Bitbucket Cloud で Web サイトを公開する

よくあるご質問

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Bitbucket を使用して、<workspaceid>.bitbucket.io でアクセスされる 静的 Web サイトをホストすることができます。(ワークスペースとは?)

静的 Web サイトには、固定コンテンツを持つコード化された HTML ページが含まれます。この方法でホストされている Web サイトは、URL に bitbucket.io ドメインが付きます。たとえば、リポジトリのワークスペース ID tutorials の場合、リポジトリ名tutorials.bitbucket.io に設定します。

Bitbucket Cloud でホストされる静的な Web サイトをセットアップする

Bitbucket Cloud で静的ウェブサイトを公開するには、ワークスペース IDbitbucket.io ドメイン サフィックスをリポジトリ名として組み合わせます。したがって、ワークスペース ID が DNS 標準で使用可能である必要があります。各ワークスペースで、bitbucket.io で 1 つのサイトのみをホストできます。 

bitbucket.io でホストされる静的な Web サイトのセットアップ方法

  1. Bitbucket 内からリポジトリを作成し、リポジトリ名にスキーム <workspaceID>.bitbucket.io を使用します。

  2. ローカルシステムにリポジトリのクローンを作成します。

  3. リポジトリのルート ディレクトリに index.html という名前のファイルを 小文字で作成します。大文字および特殊文字は使用できません。

    小文字を使用する理由

    ファイル名は大文字と小文字を区別します。Bitbucket では、index.htmlIndex.html は別のファイル名として扱われます。

  4. リポジトリで index.html ファイルを作成し、コンテンツを追加し、変更をコミットして、変更を Bitbucket にプッシュします。
  5. https://workspace_ID.bitbucket.io サイトに移動します。Bitbucket により、サイトの index.html に HTML が表示されます。

    例:

    ID が tutorials のワークスペースの場合、https://tutorials.bitbucket.io に移動します。

この機能の内容と制限事項

Bitbucket の静的な Web サイトでは、次の機能がサポートされます。

  • 画面やその他のメディアの埋め込み。 
  • HTML ページへの JavaScript の埋め込み。
  • サイトへの Disqus の埋め込みによるブログ コメント

この機能は、リポジトリを、リポジトリのルートを Web ルートとして使用する静的な Web サーバーに変えます。このため、次のような制限事項があります。

  • Bitbucket Cloud のリポジトリとファイル サイズの制限については、リポジトリ / ファイル サイズにはどのような制限がありますか」を参照してください。
  • セキュリティのため、bitbucket.io では HTTPS が必要です。
  • このシステムでクッキーを発行することはできません。 
  • サーバー側でのスクリプトやコードはサポートされません。たとえば、PHP は利用できません。
  • 各ページは 15 分間キャッシュされます。つまり、変更は即座に表示されない場合があります。
  • 大文字および特殊文字は使用できません。
  • 特殊文字は使用できません。DNS ホスト名にアンダースコアは使用できません。

アトラシアンでは、各 Bitbucket Web サイトに rum.js スクリプトを埋め込んでいます。このスクリプトは、内部向けの Web 分析情報や統計情報を取得しています。

1 つの Web サイトで複数のファイルをホストする

同じ Bitbucket Webサイトで複数のファイルをホストしたい場合、各ファイルをリポジトリのサブディレクトリに配置します。この例では、次のように構成を整理してユーザーに Web サイトを提供します。

  • https://workspace_ID.bitbucket.io/subdirl
  • https://workspace_ID.bitbucket.io/subdir2

  • https://workspace_ID.bitbucket.io/subdir3

各サブディレクトリは、独自の index.html を持つ自己完結型の Web サイトとして動作します。

Bitbucket では末尾のスラッシュが許可されます。https://workspace_ID.bitbucket.io/projectX/ へのリクエストでは、URL の末尾にスラッシュが含まれているかどうかを問わず、projectX/index.html が提供されます (ファイルが存在する場合)。

サブディレクトリを使用して異なるファイルを管理することはできますが、それぞれの静的なサイトはリポジトリのメイン ブランチから生成されます。Master が既定のメイン ブランチです (これはリポジトリ設定から変更できます)。Bitbucket は選択されたメイン ブランチからのみコンテンツを生成します。

公開 / 非公開リポジトリと静的な Web サイトについて

この機能で作成した静的な Web サイトはインターネットのほかの Web サイトを同じ特徴を持ち、URL を知っているあらゆるユーザーが訪問して閲覧できます。基盤となる Bitbucket リポジトリは、公開でも非公開でもかまいません。つまり、Bitbucket リポジトリが非公開の場合でも、ユーザーは引き続き静的な Web サイトを訪問および閲覧できます。基盤となるリポジトリが公開されている場合も同様です。

最終更新日 2019 年 4 月 18 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.