通知の管理

UPM は、特定のアプリ (アドオン、プラグイン) で管理者によるアクションが必要なイベントや条件が発生すると、管理者に知らせます。たとえば、アプリのバージョン アップデートが利用可能な場合や、アプリのライセンスが失効した場合、通知を生成します。UPM はメールとページ内通知の 2 つの形式で通知を生成します。ページ内通知は、アプリケーションの管理コンソールのすべてのページにドロップダウン リストとして表示されます。 

以降のセクションでは、通知の使用や管理の詳細について説明します。

このページの内容

通知の確認

UPM 管理画面の右上に UPM の通知アイコンが表示されます。これはアプリケーションのメインの管理コンソール ページにも表示されます。アイコンでは未読通知の数を確認できます。

アイコンをクリックして最近の通知メッセージを確認します。

アドオン通知の確認

通知には、アプリのユーザー リクエスト、アプリのインストールまたは削除、利用可能な新しいアップデートなどが含まれます。通常、詳細を確認するために使用できるリンクが含まれます。

ページのボックス以外の任意の場所をクリックして通知ボックスを閉じます。

メール通知の管理

メール通知は既定で有効化されているため、特定のイベントによってシステム管理者向けにメール通知が生成されます。インスタンスの管理アカウントに管理付けられたアドレスにメールが自動的に送信されます。リクエスト機能が有効化されている場合、非管理者も、自身が登録したアプリ リクエストに関連するイベント通知を受け取ります。

この機能は、アトラシアン アプリケーションの送信 SMTP メール サーバーの構成に依存します。サーバーがインスタンス用にセットアップされていない場合、メール通知は動作しません。SMTP メール サーバーのセットアップの詳細については、ご利用のホスト アプリケーションのドキュメントをご確認ください。 

メール通知を生成するイベント

メールを生成するイベントには、受け取るユーザーに応じて次のようなものがあります。

  • 管理者が通知を受信するタイミング
    • ユーザーがアプリをリクエストしたとき (システム管理者のみ)
    • ユーザーがアプリのリクエストを更新したとき (システム管理者のみ)
  • 非管理者が通知を受信するタイミング
    • リクエストされたアプリをシステム管理者がインストールしたとき
    • システム管理者がアプリのリクエストを却下したとき

メール通知の無効化

管理者は UPM 設定のダイアログ ボックスで、非管理者向けのメール通知を含むすべてのメンバー通知を無効化できます。メール通知を無効化するには、次の手順を実行します。

  1. アプリケーションの上部にあるナビゲーション バーで、 > [アドオン] または [アプリを管理] を選択します。
  2. ページの下部で [設定] リンクをクリックします。 
  3. [Email notifications] オプションをクリアします。
  4. [Apply] をクリックして変更を保存し、元のページに戻ります。

非管理者も同様にメール通知を無効化できます。これはそのユーザーへのメール通知の送信を停止し、ほかのユーザーには影響しません。

ユーザーは [新しいアドオンを見つける] または [新しいアプリを見つける] ページで同じ手順を利用できます。



最終更新日 2018 年 9 月 11 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.