Jenkins サービスの管理

robotsnoindex
robotsnoindex

このページの説明は現在は利用できません。Bitbucket Cloud での Jenkins の設定の詳細については、https://wiki.jenkins-ci.org/display/JENKINS/BitBucket+Plugin を参照してください。

Bitbucket Cloud は Jenkins との連携に対応しています。ただし、アトラシアン サポートはこの設定の支援は行いません。

このような設定に関して支援が必要な場合、ベンダー (Jenkins) に問い合わせるか、Atlassian Answers に質問を投稿してください。

 

このサービスを使用すると、Bitbucket Cloud を Jenkins (拡張可能なオープンソースの継続的インテグレーション サーバー) と連携できます。このサービスで問題が発生している場合、「Bitbucket Cloud サービスのトラブルシューティング」をご覧ください。Jenkins のセキュリティ オプションおよびリモート ビルドのトリガーの詳細については、Jenkins の ドキュメントを確認してください。 

サービスをセットアップする

 このサービスを追加するには、リポジトリへの管理権限を持っている必要があります。

  1. リポジトリの設定に移動します。
  2. 左側のナビゲーションにある [サービス] をクリックします。
    サービス ページが表示されます。
  3. サービスのドロップダウン リストから [jenkins] を選択します。
  4. [サービスの追加] をクリックします。
    Jenkins サービスに新しいセクションが表示されます。
  5. 以下の情報を入力します:

    フィールド説明必須
    Csrf の有効化設定した場合、サーバーで csrf が有効になっているときにサービスは Jenkins と連携します。 (error)
    モジュール設定すると、指定したモジュール (またはディレクトリ) に対するコミットのみが Jenkins ビルドをトリガーします。apps/Bitbucket(error)
    トークンビルドでトークン認証を有効にしている場合は、ここに挿入します。 (error)
    プロジェクト名ビルドを実行する Jenkins ジョブの名前。bitbucket Selenium Tests(tick)
    エンドポイント

    Jenkins インスタンスのエンドポイント URL。標準 URL 形式を使用できます。フィールドにユーザー名とパスワードを入力した場合、基本認証が使用されます。

    http|s://username:password@domain:port/path

    https://www.bitbucket.org:8080/jenkins/

     

    (tick)
  6. [保存] をクリックします。
最終更新日 2020 年 6 月 24 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.