Bitbucket Cloud で Web サイトを公開する

よくあるご質問

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Bitbucket Cloud にホストされた静的なサイトに、<サイト名>.bitbucket.io でアクセスできるようになりました。静的なサイト所有者に特別な操作は必要ありません。<サイト名>.bitbucket.io へのリンクを更新するだけです。セキュリティのため、bitbucket.io では HTTPS が必要になることにご注意ください。


You can use Bitbucket to host a static website. A static website contains coded HTML pages with fixed content. Websites hosted in this way have the bitbucket.io domain in their URL, for example, https://tortoisehg.bitbucket.io

Publishing a static website on Bitbucket Cloud requires you to combine your account's name with the bitbucket.io domain suffix. So, your account's name must be acceptable by DNS standards. Upper case characters and special characters are typically not acceptable. For example, if your account's name is happy_cat, you would need to create a new account with the name of happycat to use this feature because underscores are not allowed in DNS hostnames. Your repository name would be happycat.bitbucket.io and the published static website is reached by this URL: https://happycat.bitbucket.io

このページでは次のトピックについて説明します。 

ホストする Web サイトを構成する

この機能を利用するには、次の手順を実行します。

  1. Log into your Bitbucket account.
    Create a repository and making sure to Name it using the following format: accountname.bitbucket.io
    For example, if the name of the account where you're adding this repository (which can be your individual account or team name) is tutorials your repository Name should be tutorials.bitbucket.io

  2. ローカルシステムにリポジトリのクローンを作成します。
  3. リポジトリのルートに index.html ファイルを作成します。
    大文字と小文字は区別されることにご注意ください。Bitbucket では、index.htmlIndex.html は別のファイル名として扱われます。ファイル名が、すべて小文字の index.html になっていることを確認します。
  4. リポジトリに index.html ファイルを追加し、変更をコミットして、結果を Bitbucket にプッシュします。
  5. Navigate to the  https://accountname.bitbucket.io site.
    For example, if your individual account or team name is tutorials you would navigate to https://tutorials.bitbucket.io. The system displays the HTML in the site's index.html.  

Features and Limitations of this Feature

Bitbucket の静的な Web サイトでは、次の機能がサポートされます。

  • 画面やその他のメディアの埋め込み。 
  • HTML ページへの JavaScript の埋め込み。
  • サイトへの Disqus の埋め込みによるブログ コメント

この機能は、リポジトリを、リポジトリのルートを Web ルートとして使用する標準的な静的 Web サーバーに変えます。このため、次のような制限事項があります。

  • このシステムでクッキーを発行することはできません。 
  • サーバー側でのスクリプトやコードはサポートされません。たとえば、PHP は利用できません。
  • 各ページは 15 分間キャッシュされます。つまり、変更は即座には反映されません。最新のバージョンを確認する場合、ブラウザで各ページを手動でリフレッシュできます。

Atlassian では、各 Bitbucket Web サイトに rum.js スクリプトを埋め込んでいます。このスクリプトでは、内部向けの Web 分析情報や統計情報を取得しています。

1 つの Web サイトに複数のプロジェクトをホストする

同じ Bitbucket Webサイトから複数のプロジェクトをホストできます。これを行うには、各プロジェクトをリポジトリのサブディレクトリに配置します。この例では、次のように構成を整理してユーザーに Web サイトを提供します。

  • https://<アカウント名>.bitbucket.io/サブディレクトリ1 (プロジェクト 1 用)
  • https://<アカウント名>.bitbucket.io/サブディレクトリ2 (プロジェクト 2 用)
  • https://<アカウント名>.bitbucket.io/サブディレクトリ3 (プロジェクト 3 用)

各プロジェクト サブディレクトリは、独自の index.html を持つセルフコンテナ型の Web サイトとして動作します。

Bitbucket では末尾のスラッシュが許可されます。https://<アカウント名>.bitbucket.io/projectX/ へのリクエストでは、URL の末尾にスラッシュが含まれているかどうかを問わず、projectX/index.html が提供されます (ファイルが存在する場合)。

公開/非公開リポジトリと静的な Web サイトについて

この機能で作成した静的な Web サイトはインターネットのほかの Web サイトを同じ特徴を持ち、URL (アドレス) を知っているあらゆるユーザーが訪問して閲覧できます。基盤となる Bitbucket リポジトリは、公開でも非公開でもかまいません。つまり、Bitbucket リポジトリが非公開の場合でも、ユーザーは引き続き静的な Web サイトを訪問および閲覧できます。基盤となるリポジトリが公開されている場合も同様です。

最終更新日 2018 年 5 月 7 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.