デプロイ リリースのバージョンの命名

デプロイ プロジェクトを作成して設定する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Bamboo が提供する幅広いオプションを利用すると、リリースの命名スキームを制御できます。Bamboo によるリリース バージョニングの処理方法を指定し、リリース間の自動インクリメントを制御できます。

Bamboo では、以下の機能を利用できます。

  • シンプルなインクリメント採番 
  • Bamboo 変数に基づく高度な採番

Bamboo では、新しいリリースを作成するときに、自動リリース設定を手動で上書きすることもできます。

On this page:

シンプルなリリース バージョニング

Simple release versioning allows you to specify a starting release number, for example, 1.0, which Bamboo will automatically increment. When using simple release versioning, Bamboo will increment the final number in the release name. For example:

リリース名インクリメントされたリリース名
12
1.11.2
1.111.12
1.0.11.0.2


シンプルなリリースの命名を設定する方法

  1. Select Release versioning on the Deployment project configuration screen.

    Release versioning screen in deployment project configuration

  2. Complete the fields using the following data:

    フィールド
    説明
    Optional?
    Next releaseBamboo が作成する次のリリース名の識別情報。シンプルなリリースの命名では、1.0 のような分かりやすいものを使用する必要があります。(error)
    If you want the naming scheme for the release to be applied to branches, select Apply the same naming scheme to releases created from branches.
    (tick)
    Automatically increment with each new release(新しいリリースごとに、自動的にインクリメント)Select the Numbers checkbox to automatically increment the release number according to the Next release field, as defined above. If you leave this box unchecked, no release number incrementing will occur.(tick)
    プレビュー

    This field allows you to preview what the next release name will look like. To view the preview, select the Generate preview button.

    Note: In some cases, a preview may not be available.

    -
  3. 保存 を選択します。

変数を使用したリリース バージョニング

Release versioning using variables allows you to develop more complex naming schemes, based upon variables set up within Bamboo. You can use global, plan, and build variables in your releasing scheme.

For security reasons, you can't use password variables in version names.


You may have a plan variable called "planvar" with a value of "m6". By including this variable key within the Next release field, Bamboo will automatically add the variable value to the next release name, and increment it accordingly:

Variable key変数の値Next releaseNext release versionSubsequent release version
planvarm61.0-${bamboo.planvar}1.0-m61.1-m7


変数を使用したリリースの命名を設定する方法

  1. Select the Release versioning button on the Deployment project configuration screen.
    Release versioning screen in deployment project configuration
  2. Complete the Version field using the following data:

    フィールド
    説明
    Optional?
    バージョンBamboo が作成する次のリリース名の識別情報。シンプルなリリース バージョニングでは、1.0 のような分かりやすいものを使用する必要があります。(error)
  3. Select the Add variable to version link to display the Variables selection screen:
    Release versioning variables screen
  4. Select Add variable to include the variable in your release naming scheme. Then select Close to return to the Release versioning screen.
  5. Complete the remaining fields using the following data:

    フィールド
    説明
    Optional?
    Automatically increment with each new release(新しいリリースごとに、自動的にインクリメント)1. Select the Numbers checkbox to automatically increment the release number according to the Next release field, as defined above. If you leave this box unchecked, then no release number incrementing will occur.
    2. Select the Variables checkbox to automatically increment selected variable(s) when a new release is created. If matching plan variable exists, its value is incremented, otherwise matching global variable is incremented. Additionally, if a release is created from a branch while the Apply the same naming scheme to releases create from branches option is on, the branch variable is incremented (as long as it exists). Please note, injected variable values (from the Inject Variables task) cannot be automatically incremented using this option.
    (tick)
    プレビュー

    This field allows you to preview what the next release name will look like. To view the preview, select the Generate preview button.

    Note: In some cases, a preview may not be available.

    -
  6. 保存 を選択します。

リリース バージョニングのスキーム例

Bamboo also allows you to use combinations of simple and variable release naming. The following table provides examples of combined naming schemes and demonstrates how careful control of the Numbers and Variables checkboxes can be used to customize your scheme.

命名スキーム次のリリース フィールド[Numbers(番号)] チェックボックス[変数] チェックボックス変数の値次のリリース名後続のリリース名
固定された名前1.0(error)(error)-1.01.0
本質的に一意の変数1.0-${bamboo.buildNumber}(error)(error)131.0 ~ 131.0 ~ 13
番号のインクリメント1.0(tick)(error)-1.01.1
番号のインクリメント + 固定変数1.0-${bamboo.appName}(tick)(error)

$ {bamboo.appName}

プランまたはグローバル変数: Awesome

1.0-Awesome1.1-Awesome
変数のインクリメント1.0-${bamboo.milestone}(error)(tick)

$ {bamboo.milestone}

プランまたはグローバル変数: m6

1.0-m61.0-m7
番号と変数のインクリメント1.0-b${bamboo.appNumber}(tick)(tick)

${bamboo.appNumber}

ユーザー定義変数: 1567

1.0-b15671.1-b1568
最終更新日 2021 年 7 月 18 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.