Bitbucket での Git LFS のストレージ ポリシー

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問




各 Bitbucket Clouud 料金プランには一定の Git LFS ファイル ストレージが付属しますが、追加ストレージを購入することができます。

料金プランごとに利用できるストレージ量について 

Bitbucket のユーザー層に応じて次のようにストレージが割り当てられます。

アカウント プラン ストレージ制限
無料 (最大 5 ユーザー) 1GB
アカウント 5 GB
スタンダード (5 ユーザー以上) 5 GB
プレミアム (5 ユーザー以上) 10GB

利用可能なストレージを確認するには、Bitbucket のアカウント メニューで [設定] > [Git LFS] に移動します。

Bitbucket Cloud にプッシュできる LFS のファイル サイズに制限はありません。

Git LFS 用追加ストレージの料金について

チームまたはアカウントのリポジトリにプッシュしたユーザーが利用可能なストレージを使い果たした場合、100 GB 単位で追加ストレージを購入できます。プランに含まれるストレージ量を使用量が超える場合、次の表のようにストレージが自動で追加されます。

追加内容 価格
ファイル ストレージ 100 GB 月額料金に $10 が加算されます。

Bitbucket の新しい料金モデルの詳細については、こちらをご確認ください。追加ストレージの詳細については、請求の FAQ をご参照ください。

アカウントで LFS 領域を再取得する方法について

アカウントで LFS 領域を再取得するには、リポジトリから Git LFS ファイルを削除する方法をご確認ください。

Acceptable Use Policy について

Atlassian の Acceptable Use Policy は、Bitbucket.org を含む、Atlassian が所有または運用するすべての Web サイトに適用さます。これは基本的に、ユーザーやチームの日々の作業の最大化のための Atlassian による支援について説明しています。

詳細については Acceptable Use Policy をご参照ください。

最終更新日 2018 年 4 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.