ユーザーの作成、編集、削除

In Jira applications, you can manage users manually or via an external user management system. This page helps you manage users manually and references external user management systems where required.

ユーザーがログインして Jira アプリケーションにアクセスするには、アプリへのアクセス権限を持っている必要があります。アプリに割り当てられたグループのメンバーであれば、アプリへのアクセス権が付与されます。このようなグループのメンバーシップはユーザー単位でいつでも変更できます。

On this page:

アトラシアン製品全体で 500 人以上のユーザーを管理していますか?
Crowd を使用して、どのように簡単に、スケーラブルに、効果的に管理できるかをご覧ください。Crowd では、すべての Atlassian Server および Data Center アプリケーションのユーザーを管理できるほか、複数のディレクトリからのユーザー認証権限も管理できます。
集中型のユーザー管理」をご参照ください。

はじめる前に

To manage users in Jira apps, you must have the Jira Administrator or Jira System Administrator global permission. For details, see Permissions overview.

Jira のユーザー管理設定にアクセスするには、画面右上の [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。

ユーザーを作成

Jira では、複数の方法でユーザーを作成できます。内容を読み、自分のチームに適した方法を見つけてください。

ユーザーを Jira Service Management プロジェクトに追加する場合、ユーザーの設定」を参照してください。

Jira でのユーザーの手動作成

小規模チームの場合、Jira で直接ユーザーを作成できます。

ハンズ オン デッキが多数ある場合は、外部ユーザー管理 (LDAP または Active Directory) の使用をご検討ください。ユーザーが多数になると、個別ユーザー ID の権限管理が複雑になります。そのため、スタッフが多数いる場合には別のオプションがあります。詳細については、「ユーザーを自動作成する」をご参照ください。 

ユーザーの作成方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. In the User browser that opens, select Create User (in the upper-right corner of the screen).

  3. ユーザー名パスワード氏名メール アドレスを入力します。

  4. オプションとして、[通知メールの送信] チェックボックスをオンにすると、以下の内容を含むメールがユーザーに送信されます。

    • ユーザー名

    • a link that is valid for 24 hours and that they can use to set a password

      Make sure to select the Send Notification Email checkbox if you don’t set a password for a new user. Otherwise, the user won’t be able to authenticate and will have to reset the password by selecting the Can't access your account? link on the login page.

  5. If you have more than one Jira application installed, select the Jira application you want to give the user access to.

  6. さらにユーザーを作成する場合は、[さらに作成] を選択します。

  7. [ユーザーを作成] を選択して変更を保存します。

ユーザーを作成すると、別の画面にユーザー情報が表示されます。この画面では、追加機能 (詳細、グループ、プロパティを編集、ユーザーを削除など) を実行できます。

Invite users to Jira through email

You can invite users to Jira through email. When they accept the invitation, they will be given access to the default applications

Jira's SMTP mail server must be configured to send notifications before you can invite users through email.

メール経由でユーザーを招待する方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. In the User browser that opens, select Invite Users (in the upper-right corner of the screen).
  3. 招待したいユーザーのメール アドレスを入力します。複数のユーザーを追加する場合は、メール アドレスをコンマで区切ります。
    注: 招待状を配布リストに送信してユーザーを招待することはできません。

  4. [送信] ボタンを選択して招待状を送信します。次の点に注意してください。

    • 各招待は、送信先のメール アドレスからユーザーを作成するためにのみ使用でき、1 回だけ使用できます。

    • 各招待は送信日から 7 日間が経過すると失効します。

    • ユーザーが招待を受け入れ、ユーザーが作成されるまで、ユーザー ライセンス数には反映されません。

ユーザーの自動作成

メール ハンドラの使用、内部ディレクトリへの接続、またはパブリック サインアップの有効化

In addition to creating users manually and inviting them through email, there are a few other ways to create a user in Jira. The following methods are more specialized and can fill a specific need of your team. 

Other ways of creating users

メール ハンドラー経由でのユーザーの自動作成

You can use a mail handler to allow Jira applications to create issues or comments from received emails. The handler can also be configured to create new users based on the sender's email address.

この方法は「From:」フィールドのアドレスが既存の Jira ユーザー アカウントに関連付けられたアドレスと一致しないメール メッセージを受信した際に、Jira で新しいユーザー アカウントを作成する場合に役立ちます。これによって、メール メッセージの作成者は、以降の課題の更新通知を受け取れます。

詳しくは、「課題やコメントをメールから作成する」をご参照ください。

LDAP 認証による内部ディレクトリへの接続

Jira アプリケーションを LDAP ディレクトリに接続して、認証を委任できます。つまり、Jira には LDAP を認証にのみ使用する内部ディレクトリができます。ニーズに合わせてアプリケーション内でユーザーやグループ設定を行い、企業の LDAP ディレクトリに対してユーザーのパスワードをチェックする場合はこのオプションを選択します。また、このオプションは、LDAP から多数のグループをダウンロードした結果発生する、パフォーマンスの問題を回避するのにも役立ちます。

設定の詳細は「LDAP 認証による内部ディレクトリへの接続」をご参照ください。

パブリック サインアップを有効にする

Jira Service Management を使用している組織によっては、ユーザーが自身のアカウントを Jira 管理者の操作は不要で作成できるようにすることが適切な場合があります。これにより、Jira Service Management ライセンスをすべて使用することなくユーザーが機能を利用できるようになります。一方で、セキュリティ上の懸念も発生します。

See Enabling public signup and CAPTCHA for more information.

新しいユーザー用の既定のアプリケーションを選択する

If you have more than one Jira application, you can select which applications new users will automatically be assigned to. If you manually create a user, the applications you select as defaults will be preselected. However, it's possible to change this while creating the user. If you allow users to sign up via email, public signup, or an email handler, they will be given access to the applications you select.

既定のアプリケーションを設定するには
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. 左側のナビゲーション パネルで、[アプリケーション アクセス] を選択します。

  3. [新しいユーザーの既定の設定] を選択します。

  4. 既定に設定するアプリケーションを 1 つ以上選択して [既定に設定] を選択します。

これで、新しいユーザーの作成時に使用する既定アプリケーションが設定されました。これらのユーザーは、選択したアプリケーションの既定グループに割り当てられます。

ユーザーの編集

名前、メール、アドレス、パスワードなどのユーザー情報は、Jira 内部ディレクトリで簡単に変更できます。LDAP や Active Directory などの外部認証方式を使用している場合は、Jira ではなくそのシステムで変更を行う必要があります。詳細については、「ユーザーを自動作成する」をご参照ください。 

ユーザー名、氏名、メール アドレスの編集

Jira 内部ディレクトリでユーザーを管理している場合は、数回クリックするだけでこれら 3 つの属性を一括変更できます

When updating a username, note that Jira cannot update external usernames  for example, users that are coming from an LDAP server or Crowd instance. However, Jira can update Jira users stored in an internal directory with LDAP authentication.

ユーザー情報を更新する方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. ページの一番上にあるフィルターを使用してユーザーリストのユーザーを探します。

  3. 編集するユーザーの [氏名] を選択します。

  4. [アクション] メニューに移動して [パスワードの設定] を選択します。

  5. 新しいパスワードを入力して確認し、[アップデート] ボタンを選択して変更を保存します。

パスワードの変更

内部ディレクトリを作成する際、Jira 管理者は Jira 内で直接ユーザー パスワードを変更できます。LDAP サーバーまたは Crowd インスタンスからユーザーを管理している場合は、パスワードは変更できません。

パスワードを更新する方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. ページの一番上にあるフィルターを使用してユーザー一覧からユーザーを探します。
  3. Select the username.
  4. [アクション] > [パスワードの設定] を選択します。
  5. Enter and confirm the new password, and select the Update button to finish.

ユーザーにプロパティを追加する

A property is an extra piece of information about a user that you can store in Jira. A property consists of a key of your choice, like "phone number" or "location", plus a corresponding value (for example, "987 654 3210", "level three"). User properties do not have an effect on the project apart from storing additional information about the user. Apps, however, can frequently use this data. 

プロパティを追加する方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. ページの一番上にあるフィルターを使用してユーザー一覧からユーザーを探します。
  3. 編集するユーザーの [氏名] を選択します。

  4. [アクション] > [プロパティを編集] の順に選択します。[ユーザーのプロパティを編集] 画面が表示されます。

  5. 新しいキーとそのを入力してから [追加] ボタンを選択して完了します。

Change a user's avatar

To change user avatars, you must have the Jira System Administrator global permission.

If you come across a user that has an avatar that doesn’t live up to your organization’s standards, you can change their avatar in User Management.

To change a user's avatar
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. ページの一番上にあるフィルターを使用してユーザー一覧からユーザーを探します。

  3. Select the Full name of the user whose avatar you want to edit.

  4. Select View Public Profile. The user’s profile will be displayed.

  5. Select the user’s current avatar and choose a new one from the pre-packaged Jira avatars or upload your own.

ユーザーの非アクティブ化

Jira にアクセスする必要がなくなったユーザーがいる場合、そのユーザーを削除するのではなく、アカウントを非アクティブ化することをおすすめしますユーザーのアカウントを非アクティブ化すると、そのアカウントは使用できなくなりますが、そのユーザーのアクティビティ履歴は保持されます。また、ユーザーを匿名化することもできます。これは、ユーザーに自身の個人データの消去を依頼された場合に便利です。

ユーザーの非アクティブ化

Jira 管理者は Jira ユーザーを非アクティブ化し、ユーザーに Jira へのアクセスを禁止することができます。これにより、Jira 管理者はシステムからそのユーザー アカウントを削除する必要がなくなります。

この機能は、Jira ユーザーが組織を去った時や部署が異動になった場合にも、非アクティブ化されたユーザーの Jira アクティビティ履歴がシステム内に保持されるため便利です。Jira アカウントが非アクティブ化されたユーザーが将来組織に戻った時は、Jira ユーザー アカウントを再アクティブ化できます。

ユーザー アカウントを非アクティブ化する方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. ユーザー リストで、非アクティブ化するユーザーを見つけます。

  3. In the Actions menu select Edit Details

  4. [アクティブ] チェックボックスをオフにします。

  5. [更新] をクリックして、変更を確認します。

  6. The username and full name of the deactivated user will now appear on the user list with a strikethrough and with the (Inactive) label.

注意

  • To deactivate a project or component lead, assign other users as the relevant project or component leads first. These users cannot be deleted without replacing their roles. An error message will appear asking you to assign another user first.
  • If your Jira instance is configured to use an external Atlassian Crowd user directory, the user will be deactivated in Jira, if they are deactivated in Crowd.

  • 外部の Microsoft Active Directory または LDAP ベースのユーザー ディレクトリで設定して非アクティブ/無効化されたユーザーを、Jira は非アクティブ化しません。ただし「委任 LDAP 認証」によって Jira ユーザーが設定されている場合を除きます。 

  • You can activate deactivated users by following the same steps from the instructions above. 

ユーザー アカウントを非アクティブ化すると、そのユーザーは以下のように扱われます。 

  • Jira にサインインできなくなります。
  • Jira ユーザーのライセンス制限にカウントされません。
  • 課題が作成または編集されたときに、課題を割り当てたり、課題のウォッチャーとして追加したりすることはできません。ただし、次の点にご注意ください。
    • A user who was assigned, was watching, or had reported any issues in Jira before their account was deactivated, will still appear as the respective assignee, watcher, or reporter of those issues. This situation remains until another user is specified as the assignee or reporter, the deactivated user is removed as a watcher, or the account is reactivated.
    • A user who voted on any issues in Jira before their account was deactivated will continue to appear as a voter on these issues.
  • Will continue to appear on the Jira user interface with (Inactive) displayed after their name.
  • 引き続き、Jira 検索クエリで課題をフィルタリングするために使用できます。
  • 所属するグループのメンバーであり続けます。

  • 課題の担当者、報告者またはウォッチャーとして残っている場合でも、Jira からのメール通知は送信されません。

ユーザーの削除

We recommend deactivating users instead of deleting them. Check the previous section for more information.

ユーザーを削除する場合は、いくつかの点に注意する必要があります。

  • 外部ユーザー管理を使用している場合は、Jira 内からユーザーを削除することはできません。ただし、ユーザーを非アクティブ化することはできます。

  • You can't delete a user from Jira if they’ve reported any issues, commented on any issues, or been assigned to any issues.

  • ユーザーを削除すると、ユーザーのフィルターとダッシュボードは、他のユーザーと共有されているかどうかにかかわらず、削除されます。

  • 削除しようとしているユーザーが報告したすべての課題や、そのユーザーに割り当てられたすべての課題は、課題ナビゲーターの個々の課題の一覧にそれぞれハイパーリンクされます。 

ユーザーを削除する方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. ユーザー リストで、削除するユーザーを見つけます。ページの一番上にあるフィルターを使用することもできます。
  3. In the Actions column, select Delete user. Jira will check if the selected user has reported any issues, commented on any issues, been assigned to any issues, etc. The relation between the user and other parts of the system may prevent the deletion of the user.

  4. Jira とユーザーの関連付け解除に必要な操作を行います。必要な操作内容はエラー メッセージで確認できます。次のようなものがあります。

    • 該当ユーザーに割り当てられている全ての課題を他のユーザーに割り当てる。

    • ユーザーが作成した課題を一括編集して報告者を別のアクティブなユーザーに変更する。削除しようとしているユーザーが現在クローズされている課題の作成者であり、その課題を再オープンしたくない場合は、クローズされている課題の編集を許可する必要があります。

    • 当該ユーザーが所有する共有ダッシュボードの所有者を変更する。詳細については、ダッシュボードの管理」をご参照ください

    • 該当ユーザーがリードであるプロジェクトのプロジェクト リードを変更する。
  5. 当該ユーザーが課題を割り当てられていない、コメントを作成していない、あるいはこのユーザーによる報告がない場合、確認画面に [削除] ボタンが表示されます。このボタンを選択してユーザーを削除します。

ユーザーの匿名化

ユーザーの匿名化によって、実在の人物として特定可能なデータを非表示または削除できます。ユーザー名や氏名などのユーザーの個人データは、特定できないエイリアスに変更されます。

個人データをシステムから消去するよう依頼された時に、匿名化することもできます。

ユーザーを匿名化する方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. ユーザー リストで、匿名化するユーザーを見つけます。ページの一番上にあるフィルターを使用することもできます。

  3. In the Actions column, select Anonymize user. You'll be redirected to a page with details.

詳細は「ユーザーを匿名化」をご確認ください。

最終更新日 2022 年 9 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.