S3 を使用して AWS にデプロイする

このガイドでは、aws-s3-deploy パイプを使用して AWS S3 バケットにファイルをデプロイする方法を説明します。

前提条件:

  • デプロイメント アーティファクトがコピーされる AWS S3 バケットをセットアップしていること。

  • AWS S3 バケットへのアーティファクトのアップロードを行うための十分な権限が構成されている IAM ユーザー。

手順

  1. AWS S3 パイプのサンプル リポジトリのクローンを作成します。
  2. AWS 資格情報を Bitbucket Pipelines に追加します。リポジトリで [設定] に移動し、[パイプライン] で [リポジトリ変数] を選択し、次の変数を追加します。「Pipelines 変数の設定方法」をご参照ください。

    基本的な用途のための変数 

    • AWS_ACCESS_KEY_ID (*): ご使用の AWS アクセス キー。

    • AWS_SECRET_ACCESS_KEY (*): ご使用の AWS 秘密アクセス キー。セキュアな変数として保存されている必要があります。

    • AWS_DEFAULT_REGION(*):AWS リソースを含むリージョンの AWS リージョン コード (us-east-1、us-west-2 など)。詳細については、AWS リソースを含むリージョンの AWS リージョン コード (us-east-1、us-west-2 など) を参照してください。詳細については「リージョンとエンドポイント」を確認してください。

  3. CI/CD 構成をセットアップします。

    image: atlassian/default-image:2
    
    pipelines:
      default:
        - step:
            name: Build artifact
            script:
              - mkdir artifact
              - echo "Pipelines is awesome!" > artifact/index.html
            artifacts:
              - artifact/*
        - step:
            name: Deploy to S3
            deployment: production
            script:
              - pipe: atlassian/aws-s3-deploy:0.3.8
                variables:
                  AWS_ACCESS_KEY_ID: $AWS_ACCESS_KEY_ID
                  AWS_SECRET_ACCESS_KEY: $AWS_SECRET_ACCESS_KEY
                  AWS_DEFAULT_REGION: 'us-east-1'
                  S3_BUCKET: 'bbci-example-s3-deploy'
                  LOCAL_PATH: 'artifact'
                  ACL: 'public-read'

    注意

    aws-s3-deploy パイプほかのパイプと組み合わせて、独自の CI/CD を作成することができます。

  4. アプリケーションを本番環境にデプロイします。アプリケーションのコードを Bitbucket リポジトリにプッシュし、それによってパイプラインをトリガーします。[Pipelines] を選択して、パイプラインの進行状況を確認できます。
    これで、ユーザーはファイルを S3 バケットで確認し、優れたアプリケーションのビルドに集中して取り組みながら、その他の作業を Bitbucket Pipelines で処理できるようになりました。

  5. Pipelines とパイプを使用した自身の AWS S3 バケットへのデプロイをハンズオンで確認したい場合、このサンプル リポジトリで完全なエンドツーエンドのサンプルを利用できます。

最終更新日 2020 年 1 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.