ユーザーの作成、編集、削除

Jira アプリケーションのユーザーは、手動または外部ユーザー管理経由で管理できます。このページは、これらのユーザーを手動で管理できるようサポートし、必要に応じて外部ユーザー管理システムを参照します。ユーザーが Jira アプリケーションにログインしてアクセスするには、アプリケーション アクセスが必要です。アプリケーション アクセスは、アプリケーションに割り当てられたグループのメンバーになることで取得できます。これらのグループのメンバーシップは、ユーザー単位でいつでも変更できます。

アトラシアン製品全体で 500 人以上のユーザーを管理していますか?
Crowd を使用することで、スケーラブルかつ効果的な方法でユーザーを簡単に管理できます。
ユーザーの一元管理」を参照してください。

はじめる前に

You must  have the Jira Administrator or Jira System Administrator global permission to be able to manage users in Jira applications.

ユーザーの作成

Jira では、複数の方法でユーザーを作成できます。内容を読み、自分のチームに適した方法を見つけてください。

ユーザーを Jira Service Desk プロジェクトに追加する場合、Service Desk ユーザーの設定」を参照してください。

Jira で ユーザーを作成する

小規模なチームの場合、Jira で直接ユーザーを作成します。ユーザー数が多い場合は外部のユーザー管理 (LDAP または Active Directory) の使用を検討してください。ユーザーが多い場合、ユーザー ID ごとの権限の管理は複雑になるため、別の方法を利用することができます。

ユーザーの作成方法
  1.  > [ユーザー管理] を選択します。
  2. ユーザー ブラウザーで、「ユーザーの作成」をクリックします。
  3. ユーザー名パスワード氏名メールアドレスを入力します。
  4. オプションとして、通知メールの送信チェックボックスを選択すると、以下の内容を含むメールがユーザーに送信されます。
    • ログイン名。
    • パスワード設定用のリンク(24 時間有効のリンクです)
  5. 2 つ以上の Jira アプリケーションがインストールされている場合、ユーザーへのアクセス権を供与する Jira アプリケーションを選択する必要があります。

  6. 作成」ボタンをクリックします。

ユーザーを作成すると別の画面に移動し、そこからユーザー情報を表示したり、追加機能 (詳細の編集、グループやプロパティの編集、ユーザーの削除など) を実行できます。

Jira にユーザーを招待する

メールを通じて Jira にユーザーを招待できます。ユーザーが招待を受け入れると、それらのユーザーが Jira で作成され、既定で設定されたアプリケーションへのアクセス権が供与されます。

メールを使用してユーザーを招待するには、Jira の SMTP メール サーバーで、通知を送信するための設定が行われている必要があります。

ユーザーを招待するには
  1. ユーザー ブラウザーを開き、「ユーザーの招待」をクリックします。
  2. 招待したいユーザーのメール アドレスを入力します。複数のユーザーを追加する場合は、電子メールをコンマで区切ります。
    注: 招待状を配布リストに送信してユーザーを招待することはできません。
  3. 送信 ボタンをクリックして招待状を送信します。
    • 各招待状は、送信先のメール アドレスからユーザーを作成するためにのみ使用され、1 回だけ使用できます。
    • 各招待状の有効期限は送信後 7 日間です。
    • ユーザーが招待状を承認し、ユーザーが作成されるまで、ユーザー ライセンス数には反映されません。 


メールハンドラの使用、内部ディレクトリへの接続、またはパブリックサインアップの有効化 

Jira ではほかの方法でもユーザーを作成できます。これらの方法はより特化されており、チームの特定のニーズを満たすことができます。 

その他

ユーザーの自動作成

メール ハンドラを使用し、Jira アプリケーションで受信したメールからの課題やコメントの作成を許可することができます。また、送信者のメール アドレスに基づいて新しいユーザーを作成するようにハンドラを設定することもできます。この方法は、"From:" フィールドのアドレスが既存の Jira ユーザー アカウントに関連付られたアドレスと一致しないメール メッセージを受信したときに Jira で新しいユーザー アカウントを作成したい場合に便利です。これにより、メール メッセージの作成者は、以降の課題の更新通知を受け取ることができます。完全なドキュメントについては、「メールから課題およびコメントを作成する」を参照してください。

LDAP 認証による内部ディレクトリへの接続

Jira アプリケーションを LDAP ディレクトリに接続して、認証を委任することができます。つまり、Jira には、LDAP を認証にのみ使用する内部ディレクトリができます。ニーズに合わせてアプリケーション内でユーザーやグループ設定を行い、ユーザーのパスワード認証は LDAP ディレクトリで行いたい場合は、このオプションを選択します。また、このオプションは、LDAP から多数のグループをダウンロードした結果発生する、パフォーマンスの問題を回避するのにも役立ちます。構成の詳細については、「LDAP 認証による内部ディレクトリへの接続」を参照してください。

「サインアップの公開を有効にする

Jira Service Desk を使用している組織によっては、ユーザーが自身のアカウントを作成できるようにし、管理者での操作は不要にすることが適切な場合があります。これは、Jira Service Desk ライセンスを使用することなくユーザーに機能の利用を許可できますが、セキュリティ上の懸念も発生します。パブリック サインアップと CAPTCHA の有効化の詳細については、「パブリック セットアップと CAPTCHA の有効化」を参照してください。


新しいユーザー用の既定のアプリケーションを選択する

2 つ以上の Jira アプリケーションがある場合、新しいユーザーが自動的に割り当てられるアプリケーションを選択できます。ユーザーを手動で作成すると、既定として選択したアプリケーションが事前に選択されます。ただし、ユーザーの作成時にこれを変更することができます。ユーザーにメールやパブリック サインアップ、メール ハンドラ経由でのサインアップを許可している場合、ユーザーには管理者が選択したアプリケーションへのアクセス権が供与されます。 

既定のアプリケーションを設定するには


  1. > [アプリケーション] を選択します。
  2. 新しいユーザーの既定の設定」を選択します。
  3. 既定に設定するアプリケーションを選択し、「既定に設定」ボタンをクリックします。
これで、新しいユーザーの作成時に使用する既定アプリケーションが設定されました。これらのユーザーには、選択したアプリケーションの既定グループが割り当てられます。


ユーザーの編集

名前、メール、アドレス、パスワードなどのユーザー情報の変更は、Jira 内部ディレクトリで簡単に行うことができます。LDAP や Active Directory などの外部認証方式を使用している場合は、Jira ではなくそのシステムで変更を行う必要があります。

ユーザー名、フルネーム、電子メールアドレスの編集

Jira 内部ディレクトリを使用してユーザーを管理している場合、数クリックでこれらの属性をまとめて簡単に変更できます。ユーザー名を更新する際には、以下に注意する必要があります。

  • Jira は外部ユーザー名 (たとえば、LDAP サーバーや Crowd インスタンスからのユーザー) を更新することはできません。ただし、Jira は、「LDAP 認証を持つ内部ディレクトリ内」に保存されている Jura ユーザーの更新は可能です。
  • Jira インスタンスを他のアプリケーション (Confluence など) の Jira ユーザー サーバーとして使用している場合、この機能は利用できません。この設定が不明な場合、[ユーザー管理] > [Jira ユーザー サーバー] で、Jira を Crowd サーバーとして使用するよう設定されている外部アプリケーションがないことを確認します。
ユーザー情報を更新するには:
  1.  > [ユーザー管理] を選択します。
  2. ページの一番上にあるフィルターを使用してユーザーリストのユーザーを探します。
  3. 「オペレーション」列の編集をクリックします。
  4. ユーザー名、フルネーム、または電子メールアドレスを変更し、「更新」をクリックして完了します。

パスワードの変更

内部ディレクトリを使用する際、管理者は Jira 内で直接ユーザー パスワードを変更できます。LDAP サーバーまたは Crowd インスタンスからユーザーを管理している場合、パスワードは変更できません。

パスワードを更新するには:
  1.  > [ユーザー管理] を選択します。
  2. ページの一番上にあるフィルターを使用してユーザーリストのユーザーを探します。
  3. ユーザー名」をクリックします。
  4. アクション > パスワードの設定を選択します。
  5. 新しいパスワードを入力して確認し、「更新」ボタンをクリックして完了します。

ユーザーにプロパティを追加する

A Property is an extra piece of information about a user that you can store in Jira. A Property consists of a Key of your choice, like 'Phone number' or 'Location', plus a corresponding Value (eg. '987 654 3210', 'Level Three'). User Properties do not have an effect in the project apart from adding additional information about the user.  Apps, however, can frequently use this data. 

プロパティを追加するには:
  1.  > [ユーザー管理] を選択します。
  2. ページの一番上にあるフィルターを使用してユーザーリストのユーザーを探します。
  3. ユーザー名」をクリックします。
  4. 「アクション」 > 「プロパティの編集」を選択します。「ユーザーのプロパティの編集」画面が表示されます。
  5. 新しいキーとそのを入力してから、「追加」ボタンをクリックして完了します。


ユーザーの削除

ユーザーが JIRA にアクセスする必要がなくなりましたか? アクセスを削除するさまざまな方法についてお読みください。ユーザーを削除するのではなく、代わりにアカウントを非アクティブ化することを、おすすめしますユーザーのアカウントを非アクティブ化すると、そのアカウントは使用されなくなりますが、そのユーザーの活動履歴は保持します。

ユーザーの非アクティブ化

Jira 管理者は Jira ユーザーを非アクティブ化し、ユーザーの Jira へのアクセスを禁止することができます。これにより、Jira 管理者はシステムからユーザー アカウントを削除する必要がなくなります。

この機能は、Jira ユーザーが組織を去った時や部署が異動になった場合、非アクティブ化されたユーザーの Jira アクティビティ履歴がシステム内に保持されるため、便利です。Jira アカウントが非アクティブ化されたユーザーが再びアクセスを行うようになった場合、Jira ユーザー アカウントを再アクティブ化できます。

ユーザー アカウントを非アクティブ化するには:
  1.   > [ユーザー管理] を選択してユーザー リストでユーザーを探します。
  2. 「オペレーション」列の編集をクリックします。
  3. アクティブ」チェックボックスをオフにします。
  4. 更新」をクリックして、変更を確認します。
  5. ユーザーは、ユーザー名とフルネームは取り消し線で消され、「(非アクティブ)」というテキストが付いた状態でユーザーリストに表示されます。

注意

  • プロジェクトまたはコンポーネントのリーダーを非アクティブ化するには、まず関連するプロジェクトまたはコンポーネントに他のユーザーをリーダーとして割り当てます。これらの役割を置き換えることで、ユーザーを削除できます。他のユーザーを割り当てるかを尋ねるエラー メッセージが表示されます。
  • 外部の Atlassian Crowd ユーザー ディレクトリを使用するように Jira インスタンスが設定されている場合、Crowd で非アクティブ化されたユーザーは Jira で非アクティブ化されます。
  • Jira は外部の Microsoft Active Directory または LDAP ベースのユーザー ディレクトリで設定および非アクティブ化 / 無効化されたユーザーを非アクティブ化しません。ただし、"委任 LDAP 認証" を使用して Jira ユーザーが設定されている場合を除きます。

ユーザー アカウントを非アクティブ化すると、そのユーザーは 

  • Jira にログインできなくなります。
  • Jira ユーザー ライセンスの制限にはカウントされません。
  • 課題を割り当てたり、課題のウォッチャー として追加できません (課題が 作成または編集された場合)。しかし、以下の場合は除きます。
    • ユーザーのアカウントが非アクティブ化される前に、ユーザーが課題の担当者、ウォッチャー、報告者になっている場合、それらはそのままとなります。この状況は、別のユーザーが課題の担当者または報告者となるか、非アクティブ化されたユーザーがウォッチャーから削除されるか、アカウントが再アクティブ化されるまで残ります。
    • アカウントが非アクティブ化される前に Jira で課題に投票したユーザーは、引き続き課題の投票者として表示されます。
  • Jira ユーザー インターフェイスでは、名前の後に "(非アクティブ)" のフラグが付いて、引き続き表示されます。
  • 引き続き、Jira 検索クエリで課題をフィルタリングするために使用できます。
  • 課題の担当者、報告者またはウォッチャーとして残っている場合でも、Jira からのメール通知は送信されません。

ユーザーの削除

Jira ユーザーを削除する場合、慎重に検討します。上記のセクションを参考に、非アクティブ化することをおすすめします。 

削除する前に、以下に注意してください:

  • 外部ユーザー管理を使用している場合、Jira 内でユーザーを削除することはできません (ただし、ユーザーを非アクティブ化することはできます。上記の説明を参照してください)。
  • 次の場合は Jira からユーザーを削除できません。
    • 課題を報告または課題に割り当てられている。
    • 課題にコメントした。
  • ユーザーを削除すると、フィルターやダッシュボードを他のユーザーと共有しているかどうかに関わらず、ユーザーのフィルターとダッシュボードは削除されます。
  • 削除しようとしているユーザーが報告した、またはそのユーザーに割り当てられたすべての課題は、個別の課題のリスト( 課題ナビゲータ 内)にそれぞれハイパーリンクされます。
ユーザーの削除方法
  1.   > [ユーザー管理] を選択してユーザー リストでユーザーを探します。
  2. オペレーション」列の「削除」リンクをクリックします。
    その後確認画面に、削除するユーザーに現在割り当てられている課題や、報告した課題が表示され、システム内の該当ユーザーが関与している概要を示します。ユーザーと、システムの他の部分とのつながりによって、そのユーザーの削除が妨げられる場合があります。
  3. Jira とユーザーの関連付け解除に必要な操作を行います。エラー メッセージで必要な操作内容を確認できますが、次の内容が含まれる場合があります。
    • 該当ユーザーに現在割り当てられている全ての課題を他のユーザーに割り当てる。
    • ユーザーが作成した課題を 一括編集 し、「報告者」を別の人物に変更します。また、ユーザーが作成した課題の一部が終了し、再開が不要な場合は、 終了した課題の編集を許可 する必要があります。
    • 該当ユーザーが所有する共有ダッシュボードの所有者を変更する。「共有ダッシュボードの管理」を参照してください。
    • 該当ユーザーがリーダーとなったプロジェクトのプロジェクトリーダーを変更する。
  4. 課題が割り当てられていない場合や、ユーザーによって報告されていない場合、そのユーザーが課題にコメントしたことがない場合、確認画面に「削除」ボタンが表示されますので、クリックしてユーザーを削除します。
最終更新日: 2019 年 2 月 11 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.