プロジェクトの課題をカスタマイズする

課題とは、プロジェクトで完了する必要がある作業のパッケージです。課題は課題フィールドで構成され、課題フィールドには課題のデータが含まれます。このデータは大変重要です。課題の定義に役立ち、概要、説明、期日、いつどこで作業が必要かなど、課題に関する重要な情報を持ちます。Jira Core では、チームの需要に合わせてこれらのフィールドの設定や挙動を変更し、カスタマイズできます。

以下のことが可能です。

  • フィールドの挙動を変更する (フィールドの説明の変更、フィールドの表示/非表示、フィールドの必須/任意等)
  • 既定値が割り当てられたフィールドに任意の値を設定する (例: 解決状況やステータス)
  • 新しいカスタム フィールドを作成する
  • フィールドに異なるレンダラーを設定する
  • 画面上にフィールドを配置する
  • 課題の表示または課題の編集画面での各課題操作、または課題の解決または課題のクローズのワークフロー トランジションで表示する画面を選択する

課題のカスタマイズがチームに与える利点の簡単な例のひとつが、課題を作成した際にフィールドを「必須」に設定できる点です。これにより、課題に取り組んで解決するために必要な情報を、常に確実に取得することができます。これを画面の上部に必須フィールドを表示することと組み合わせ、さらに不要なフィールドを非表示にすることで、ユーザーは課題を確認し、必須フィールドを素早く入力することができます。

課題をカスタマイズするには、Jira 管理者である必要があります。詳細な情報については、Jira 管理者ドキュメントの「課題の構成」を参照してください。

現在ボードやバックログにリリースしている新しい Jira 課題ビューで表示するフィールドは、[課題の表示] 画面構成を使用します。

  1. プロジェクトのサイドバーから、[プロジェクト設定] > [画面] を選択します。
  2. 適切な画面スキームを選択します。
  3. [課題の表示] 画面を選択して構成します。

現在、新しい課題ビューでフィールドの順番を設定することはできません。

最終更新日: 2019 年 2 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.