Bitbucket Server 4.11 リリース ノート

2016 年 11 月 8 日

以前のバージョンからアップグレードする場合は、Bitbucket Server アップグレード ガイドをご確認ください。また、Bitbucket Server のサポート終了のお知らせと、API 変更履歴に記載されている変更点もご確認ください。

Bitbucket 4.11 の変更履歴は、このページの下部で参照できます。

Bitbucket Server 4.11 を試す

See what's changed since your last review with iterative review

When a pull request is updated, Bitbucket Server will show you what has changed since you last reviewed it.

For reviewers, this means no more hunting through files for edits or re-reviewing code you've already seen. Upon returning to the updated review, Bitbucket Server will automatically display the number of commits since your last review and a corresponding diff. This allows you to comment on only those unreviewed commits. 

For authors, getting that second review after you've incorporated feedback is less painful. So you can merge your changes with confidence that each change was reviewed.

You can read all about conducting code reviews with pull requests on the page Reviewing a pull request.

Adaptive throttling of SCM hosting operations

Bitbucket Server 4.11 introduced a new throttling approach for SCM hosting operations that adapts to the stress the machine is under, referred to as adaptive throttling. With adaptive throttling, Bitbucket examines the total physical memory on the machine and determines a maximum ticket number that the machine can safely support given an estimate of how much memory a hosting operation consumes, how much memory BBS needs, and how much search needs. The default minimum (1 ticket per CPU core) and maximum (12 tickets per CPU core) of the ticket range can be changed.

アダプティブ リソース スロットリングの他の特長には次のようなものがあります。

  • 現在の CPU 使用率とターゲット CPU 使用率 (既定では 75 % の CPU 使用率) との間の差異に基づいて幅広いチケット値を許可。これは変更できます。
  • 5 秒ごとに CPU 使用率の再サンプリングを行い、範囲内でサポート可能なチケット数を再計算。
  • CPU 使用率の読み取りはスムージングされるため、最適なチケット数が CPU スパイクによって必要以上に素早く変更されることはない。 

Read about the new adaptive throttling properties on the Bitbucket Server config properties page, or read all about Scaling Bitbucket Server

Accessibility is important - Bitbucket Server VPAT compliance

Making our products and services accessible to all individuals is part of Atlassian's company values. We're auditing our products to ensure they are compliant with Section 508 and WCAG 2.0 AA.

Bitbucket Server has been reviewed in accordance to the Section 508 accessibility standards. You can read all about the evaluation on the page Bitbucket Server VPAT for Section 508 compliance

変更履歴

このセクションには、Bitbucket Server 4.11 のマイナー リリースの公開後、それらの情報が追記されます。このリリースは、アクティブな Bitbucket Server ソフトウェア メンテナンスをお持ちのすべてのユーザーが無料で利用できます。

Bitbucket Server を以前のバージョン (または Stash) からアップグレードする場合は、Bitbucket Server アップグレードガイドを確認してください。

以下に Bitbucket Server 4.11.x リリースで解決済みのすべての課題の概要を、投票数の多い順に記載しています。

2016 年 11 月 30 日 - Bitbucket Server 4.11.2

T キー 要約
Loading...
Refresh

2016 年 11 月 17 日 - Bitbucket Server 4.11.1

T キー 要約
Loading...
Refresh

2016 年 11 月 8 日 - Bitbucket Server 4.11.0

T キー 要約
Loading...
Refresh

最終更新日 2016 年 11 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.