npm へのデプロイ

Bitbucket Pipelines を使用して、npm パッケージをビルド、テスト、公開することができます。

パイプライン内からリポジトリにプッシュバックする機能を使用して、タグを更新できます。

ビルドの無限ループを回避するため、バージョンをアップグレードする際のコミット メッセージには必ず [skip ci] を含めてください。

npm publish パイプ を使用して、パッケージを npm レジストリに公開します。非公開 npm パッケージに公開するには、package.json を編集して以下の例のようなセクションを追加します。

package.json
{
  "name": "package",
  "version": "1.0.11",
  "description": "Description",
  "publishConfig":{"registry":"my-internal-registry.local"}
}

npm でパイプを使用する方法の他の例をパイプ リポジトリで確認できます。

この例では、Bitbucket に $NPM_TOKEN 変数を追加する必要があります。

bitbucket-pipelines.yml
image: node:10.15.1

pipelines:
  default:
    - step:
        name: Build and Test
        script:
          - npm install
          - npm test
    - step:
        name: Publish
        deployment: production
        script:
          - npm version minor -m "Upgrade to %s [skip ci]"
          - git push && git push --tags
          - pipe: atlassian/npm-publish:0.2.0
            variables:
              NPM_TOKEN: $NPM_TOKEN
最終更新日: 2019 年 2 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.