Heroku にデプロイする

Bitbucket Pipelines から Heroku にアプリケーションをデプロイします。

Bitbucket Pipelines でデータベースを使用してテストする」も参照してください。

ステップ 1: Heroku の API トークンとアプリ名を環境変数として追加する

Define two variables in your settings for your Heroku repository:

名前
HEROKU_API_KEY Heroku から生成された API トークン。マスクおよび暗号化されるよう、保護された変数を使用します。
HEROKU_APP_NAME Heroku のアプリ名

You can define these variable at the deployment environment, repository, or team level. The example below is shown with a repository environment variable.

ステップ 2: フル クローンを実行するように Pipelines を設定する

Heroku デプロイメントでは、フル Git クローンが必要です。既定では、ビルド時間の短縮のため、Pipelines によって depth 50 でリポジトリがクローンされます。bitbucket-pipelines.yml ファイルで、Pipelines でフル Git クローンを実行するように設定できます。

ステップ 3: リポジトリを Heroku にプッシュする

アプリケーションをデプロイするため、ステップ 1 で定義した API キーとアプリ名を使用して Heroku の Git リモートにプッシュします。

以下は、アプリケーションを Heroku にデプロイする単純な bitbucket-pipelines.yml 設定です。

bitbucket-pipelines.yml
image: node:10.15.0
clone:
  depth: full
pipelines:
  default:
    - step:
        script:
          - npm install
          - npm test
          - git push https://heroku:$HEROKU_API_KEY@git.heroku.com/$HEROKU_APP_NAME.git HEAD:master

カスタム パイプラインの場合、コミット用のカスタム パイプラインを実行するとデタッチされた HEAD で実行されるため、プッシュを行う前にブランチを作成する必要があります。

オンライン バリデーターを使用して bitbucket-pipelines.yml ファイルをチェックすることができます。

最終更新日 2019 年 3 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.