削除対象の個人データ、および削除されない個人データについての詳細を説明します。同様の情報が、アカウントを削除するときにも表示されます。

ユーザーの個人データは Atlassian アカウント サービスから 30 日以内に削除されます。ただし、業務上の合法的な理由や法的な背景で必要とされる場合、例外的な対応が行われます。このような例には次のようなものがあります。

  • アトラシアンが財務報告を作成するために必要な、購入に関連する情報。

  • 関連機関への提供が必要となる、アカウント削除自体の記録。

  • 法に従って保存する義務がある、進行中の訴訟に関連するデータ

各ユーザーは自国の法律に従って関連機関に申し立てを行う権利を持ちます。


個人データの削除元

個人データはすべての Atlassian アカウント サービスから削除されます。Atlassian アカウント サービスには次のものが含まれます。

  • Jira Cloud

  • Confluence Cloud

  • Bitbucket Cloud

  • 上記製品へのアクセスに使用されるすべてのサイト

  • コミュニティ、Marketplace、サポートなどのその他の Atlassian アカウント サービス。したがって、ユーザーは以降は support.atlassian.com でテクニカル サポートのチケットを起票したり、my.atlassian.com で自身のプロファイルにアクセスしたり、community.atlassian.com に投稿したりすることはできなくなります。

ユーザーの Atlassian アカウントを削除しても、Trello および Statuspage のアカウントは削除されません。Trello アカウントを削除したい場合、「Trello アカウントの削除」をご参照ください。Statuspage アカウントを削除したい場合、hi@statuspage.io から Statuspage サポートにお問い合わせください。

削除対象のデータ

Atlassian アカウントに保存されている次の個人データを、すべての Atlassian アカウント サービスから削除します。

  • 氏名

  • パブリック ネーム

  • 職位

  • 部署

  • 組織

  • 場所

  • タイム ゾーン

  • メール アドレス

  • Atlassian のプロファイル画像

製品から削除されるその他のデータについては、Confluence CloudJira CloudBitbucket Cloud のアカウント削除についてのドキュメントをご参照ください。

削除されないデータ

次のデータは削除されません。

  • ユーザーが Atlassian アカウント サービスで作成したデータ。これには、製品内で作成されたページ、課題、コメントなどが含まれます。製品で削除されないコンテンツの完全な一覧については、Confluence CloudJira Cloud、および Bitbucket Cloud のアカウント削除についてのドキュメントをご参照ください。

  • 対象のユーザーまたはほかのユーザーがコンテンツ内に作成した個人データ。これには、ページや課題に入力された名前やメール アドレスなどが含まれます。製品管理者はこれらのコンテンツを手動で削除する必要があります。

  • 製品にインストールされた Marketplace およびカスタム アプリに格納されている可能性がある、ユーザーのプロファイル情報。詳細については、Marketplace およびカスタム アプリをご参照ください。

アカウントの削除

アカウントの削除は永続的な操作です。アカウントの削除操作の実施後には 14 日間の猶予期間があり、この間は削除を取り消すことができます。アカウントを将来別の形で使用する可能性がある場合、削除ではなくアカウントの無効化を行うことをおすすめします。

SAML SSO を使用している場合、ユーザーのアカウントを削除する前に、ご利用のアイデンティティ プロバイダからユーザーを削除します。アイデンティティ プロバイダからユーザーを削除しない場合、Atlassian アカウントが再び作成され、ユーザーは引き続きログインすることが可能となります。

Google Suite でユーザーを管理している場合、Google Suite からユーザーを削除して、ユーザーのアカウントについてサポートにお問い合わせください。

アカウントを削除するには、次の操作を実行します。

  1. admin.atlassian.com で、ご利用の組織から、
     [ディレクトリ] > [管理対象アカウント] を選択します。

    アトラシアンでは現在、管理者エクスペリエンスの更新を行っています。これにより、[管理対象アカウント] に移動するために [ディレクトリ] をクリックする必要はない場合があります。

  2. 削除するアカウントを持つユーザーの横の [アカウントの編集] をクリックします。

  3. 右上の [アクション] から [アカウントの削除] を選択します。

  4. アカウントを削除する前に、表示される内容をよくお読みください。また、アカウントの削除についての上述の説明もご確認ください。

  5. [アカウントの削除] をクリックします。表示される確認ダイアログで、アカウントの削除を確認します。
    警告が表示された場合、アカウントを削除する前に表示内容に対応する必要がある可能性があります。

削除を確認すると、対象のユーザーの管理対象アカウント ページに再度移動します。アカウントは無効化され、削除予定として記録されます。これにより、ユーザーはアカウントや Atlassian アカウント サービスにログインすることはできなくなります。アカウントが完全に削除されると、管理対象アカウントの一覧に表示されなくなります。

削除後のアカウントの表示方法

アカウントが無効化されている猶予期間の間、組織のコンテンツにアクセス可能なユーザーは、製品内で、ユーザー名 (ユーザーのアバターの横に表示される名前) の横に Deactivated と表示されるのを確認できます。

アカウントが完全に削除されると、ユーザー名の部分には Former user と表示され、注釈は Deleted に変更されます。

ユーザーへの通知メール

ユーザー アカウントの削除がスケジューリングされると、ユーザーにはメールが送信され、自身がアカウントへのアクセス権を失ったこと、今後ほかのユーザーに自身のアカウントが表示される方法、自身の個人データへの影響の詳細、および、自身のプロファイル情報が保存されている可能性がある Marketplace およびカスタム アプリの一覧が示されます。メールには、アカウントへのアクセスを復元したい場合には組織の管理者に連絡することを促す記載も含まれます。

Marketplace およびカスタム アプリ

ユーザー アカウントの削除をスケジューリングすると、確認メールが送信されます。管理者およびユーザー宛の通知メールには、ユーザーのプロファイル情報を保存している可能性がある Marketplace およびカスタム アプリの一覧が含まれます。このようなアプリは管理者やほかのユーザーがアトラシアン製品に機能を追加するためにインストールしたものであり、ユーザーのプロファイル情報を保存している可能性があります。

Marketplace アプリは製品に機能を追加するために使用され、サードパーティ ベンダーによって作成されています。Marketplace アプリがユーザーのプロファイル情報を保存しているかどうかを確認するには、メール内の Marketplace の一覧のリンクをクリックして、ベンダーのプライバシー ポリシーを参照します。アプリからユーザーのデータを削除するには、アプリの所有者に削除を依頼する必要があります。Bitbucket Cloud マーケットプレイスからインストールされたアプリの情報については、Bitbucket Cloud の管理者にお問い合わせください。

また、ユーザーの個人情報を保存している可能性がある、ご利用の製品向けに作成されたカスタム アプリの一覧も提供されます。カスタム アプリが個人データを保存しているかどうか、および、保存している場合はそのデータの削除方法については、そのカスタム アプリを使用している各サイトのサイト管理者に問い合わせる必要があります。

アカウント削除の取り消し

アカウントの削除をスケジューリングしている場合、14 日間の猶予期間が終わる前であれば削除を取り消すことができます。削除を取り消すと、ユーザーおよびユーザーが所属しているその他の組織についての請求が発生します。

削除を取り消すには、次の手順を実行します。

  1. [管理対象アカウント] ページで、ユーザー アカウントの横にある [アカウントの編集] をクリックします。

  2. ユーザー アカウント ページで [削除の取り消し] をクリックします。

  3. 表示される確認ダイアログで、ユーザーのアクセス権が復元される Atlassian アカウント サービスを確認して、削除の取り消しを確認します。

削除を取り消すと、ユーザーのアカウントは完全に復元され、有効化されます。ユーザーには、削除前にアクセス権を持っていたすべてのサービスへのログインが可能になったことを通知するメールが送信されます。


最終更新日 2019 年 4 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.