ヒントとコツ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

好きな方法で課題を整理する

Jira Core is a powerful tool for managing your team's work. But not all teams are the same. Marketing teams do things their way and operations teams do things another way. Jira Core allows you to customize things your way.

一部のカスタマイズはグローバルのものであり、他のプロジェクトで作業しているチームにも影響を与える可能性があります。変更を加える前に、Jira Core 管理者に相談していただくことをおすすめします。

プロジェクトのセットアップがまだ完了していない場合

Jira Core を初めて使う場合、Jira Core 管理者はチームが作業を開始する前にいくつかの設定を行う必要があります。Jira 管理者はこのチュートリアルを使用したり、「Jira Cloud 製品の管理」ドキュメントを参照して、主要な構成を確認できます。

プロジェクト管理者も (特に Jira Core 管理者ではない場合)、いくつかのセットアップを行う必要があります。プロジェクト管理者の場合、「プロジェクト管理者として作業を開始する」をご覧ください。

チームの作業を作成する

Jira Corenbsp1は、いつでも課題に タスクまたはカード) 1 人のユーザーのみ割り当てられるよう作られています。このことは、ほとんどのチームには最適ですが、一部のチームでは異なる動作をする場合があります。 

ボードからすばやく課題を作成する

ボードからプロジェクトに複数の課題を迅速に追加することができます。このためには、左側のボード列の + 作成を選択し、概要を入力して保存します。作成する課題に必須フィールドがある場合は、+ 作成をクリックすると、作成ダイアログが表示されることに注意してください。

1 人以上のユーザーを課題に割り当てる

複数のユーザーが 1 つの課題で作業できるようにするには、2 つの方法があります。

サブタスクを使用する (最も簡単な方法)

課題内でサブタスクを作成し、それを別のユーザーに割り当てることができます。これは、ユーザーが自分たち担当箇所を同時に作業する場合に適しています。「課題とサブタスクを作成する」参照してください。

ユーザー ピッカー (やや難しい方法)

「ユーザー ピッカー」と呼ばれる課題でカスタム フィールドを追加すると、他のユーザーをその課題に追加できます。主要担当者は引き続き 1 人ですが、他のチーム メンバーも追加できます。「カスタムフィールドの設定」を参照してください。

課題をチームに割り当てる

チーム全体 (「開発者」) に課題を割り当てたい場合は、新しい「ユーザー」を作成してグループを表す必要があります。

  1. グループを表す新しいユーザーを作成します。「プロジェクトにユーザーを追加」を参照します。
  2. このユーザーに割り当てられたすべての課題を表示するダッシュボード ページを作成し、ダッシュボードをチームの残りのメンバーと共有します。「ダッシュボードを設定する」を参照してください。
  3. (オプション) ビジネスの既定メール プログラムでこのグループのメール メーリング リスト を作成し、メーリング リストのメールを Jira Core ユーザーのメールアドレスとして設定します。新しい作業のリスト内の全員に通知されます。

これは小さなチームに適していますが、だれが何の作業を行っているかをより詳細にコントロールする必要がある場合には適していません。

キューを使用して作業を管理する

チームが未割当の作業のリストから課題をピックアップするようにしたい場合は、これを行うようにプロジェクトを構成できます。

最初に、Jira Core 管理者は以下を確認する必要があります。

  • プロジェクトでは、「既定の担当者」を「未割り当て」にすることができます。
  • 一般設定で [未割り当て課題を許可] がオンになっている。
    1. Jira アイコン ( または ) > [Jira 設定] を選択します。
    2. Select System > General configuration.
    3. Look for Allow unassigned issues.

これらの条件を満たしたら、すべての未割り当て課題を表示するフィルターを使用するダッシュボード ページを作成します。各チーム メンバーは、ページを表示し、新しい作業の準備が整ったら課題を自分自身に割り当てます。

チームを特定の課題タイプと関連付ける

If you need a team of people to be responsible for a specific issue type, for example, only your graphic designers work on issues of the type 'asset', you can make this association.

  1. Add a custom field called 'group picker' to your issues. See Configuring custom fields in the Jira Administration pages.
  2. 割り当てることができるグループのリストでフィールドを設定します (例: グラフィック デザイナー、コピーライター、および Web 開発者など)。
  3. 誰かが課題を作成すると、その人物は新しいフィールドでグループを選択する必要があります。
  4. メール通知をセットアップし、グループ ピッカーの値に基づいて課題がグループに割り当てられたときに、各グループのメンバーに通知が送信されるようにします。

誰かが課題を作成すると、その人物は新しいフィールドでグループを選択する必要があります。

これで、グループ ピッカー内の適切なグループを選択することでグループに課題を「割り当てる」ことができます。メール通知はグループに送信されます。

(info)もう 1 つのオプションは、グループ ピッカーではなくユーザー ピッカー カスタムフィールドを追加して、複数のユーザーを1つの課題に割り当てることです。しかしこれを行うと、担当者として Jira Core の既定ユーザー フィールドとカスタム ユーザー フィールドの両方が存在することになります。

カスタム課題を設定する

 

希望する情報のみを表示するよう課題をカスタマイズする

課題とは、Jira Core 内で実行する作業を表します。課題の作成は、作業を説明するフォームを作成する場合と似ています。他のフォームと同じように、課題をカスタマイズして必要な情報のみを含めることができます。たとえば、ある作業に期日を定めたいけれども、時間の見積もりは不要な場合があります。

課題をカスタマイズするには、Jira Core 管理者である必要があります。詳細については、「プロジェクトで課題をカスタマイズする」を参照してください。

課題をグループ化して管理しやすくする

よくある要件として、特定の種類の作業や関連するタスクのセットをまとめて管理したいというものがあります。これはいくつかの方法で実行できます。

コンポーネント

コンポーネントとは定義可能なラベルで、作業項目を識別するために使用します。これによって、作業項目をまとめて表示および追跡できます。コンポーネントは、作業タイプ (グラフィック デザイン)、テーマ (忘年会)、またはサブプロジェクト (従業員受け入れプログラムの更新) など、あらゆるものにすることができます。「コンポーネントの管理」を参照してください。

バージョン

バージョンを使用すると、定義済みのタイムフレーム内で作業を管理できます。たとえば、公開日に向けて作業している場合、バージョンを作成し、そのバージョンの公開前に必要なすべてのタスクを割り当てることができます。「バージョンの管理」を参照してください。

セキュリティ上の理由で課題を非表示にする

管理するデータの中には、機密性が高く、強力なセキュリティを必要とするものもあります。Jira Core では、課題内の特定のフィールドではなく、課題のセキュリティ レベルをコントロールすることができます。「課題レベルセキュリティを設定する」を参照してください。


課題を一度探すだけで、毎回見つかる

作業対象の検索に使う時間を節約できます。

Jira Core は、検索フィルターを保存してもう一度使用できる、強力な検索機能を提供します。たとえば、特定のバージョンで自分に割り当てられた課題を表示したい場合、検索フィルターでこれを行うことができます。

さらに、これらのフィルターをチームで共有して、すべてのメンバーが同じ情報を見られるようにすることも可能です。

課題をコピーして時間を節約する

同じフィールド設定や基本情報を含む複数の課題を作成する必要がある場合、課題を何度も作り直さずに、複製することができます。複製したい課題を開いて、••• > [複製] を選択します。プロンプトに従って課題を複製します。


実際の進捗状況を反映させる

 

課題の進捗方法を変更する

Jira Core は、チーム内で実際に発生したプロセスを反映するようにセットアップできます。そのため、1 つの作業が承認またはレビューされたかどうかを把握することが重要な場合、このプロセスをマップするように Jira Core をセットアップできます。これらのプロセスはワークフローと呼ばれ、作業を管理するための鍵となります。

Jira Core に付属する既定のワークフローは、TO DO、進行中、および完了のステータスを含みます。必要に応じて、レビュー ステップ、承認ゲートなどのあらゆるステータスを追加できます。課題をあるステータスから別のステータスへ進めるときに、特定のイベントをトリガーさせることもできます (誰かに通知する、担当者を変更するなど)。

必要なワークフローを構築する方法」を参照してください。


すべてを一か所で確認する

 

ダッシュボードを使用して優れた表示を実現する

ダッシュボードを使用します。Jira Core には様々なガジェットが用意されており、好きなように情報を表示できます。ダッシュボードにこれらのガジェットを追加して、ダッシュボードを Jira Core のホームページにすることができます。


ボードを使用してコントロールを向上させる

ボードを使用すると、Jira Core 内のすべての作業を一か所で視覚化できます。詳細は、「ボードの操作」を参照してください。

後で見つけたいものにラベルを付ける

ラベルを使用すると、作業を素早く簡単にタグ付けし、後からもう一度見つけたり、同様の作業と関連付けすることができます。事前に定義されているコンポーネントとは異なり、ラベルはその場で作成して、作業の特徴を識別することができます。

多数の機能を整理する場合、イベント管理に関連するものに「イベント」、同様に「財務」および「年末」などのラベルを付けることができます。後で、これらのラベルを使用して、すべての財務イベント、年末のイベントなどを検索できます。

なお、ラベルの使用に関する組織のポリシーについて、プロジェクト管理者に確認することをおすすめします。一部の組織ではプロセスの一環として使用するため、このフィールドの使用方法に関してポリシーが設定されている場合があります。

最終更新日 2020 年 1 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.