データベース インポート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

BMC Remedy や Service Now などの内部またはサードパーティの各システムからデータをインポートすることをお勧めします。この記事では、別のデータベースからデータをインポートする方法を説明します。インポートの詳細についてご確認ください。

データベース インポートを作成して設定するには、Jira 管理者である必要があります。

サポート対象データベース

データベースへの接続には共通フレームワーク (jdbc) を使用しているため、次のような多くのデータベースをサポートしています。

データベースタイプ

ドライバー

Microsoft SQL Server

com.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerDriver

Oracle

oracle.jdbc.OracleDriver

PostgreSQL

org.postgresql.Driver

MySQL

com.mysql.jdbc.Driver

インポート フィールド

インポート タイプを選択したら、その詳細を入力する必要があります。Insight に表示されるフィールドについて、次で説明します。

一般フィールド

次は、すべてのインポート タイプに共通する一般的なフィールドです。

名前

説明

名前インポートの名前。
説明参考用の説明。
連結子

既定の連結子を指定できます。複数のデータ ロケーターを 1 つの Insight 属性に結合する際は、これが既定の連結子になります。たとえば、"姓" と "名" のような 2 つの列を 1 つの属性に結合できます。したがって、"Mathias" (名) と "Edblom" (姓) は、連結子として \s によって "Mathias Edblom" として連結されます。

スペースの連結には \s を入力してください。連結文字を含めるには、その値を二重引用符で囲みます ("\s")。

空の値データ ロケーターが空の際の処理を定義します。インポート時に属性値を削除するか、無視して現在の値をそのままに保持します。
Insight では、データ ロケーターが不明な場合の処理を定義します。これは、"Status" や "Select" などの属性タイプで発生する可能性があります。この値は、オプションとして追加も無視もできます。

インポート ソースの日付フィールドを Insight の日付に変換する際の形式。空のままにすると、Insight で正しい形式が自動で検索されます。
この形式は、Java の SimpleDateFormat のガイドラインに従って指定する必要があります。

インポート ソースの日付/時刻フィールドを Insight の日付に変換する際の形式。空のままにすると、Insight で正しい形式が自動で検索されます。
この形式は、Java の SimpleDateFormat のガイドラインに従って指定する必要があります。

モジュール フィールド

これらのフィールドはインポート タイプ (モジュール) に固有です。

設定

説明

URL

データベース接続 URL。Jira データベースに接続する場合は、Jira_HOME の dbconfig.xml で正しい設定と URL を確認できます。

ドライバー

データベースへの接続に使用するドライバー クラス。

JDBC ドライバー (*.jar) を <Jira_INSTALL>/lib フォルダーに配置します。

lib フォルダーにドライバーを追加後、Jira を必ず再起動してください。

ユーザ名

認証に使用するユーザー名。

パスワード

認証に使用するパスワード。

データベースのパスワードを入力します。

Jira データベースをクエリする場合は、Jira_HOME ディレクトリの dbconfig.xml で正しい設定を確認できます。

スケジュール フィールド

スケジュール フィールドは、データの同期を維持する役割を果たします。

名前説明
同期アカウントデータを Insight に同期する際に使用する Jira ユーザー
cron 式自動同期の間隔。
自動同期インポートを自動で同期するようにスケジュールするかどうか。

事前定義済みの構造と設定

事前定義済みの構造と構成は、このインポート タイプでは利用できません。

作成されたインポート設定

これでインポート設定を表示できるようになりましたが、まだ準備が完了していません。引き続き、オブジェクト タイプと属性のマッピングを作成または確認して、インポート設定に問題がないことを確実にする必要があります。

準備できたら「2. オブジェクト タイプと属性マッピングを作成する」に進みます。

最後に一言

次のステップでは、オブジェクト タイプと属性マッピングを作成します。データベース インポート タイプに固有の設定をいくつか紹介します。

オブジェクト タイプ マッピングの設定

名前

説明

セレクター

データベース インポートのセレクターは SQL クエリです。SQL クエリの構築方法は、データベース タイプによって異なります。

セレクター (SQL 文) の構築方法は、データベース接続の設定方法によって異なります。次に、セットアップ時にこれを正しく設定するガイドとなる例をいくつか示します。

データベースタイプ

Microsoft SQL Server

select * from <database.name>.<schema-name>.Application

<schema-name> は既定で「dbo」のため、例は次のようになります。

select * from dbname.dbo.Application
Oracle

select * from <schema-name>.Application

<schema-name> が "Jiraschema" の場合、クエリは次のようになります。

select * from Jiraschema.Application



PostgreSQL
select * from "Application"
MySQL

select * from Application

Jira データベースをクエリする場合は、Jira_HOME ディレクトリの dbconfig.xmlスキーマ名などの正しい設定を確認できます。

最終更新日 2021 年 9 月 10 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.