Bitbucket での Git LFS のトラブルシューティング

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Bitbucket Cloud では、大容量ファイルの処理を高速化する、Git の Large File Storage (LFS) 拡張機能をサポートします。この機能では、Git リポジトリ内の大容量ファイルをテキスト ポインタ ファイルで置き換えます。大容量ファイルはリモート サーバに保存され、ポインタはそれを示します。

詳細については、「Bitbucket での Git Large File Storage」をご参照ください。

このページでは、Bitbucket で Git LFS を使用する際に発生する可能性がある問題のトラブルシューティング方法について説明します。


一般的なチェックリスト


1. ローカル マシンに Git LFS クライアントをインストール済みですか?

リポジトリで作業に取り組む各ユーザーは、ローカル マシンに Git LFS クライアントをインストール済みである必要があります。

手順については「Bitbucket で Git LFS を使用する」をご参照ください。

2. Git LFS のファイル トラッキングのセットアップと、.gitattributes ファイルのリポジトリへのプッシュは完了していますか?

The repository needs to have had file tracking set up, and the updated .gitattributes file should have been pushed to the repo.

Other people who subsequently work with the repository should see that .gitattributes file in their local clone of the repo.

手順については「Bitbucket で Git LFS を使用する」をご参照ください。

3. Bitbucket アカウントのストレージが十分であることを確認しましたか?

Bitbucket では、アカウントのストレージ制限が超過されている場合、LFS ファイルのリポジトリへのプッシュが制限されます。

アカウントで現在使用しているストレージ量を確認するには、Bitbucket のアバター メニューから [設定] > [Git LFS] を選択します。

詳細については「Bitbucket での Git LFS でのストレージ ポリシー」をご参照ください。

Git LFS での個別のエラーについて

Git LFS ファイルが見つからない

リポジトリ内に LFS ポインタ ファイルが存在しているが、リモート ストレージ内に宛先ファイルが見つからない。

Bitbucket では次のような "File missing" メッセージが表示されます。

ターミナルでは次のような 404 メッセージが表示される場合があります。

Git LFS: (0 of 1 files, 1 skipped) 0 B / 1024 B, 1024 B skipped                                  
[404] Object does not exist on the server
[ee62792aacdfe08a6f5437...8dc4eb6973d86c74c1a273] Object does not exist on the server
考えられる原因
可能な処置
ファイル ストレージのサーバーがダウンしている 後でもう一度試行します。
ファイルが適切にアップロードされなかった。これは、ファイルをアップロードしたときに Git LFS が適切に構成されていなかったときに発生する場合があります。

If you have access to the original file, try uploading it again. For example, restoring data.bin can be done by:

$ cp <source> data.bin
$ git add data.bin
$ git lfs push <remote> <branch> --all
$ git checkout data.bin

元のファイルにアクセスできない場合、ユーザー側で対応することはできません。

トップに戻る

Git LFS ファイルを Bitbucket にプッシュするときのエラー

大容量の Git LFS ファイルを Bitbucket.org にプッシュすると、タイムアウトが発生して失敗した。

ターミナルでは次のようなメッセージが表示される場合があります。

Git LFS: (0 of 1 files) 1.60 GB / 1.60 GB
http: Put https://media-api.atlassian.io/upload/7cd73528-28e4-4c45-92a5-e6ddbf52a75e/binary?hashAlgorithm=sha2...: EOF
error: failed to push some refs to 'git@bitbucket.org:account/some_repo.git'
考えられる原因
可能な処置
特に大容量のファイル (複数ギガバイトのサイズ) をプッシュしてタイム アウトが発生している。

Atlassian の Bitbucket LFS Media Adapter をダウンロードして利用できます。

利点

  • Bitbucket LFS Media Adapter は、巨大なバイナリ ファイルを 1 度でアップロードしようとするのではなく、ファイルを 4 MB に分割します。この 4 MB の単位がアップロードされます。
  • これにより、アップロード / ダウンロードが再開可能な処理になるほか、重複排除を利用できます (変更した単位のみをアップロード)。
  後でもう一度試行します。

トップに戻る

SSH を使用して巨大なファイルや多数のファイルを Git LFS にプッシュするときのエラー

SSH を使用して巨大なファイルや多数のファイルを Git LFS にプッシュすると、タイム アウトが発生して失敗する。

ターミナルでは次のようなメッセージが表示される場合があります。

Git LFS: (0 of 1 files) 1.60 GB / 1.60 GB
http: Put https://media-api.atlassian.io/upload/7cd73528-28e4-4c45-92a5-e6ddbf52a75e/binary?hashAlgorithm=sha2...: EOF
error: failed to push some refs to 'git@bitbucket.org:account/some_repo.git'
考えられる原因
可能な処置
SSH でのタイム アウトとプッシュの失敗 巨大なファイルや多数のファイルの Git LFS へのプッシュに SSH を使用するのではなく、HTTPS を使用します。巨大なファイルや多数のファイルを Git LFS でプッシュする場合、HTTPS を使用することをおすすめします。

トップに戻る

最終更新日: 2016 年 9 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.