課題の詳細の更新

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページの内容:

このページでは、新しい Jira 課題ビューについて説明します。古い課題ビューの詳細については、「課題の編集とコラボレーション」を参照してください。

Jira の課題のフィールドには、組み込みのフィールドとカスタム フィールド (自身で作成したもの) の両方にたくさんの情報を保存できます。担当者、ラベル、優先度および期限などは、課題の解決に向けて、課題をいつどのように進めるかを決定するための重要な要因です。これらの課題の詳細は、課題をあとから分類したり検索したりするのに役立ちます。

基本的な詳細情報の更新

課題の詳細は、課題を開いて更新したいフィールドをクリックするだけで更新できます。いくtかのショートカットを利用できます。また、クリックまたはタップでフィールドから離れると入力内容は保存されるため (Escape を押して変更を破棄した場合を除く)、課題の詳細を編集する際に保存を押す必要はありません。

tip/resting Created with Sketch.

課題を自分自身に素早く割り当てるには、課題を選択して i を押します。担当者フィールドを素早く開いて課題を別のユーザーに割り当てるには、a を押します。

課題タイプの変更

課題を作成した後でタイプを変更する (例: タスク → バグ) 場合、課題の左上にある課題タイプ記号をクリックし、新しい課題タイプを選択します。

tip/resting Created with Sketch.

課題に加えられた変更の履歴を表示するには、課題の一番下にある [コメント] ドロップダウン メニューをクリックして [履歴] を選択します。

時間の記録と追跡

Jira にはタイム トラッキング機能が搭載されており、管理者やチームは課題にかかった時間を記録したり、その情報をレポートや計画に使用したりできます。

時間を記録するには、次の手順を実行します。

  1. [•••] > [作業のログ] を選択します (または [時間追跡] フィールドをクリック)
  2. 消費時間を入力し、作業を開始した時間を選択したら、必要に応じてその他のフィールドに入力します。
  3. 保存を選択します。

tip/resting Created with Sketch.

管理者やチームがタイム トラッキングを常に使用している場合、タイム トラッキングを常に表示するように課題のレイアウトを設定できます。

  1. タイム トラッキング パネル: その時点で記録された時間と、残り時間を表示します。パネル内の任意の場所をクリックして時間を記録できます。

チャット ルームへの参加やサポート チケットの確認などを Glance で行う

グランスを使用すると、Atlassian Marketplace のアプリを使用して、既存のソースの情報の確認や、機能の追加を行えます。例えば、課題アクションを自動化 (課題が解決した際にすべての関連課題にコメントするなど) したり、期日を見逃さないようにリマインダーを追加したりできます。

tip/resting Created with Sketch.

従来の課題ビューでフィールド タブを構成している場合、それらのフィールドは Glance で表示されます。

Glance は課題の詳細の [表示件数を増やす] の上に表示されます。

いずれかの Glance を選択して開き、そのアプリやアプリのアクティビティの詳細情報を確認します。

プライマリ フィールドとセカンダリ フィールド

あるフィールドやそこに含まれる情報が他の情報よりも重要で、そのフィールドをほかのものよりも頻繁に更新する場合があります。重要な情報を常に表示し、他の情報は強調せずに表示するように課題のレイアウトを設定できます。

  1. 課題フィールド: このセクションの上部の、[表示件数を増やす] リンクの上にプライマリ フィールドが表示されます。
  2. 表示件数を増やす: セカンダリ フィールドが空の場合、このリンク内に格納されます。値がある場合は、[表示件数を増やす] の上に表示されます。

最終更新日: 2019 年 2 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.