課題サービスを設定する

非推奨

Bitbucket Cloud の webhook、接続統合フレームワーク、およびメール通知により、新しいサービス連携の作成は非推奨となりました。

Bitbucket に含まれる課題トラッカーを引き続き使用できます。これは、課題トラッカー設定のオプションから構成できます。

このサービスでは、更新時のコミット メッセージに基づいて特定の課題のステータスを変更するように Bitbucket Cloud をセットアップできます。Issues サービスは、コミット メッセージを読み取ってキーワードを探します。このキーワードを使用して、リポジトリの課題トラッカーの課題のステータスを自動的に変更できます。

2012 年 8 月以降にリポジトリで課題トラッカーを有効化した場合、Issues サービスは自動的に有効化されています。古い課題トラッカーを持つ古いリポジトリでは、このサービスが有効化されていない可能性があります。このサービスが有効化されているかどうかについては、リポジトリ設定の [サービス] タブをご確認ください。

サービスで問題がある場合、「Bitbucket サービスのトラブルシューティング」をご覧ください。

サービスの手動での有効化

  1. Bitbucket にログインして、変更したいリポジトリに移動します。
  2. Click the settings icon .
  3. 画面の左側で [サービス] をクリックします。
  4. [サービスの選択] 一覧から [Issues] サービスを選択します。
  5. [サービスの追加] をクリックします。これで完了です。

コミット メッセージに Issue 用のキーワードを設定する

コミット メッセージで課題にコミットをリンクするには、コミット メッセージの任意の箇所に "command" "issue" の組み合わせを入力します。この組み合わせは次のような形式になります。
<command> <issue id>

You can link to a single issue or multiple issues.  The <issue id> can take any of the following forms:

#4711
issue #4711
bug #4711
ticket #4711

課題へのリンクを解決するには、# 記号を含める必要があります。# 記号がない場合、チェンジセット内のリンクが解決されません。

各アクションでは複数の <command> キーワードがサポートされます。次の表は、コミットで実行できるアクションと、それに対して使用できるコマンドを説明しています。各キーワードは大文字と小文字を区別しません。つまり、課題をクローズしたい場合、closeClose の両方を利用できます。

操作 コマンド キーワード
課題の解決
  • close
  • closes
  • closed
  • closing
  • fix
  • fixed
  • 修正
  • fixing
  • resolve
  • resolves
  • resolved
  • resolving
close #845
fix bug #89
fixes issue #746
resolving #3117
課題の再オープン
  • reopen
  • reopens
  • reopening
reopen #746
reopening #78
課題を保留として設定
  • hold
  • holds
  • holding
holds #123
課題を修正対象外として設定
  • wontfix
wontfix #12
課題を無効として設定
  • invalidate
  • invalidates
  • invalidated
  • invalidating
invalidates #45
課題のチェンジセットにリンク
  • addresses
  • re
  • references
  • ref
  • refs
  • see
re bug #55
see #34 and #456

最終更新日: 2017 年 2 月 7 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.