Bitbucket で Git LFS を使用する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Bitbucket Cloud は、大容量ファイルの処理を高速化する、Git の Large File Storage (LFS) 拡張機能をサポートします。この機能では、Git リポジトリ内の大容量ファイルをテキスト ポインタ ファイルで置き換えます。大容量ファイルはリモート サーバに保存され、ポインタはそれを示します。詳細については、「Bitbucket での Git Large File Storage」をご参照ください。

このページでは、Git LFS の使用を開始するための手順を説明しています。

このページに記載されたステップを完了したら、通常の操作と同様に、Git とリポジトリで作業を続行できます。LFS ファイル処理は自動的に行われるため、特別なアクションは不要です。

Git LFS の検証時は、Bitbucket に新しいリポジトリを用意することをおすすめします。これは、既存のリポジトリのコピーでもかまいません。本番環境で使用しているリポジトリを LFS の検証に使用しないようにしてください。

1. 新しいリポジトリの作成とクローン 

Bitbucket で自身のアカウントにアクセスし、通常の手順で新しいリポジトリを作成してクローンします。

Bitbucket で Git LFS を検証する際は、本番環境やプロジェクトのリポジトリで予期しない結果が発生することを防ぐために、新しいリポジトリを使用することをおすすめします。

 

2. Git LFS クライアントのローカルへのインストール

Git LFS を使用するすべてのユーザーが、ローカル マシンにクライアントをインストールする必要があります。この操作は一度のみ行います。

Check that you have Git 1.8.2 or later using the git --version command.

Git LFS クライアントをインストールします。

  • For Linux and Mac OS X, use a package manager to install git-lfs, or download from here
  • Windows の場合、インストーラをここからダウンロードして実行します。 

ターミナルまたはコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

git lfs install

This adds LFS filters to the .gitconfig file in your home directory, so they are available for all your repos. You could run git lfs install --local if you only want to use LFS with a particular repo.

 

3. Git LFS ファイルのトラッキングをローカルにセットアップする

Git LFS を使用する各リポジトリでトラッキングをセットアップする必要があります。

ローカル マシンで次の操作を行います。

  1. Git LFS を使用したいリポジトリにディレクトリを切り替えて、次のコマンドを実行します。

    git lfs track '<pattern>'

    The <pattern> can be used to match:

    • A folder path, or paths, such as "path/to/some/folders/*"

    • Particular file names, or file types, such as bckgrnd.bin, "*.psd" or "*.*". Note that it's important to use quotes around wildcards, to stop your shell from expanding those.

    You can add multiple patterns. Use the git lfs track command without arguments to see all the patterns being tracked. The patterns are added to the .gitattributes file for the repo. 

  2. Commit and push the changes to .gitattributes in the usual way:

    git add .gitattributes
    git commit -m "add Git LFS to the repo"
    git push origin master

    変更をプッシュすると、リポジトリをクローンしたすべてのユーザーにトラッキング パターンが適用されます。トラッキングを変更した場合はこの手順を行うことをおすすめします。

 

4. LFS ファイルの Bitbucket へのプッシュ

Now you can add files with file names that match the <pattern> and they will automatically be handled by LFS:

git add <someLFSfilename>
git commit -m "Add LFS file"
git push origin master

 

詳しく知りたい場合、Git LFS と使用方法についての詳細なチュートリアルをご参照ください。 

 

最終更新日 2016 年 11 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.