Connecting Bamboo to JIRA for user management

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

(warning)  This page does not apply to JIRA Software Cloud; you can't use JIRA Software Cloud to manage your Bamboo users.

You can connect Bamboo to an existing Atlassian JIRA Software instance to delegate Bamboo user and group management, and authentication. Bamboo provides a "read-only" connection to JIRA Software for user management. This means that users and groups, fetched from JIRA Software, can only be modified or updated in that JIRA Software server, rather than in Bamboo.

Choose this option, as an alternative to Atlassian Crowd, for simple configurations with a limited number of users. Note that Bamboo can only connect to an instance running JIRA Software 4.3 or later.

Connecting Bamboo and JIRA Software is a 3-step process:

1. Set up JIRA Software to allow connections from Bamboo

2. Set up Bamboo to connect to JIRA Software

3. Set up Bamboo users and groups in JIRA Software

このページで解説するその他の項目:


(warning) You need to be an administrator in JIRA Software and a system administrator in Bamboo to perform the following tasks.

1. Setup JIRA Software to allow connections from Bamboo

  1. Log in as a user with the 'JIRA Software Administrators' global permission.
  2. For JIRA 4.3.x, select Other Application from the 'Users, Groups & Roles' section of the 'Administration' menu.
    For later versions, choose Administration > Users > JIRA User Server.
  3. アプリケーションの追加をクリックします。
  4. Enter the application name (case-sensitive) and password that Bamboo will use when accessing JIRA Software.
  5. Enter the IP address of your Bamboo instance. Valid values are:
    • 完全な IP アドレス、例:192.168.10.12
    • ワイルドカードでの IP 範囲 (CIDR 表記を使用) 例: 192.168.10.1/16。詳細については、Wikipedia の CIDR 通知および RFC 4632 の概要を参照してください。
  6. 保存 をクリックします。
  7. [ユーザー ディレクトリ] 画面で各ディレクトリの横にある青色の上下矢印をクリックして、ディレクトリの順序を定義します。ディレクトリ順は次のように影響します。
    • ディレクトリの順序は、ユーザーおよびグループの検索順序です。
    • ユーザーおよびグループへの変更は、アプリケーションが変更権限のある最初のディレクトリに対してのみ行われます。

2. Setup Bamboo to connect to JIRA Software

  1. Log in to Bamboo as a user with 'Admin' permission.
  2. In the Bamboo administration area click User Directories (under 'Security').
  3. Click Add Directory and select Atlassian JIRA.
  4. 以下のように、設定を入力します。
  5. ディレクトリ設定をテストおよび保存します。
  6. [ユーザー ディレクトリ] 画面で各ディレクトリの横にある矢印をクリックして、ディレクトリの順序を定義します。ディレクトリ順は次のように影響します。
    • ディレクトリの順序は、ユーザーおよびグループの検索順序です。
    • ユーザーおよびグループへの変更は、アプリケーションが変更権限のある最初のディレクトリに対してのみ行われます。

3. Set up Bamboo users and groups in JIRA Software

In order to use Bamboo, users must be a member of the Bamboo-users group or have Bamboo global permissions. Follow these steps to configure your Bamboo groups in JIRA Software:

  1. Add the bamboo-users and bamboo-administrators groups in JIRA Software.
  2. 上に記載した両方のグループのメンバーとして、自分のユーザー名を追加します。
  3. Choose one of the following methods to give your existing JIRA Software users access to Bamboo:
    • Option 1: In JIRA Software, find the groups that the relevant users belong to. Add those groups as members of one or both of the above Bamboo groups.
    • Option 2: Log in to Bamboo using your JIRA Software account and go to the administration area. Click Global permissions (under 'Security'). Assign the appropriate permissions to the relevant JIRA Software groups. 

Connecting Atlassian Bamboo to JIRA Software for user management is not sufficient, by itself, to allow your users to log in to Bamboo. You must also grant them access to Bamboo by using one of the above 2 options.

We recommend that you use groups instead of individual accounts when granting permissions.

サーバー設定

設定

説明

名前

ディレクトリ サーバーのリストでこの JIRA サーバーを識別するのに役立つわかりやすい名前にします。例:

  • Jira Service Desk Server
  • My Company Jira

サーバー URL

Jira サーバーの Web アドレス。例:

  • http://www.example.com:8080
  • http://jira.example.com

アプリケーション名

ユーザー マネージャーとして機能する Jira サーバーにアクセスするときに、アプリケーションが使用する名前。また、その Jira サーバーに対してアプリケーションを定義する必要があります。これは、「管理」メニューの「ユーザー、グループおよび役割」セクションにある「その他のアプリケーション」オプションから行います。

アプリケーション パスワード

ユーザーマネージャーとして機能する Jira サーバーにアクセスするときに、アプリケーションが使用するパスワード。

高度な設定

設定

説明

入れ子グループを有効にする

入れ子グループのサポートを有効または無効にします。入れ子グループを有効にする前に、ユーザーマネージャーとして機能している JIRA サーバーで入れ子グループが有効になっているかどうか確認してください。入れ子グループが有効になっているときは、グループを別のグループのメンバーとして定義できます。グループを使用して権限を管理している場合、入れ子グループを作成して、1 つのグループからそのサブグループに権限を継承できます。

インクリメンタル同期を有効にする インクリメンタル同期を有効または無効にします。ディレクトリの同期時には、前回の同期時以降の変更のみが取得されます。

同期間隔(分)

同期とは、アプリケーションがユーザー データの内部ストアを更新し、ディレクトリ サーバ上のデータと一致させるプロセスです。アプリケーションは x 分ごとにディレクトリ サーバーにリクエストを送信します。x はここで指定する数値です。デフォルト値は60分です。

最終更新日 2019 年 9 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.