Integrating Bamboo with Crowd

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

You can configure Bamboo to use Atlassian Crowd for user and group management, and for authentication and authorization.

Atlassian Crowd is an application security framework that handles authentication and authorization for your web-based applications. With Crowd you can integrate multiple web applications and user directories, with support for single sign-on (SSO) and centralized identity management. See the Crowd Administration Guide.

Connect to Crowd if you want to use Crowd to manage existing users and groups in multiple directory types, or if you have users of other web-based applications.

このページの内容:

To connect Bamboo to Crowd:

  1. Log in as a user with 'Admin' permission.
  2. In the Bamboo administration area, click User Directories (under 'Security').
  3. Click Add Directory and select Atlassian Crowd.
  4. Enter settings, as described below.
  5. Test and save the directory settings.
  6. Define the directory order, on the Directories tab, by clicking the blue up- and down-arrows next to each directory. The directory order has the following effects:
    • ディレクトリの順序は、ユーザーおよびグループの検索順序です。
    • ユーザーおよびグループへの変更は、アプリケーションが変更権限のある最初のディレクトリに対してのみ行われます。

サーバー設定

設定

説明

名前

ディレクトリ サーバーのリストでこの Crowd サーバーを識別するのに役立つわかりやすい名前にします。例:

  • Crowd Server
  • サンプル企業 Crowd

サーバー URL

Crowd コンソール サーバーのWeb アドレス。例:

  • http://www.example.com:8095/crowd/
  • http://crowd.example.com

アプリケーション名

アプリケーションの名前。ご使用の Crowd サーバーによって認識されます。Crowd 管理コンソールを使用して、Crowd でアプリケーションを定義する必要もあります。アプリケーションの追加については、Crowd ドキュメントを参照してください。

アプリケーション パスワード

Crowd フレームワークをクライアントとして認証する場合に、アプリケーションが使用するパスワード。このパスワードは、Crowd でこのアプリケーションに対して登録したパスワードと同じでなければなりません。アプリケーションの追加については、Crowd ドキュメントを参照してください。

Crowd 権限

Bamboo offers Read Only permissions for Crowd directories. The users, groups and memberships in Crowd directories are retrieved from Crowd and can only be modified from Crowd. You cannot modify Crowd users, groups or memberships using the Bamboo administration screens.

高度な設定

設定

説明

入れ子グループを有効にする

入れ子グループのサポートを有効または無効にします。入れ子グループを有効にする前に、Crowd のユーザー ディレクトリで入れ子グループがサポートされているかどうか確認してください。入れ子グループが有効になっているときは、グループを別のグループのメンバーとして定義できます。グループを使用して権限を管理している場合、入れ子グループを作成して、1 つのグループからそのサブグループに権限を継承できます。

インクリメンタル同期を有効にする インクリメンタル同期を有効または無効にします。ディレクトリの同期時に前回の同期が取得された後の変更のみ。完全な同期は FishEye の再起動時に常に実行されます。

同期間隔(分)

同期とは、アプリケーションがユーザー データの内部ストアを更新し、ディレクトリ サーバ上のデータと一致させるプロセスです。アプリケーションは x 分ごとにディレクトリ サーバーにリクエストを送信します。x はここで指定する数値です。デフォルト値は60分です。

Single sign-on (SSO) with Crowd

Proper tutorial how to enable SSO in Bamboo:

https://confluence.atlassian.com/crowd/integrating-crowd-with-atlassian-bamboo-198785.html#IntegratingCrowdwithAtlassianBamboo-SSO


Using multiple directories

When Bamboo is connected to Crowd you can map Bamboo to multiple user directories in Crowd.

For Crowd 2.8, and later versions, there are two different membership schemes that Crowd can use when multiple directories are mapped to an integrated application, and duplicate user names and group names are used across those directories. The schemes are called 'aggregating membership' and 'non-aggregating membership' and are used to determine the effective group memberships that Bamboo uses for authorization. See Effective memberships with multiple directories for more information about these two schemes in Crowd.

注意:

  • Authentication, for when Bamboo is mapped to multiple directories in Crowd, only depends on the mapped groups in those directories – the aggregation scheme is not involved at all. 
  • For inactive users, Bamboo only checks if the user is active in the first (highest priority) directory in which they are found to determine authentication. The membership schemes described above are not used when Crowd determines if a user should have access to Bamboo.
  • When a user is added to a group, they are only added to the first writeable directory available, in priority order.
  • When a user is removed from a group, they are only removed from the group in the first directory the user appears in, when non-aggregating membership is used. With aggregating membership, they are removed from the group in all directories the user exists in.


An administrator can set the aggregation scheme that Bamboo uses when integrated with Crowd. Go to the Directories tab for the Bamboo instance in Crowd, and check Aggregate group memberships across directories to use the 'aggregating membership' scheme. When the checkbox is clear 'non-aggregating membership' is used.

Note that changing the aggregation scheme can affect the authorization permissions for your Bamboo users, and how directory update operations are performed. 

最終更新日 2018 年 6 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.