管理対象アカウントの無効化

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

アカウントを非アクティブにすると、そのユーザーについて組織 (および所属する他の組織) への請求が停止されます。ユーザーのアカウントはいつでも復元できるため、アカウントを非アクティブ化してもユーザーの個人データは削除されません。

非アクティブ化すると、ユーザーは Atlassian アカウント サービスにログインできなくなります。Atlassian アカウント サービスには次のものが含まれます:

  • Jira Cloud

  • Confluence Cloud

  • Bitbucket Cloud

  • 上記製品へのアクセスに使用されるすべてのサイト

製品へのログインに使用するすべてのサイトに加え、コミュニティや Marketplace などのその他の Atlassian アカウント サービスにアクセスできなくなります。したがって、ユーザーは以降は support.atlassian.com でテクニカル サポートのチケットを起票したり、my.atlassian.com で自身のプロファイルにアクセスしたり、community.atlassian.com に投稿したりすることはできなくなります。

アカウントの無効化

ユーザー アカウントを無効にするには、次の手順を実行します。

  1. From your organization at  admin.atlassian.com,
     select Directory and then Managed accounts.

    While we make updates to the admin experience, you may not need to click Directory to get to Managed accounts.

  2. 削除するアカウントを持つユーザーの横の [アカウントの編集] をクリックします。

  3. 右上の [アクション] から [アカウントの非アクティブ化] を選択します。

  4. 表示される確認ダイアログで、アカウントの無効化を確認します。警告が表示された場合、アカウントを無効化する前に表示内容に対応する必要がある可能性があります。

無効化を確認すると、対象のユーザーの管理対象アカウント ページに再度移動します。アカウントが無効化されたため、ユーザーはアカウントや Atlassian アカウント サービスにログインすることはできなくなります。

削除後のアカウントの表示方法

アカウントが無効化されると、組織のコンテンツにアクセス可能なユーザーは、製品内で、ユーザー名 (ユーザーのアバターの横に表示される名前) の横に Deactivated と表示されるのを確認できます。

アカウントの再有効化

アカウントを無効にする必要がなくなった場合、再度有効化できます。アカウントを再度有効化すると、そのユーザーについて、自身の組織やその他の組織への請求が再開されます

アカウントを再度有効化するには、次の手順を実行します。

  1. [管理対象アカウント] ページで、ユーザー アカウントの横にある [アカウントの編集] をクリックします。

  2. ユーザー アカウント ページで [アカウントの再アクティブ化] をクリックします。

ユーザーのアカウントを再度有効化すると、アカウントは完全に復元され、アクティブ状態になります。 

最終更新日 2019 年 4 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.