Confluence のスペースをインポートする

Confluence Server バージョン 6.13 以前からインポートする場合、スペース インポートは動作しません

問題を回避するため、サーバーからクラウドへのすべてのインポートで Confluence Cloud Migration Assistant を使用することをおすすめします。Migration Assistant は、Confluence Server バージョン 5.10 以降で使用できます。

このドキュメントでは、Confluence のサイト全体ではなくスペースをインポートするための手順についてご案内しています。Confluence Cloud のスペースを既存のクラウド サイトに移行したい場合、以降の手順をご利用ください。

Confluence Server の 1 つのスペースをクラウドに移行する場合、「Confluence Cloud Migration Assistant」をご参照ください。

このページでは、"元の Confluence サイト" もしくは "元のサイト" という単語を、Confluence Cloud インスタンスの情報のコピー元を意味するものとして使用します。

始める前に

Confluence サイトで Jira も利用している場合

Jira プロジェクトにスペースをリンクする 

スペースをインポートする際に、インポート画面の [Cloud プロジェクトへのリンク] ドロップダウンからプロジェクトを選択すると、Jira プロジェクトに Confluence スペースをリンクできます。

Jiraプロジェクトを同時にインポートまたは移行したい場合 

Confluence スペースにリンクされている Jira プロジェクトを同時にインポートもしくは移行したい場合、Confluence スペースをインポートする前に Jira インポートを完了する必要があります。これにより、Confluence が新しいロケーションから Jira データを取得し、Jira マクロを更新できます。

スペース キーの変更

Confluence でスペース キーを変更することはできません。別のスペース キーを持つことが必須な場合、別のキーを使用して新しいスペースを作成し、ページをそのスペースへ移動させてから、新しいスペースをインポートします。


スペースのインポートでは、既存のスペースの上書きは行いません。したがって、移行先の Confluence インスタンスが、インポートしようとしているスペースと同じスペース キーを持っている場合、Confluence はそのスペースをインポートできません。

ステップ 1. 元の Confluence Cloud サイトからスペースの内容をエクスポートする

コピーしたいスペースをエクスポートします。

  1. 元のサイトに行き、スペースを選択します。
  2. サイドバーでスペース名をクリックして歯車アイコン () を選択します。
  3. [コンテンツ ツール] > [エクスポート] を選択します。
    (info) このオプションは "スペースのエクスポート" 権限を持っている場合に表示されます。
  4. [XML] を選択し、[次へ] をクリックします。

詳細な手順については、「Word、PDF、HTML、XML にコンテンツをエクスポートする」をご覧ください。


スペースの XML エクスポートのダウンロードに Mac を使用している場合、OS X は、バックアップを解凍し、ダウンロード フォルダには解凍したフォルダを配置し、zip 形式のバックアップをゴミ箱に保存することにご注意ください。この場合、Confluence にインポートをする zip ファイルをゴミ箱から取り出す必要があります。

圧縮されていないフォルダをアップロードしようとした場合や、Mac でフォルダを再圧縮しようとした場合、インポートに失敗し、Confluence で exportDescriptor.properties ファイルを見つけられない旨のエラーが表示されます。

ステップ 2. 宛先サイトにスペース コンテンツをインポートする

  1. Confluence Cloud サイトにログインします。
  2. Confluence サイドバーで、[設定] を選択します。
  3. 左側のナビゲーション バーの [管理] の下にある [スペースのインポート] を選択します。
  4. [参照] ボタンを利用してファイルを指定します。
    Jira Cloud を使用している場合、このスペースにリンクしたい Jira プロジェクトを指定できます。
  5. [インポート] を選択します。

複数のスペースをインポートする場合、最初のインポートが完了した後、[別のスペースをインポート] をクリックし、すべてのスペースのインポートが完了するまで操作を繰り返し行うことができます。

すべてのスペースをインポートしたら、[次のステップ] をクリックします。これによってJira マクロの修復が行われ、インスタンス上の Jira マクロの検索と修正が行われます。 

スペース インポートについての注意

  • ユーザー: 上記の手順ではユーザー アカウントはインポートされません。「G Suite との統合」を参照してください。
  • グループとパーミッション – 上記の手順では、元の Confluence サイト内で特定のスペース権限が付与されているグループがある場合、それらはインポートされません。つまり、これらのグループに制限されているページがある場合、移行先のサイトでそのグループを再作成しない限り、それらのページを参照することはできません。 
  • ドキュメント テーマを持つスペースのインポート- ドキュメント テーマを利用していたスペースをエクスポートした場合は、テーマで行った可能性のあるすべての wiki マークアップのカスタマイズを記録しておくことをおすすめします。これらはスペースのインポート時にデフォルト テーマに自動的に適用されません。
最終更新日 2019 年 8 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.