管理対象のユーザー アカウントへの変更

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ドメインを認証すると、そのドメインのメール アドレスを持つすべての Atlassian アカウントが管理対象アカウントになります。組織管理者は、管理対象アカウントの詳細情報を編集できます。

ユーザーのアカウントのドメインが認証されていない場合、ユーザーのアカウントは管理対象ではありません。この場合、そのユーザーのみが自身のアカウントの詳細情報を編集できます。


管理対象のユーザー アカウントの変更方法

admin.atlassian.com で、ご利用の組織から、[ディレクトリ] > [管理対象アカウント] を選択します。個々のアカウントの横の [詳細を表示] をクリックして、管理対象アカウントのページを開きます。


ユーザーの指名、役職、または所在地の変更方法

すべてのフィールドを表示するには [詳細をさらに表示] をクリックする必要がある場合があります。フィールドで値をクリックします。フィールドに値が存在しない場合も、[Click to enter value] をクリックして編集できます。値を入力したらチェックマークをクリックして保存します。


アカウントのメール アドレスの変更方法

[メール アドレス] フィールドに新しいメール アドレスを入力し、チェックマークをクリックします。

変更を確認するためのメールがユーザーに送信されます。確認が完了するまでの間は、対象のアカウントは元のメール アドレスとして管理されます。

メール アドレスのドメインが組織で認証されたものではない場合、アカウントは組織から削除されます。ユーザーによる変更の確認後は、Atlassian Access のセキュリティ ポリシーは適用されません。


製品アクセスの管理方法

各ユーザーの管理対象アカウント ページの [製品アクセス] の表に、そのユーザーがアクセス可能なすべての製品が一覧表示されます。製品の行のドロップダウンで [製品アクセスを管理] を選択すると、サイトの管理画面で対象のユーザーのページを表示できます。ここで、製品アクセスを削除したり、サイトに関連付けられた他の製品のためにアクセス権を更新したり、ユーザーに関連するその他のアクションを実行したりすることができます。


2 段階認証によるログインからユーザーを除外する方法

組織で 2 段階認証を強制している場合に、ユーザーに対して 2 段階目のログイン ステップの要求を一時的に解除できます。[セキュリティ] の [2 段階認証] で [2 段階認証から除外] をクリックします。ユーザーを除外した場合の影響については「2 段階認証からユーザーを一時的に除外する」をご参照ください。


ユーザーにパスワードのリセットを要求する方法

右上から [パスワードをリセット] を選択します。


ユーザーが作成した API トークンを取り消す方法

[API トークン] の一覧で、そのユーザーが作成した API トークンの一覧を確認できます。ユーザーは API トークンを作成して、製品 API で認証済み操作を実行できます。ユーザーによる自身の API トークンの作成および使用の詳細については、「API トークン」をご参照ください。

Atlassian Access サブスクリプションでは、ユーザーの API トークンを取り消すことができます。[API トークン] の一覧で、各トークンの横の [取り消し] をクリックします。


アカウントを削除または無効化する方法

右上から [アカウントを無効化] または [アカウントを削除] を選択します。詳細については「管理対象アカウントの無効化」または「管理対象アカウントの削除」をご参照ください。

最終更新日 2019 年 9 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.