Set repository privacy and forking options

When you create a Bitbucket Cloud repository, you specify whether it's private or public. If your repository is public, anyone can access and fork it. If your repository is private, you can specify who exactly can access your repository and whether they can fork it.

You can set your Bitbucket repository, wiki, and issue tracker as private or public, independently of each other. For example, you can hide your code from the world by setting your repository as private, but let people see your documentation and issues by marking your wiki and issue tracker as public. Or you could set your repository and wiki as public but keep your issue tracker private. For more details, see Make the tracker private or public and Make a wiki private or public.

Set repository privacy status

A private repository is visible only to users who have permission to see it. A public repository is visible to everyone. 

  1. From the repository, click Settings in the sidebar.
  2. Locate Access level on the Repository details page. Add or remove the checkmark from This is a private repository based on your preferred privacy status.
  3. Click Save repository details.

Set forking permissions

フォーク権限では、ユーザーがリポジトリをフォークできるかどうか、およびその方法を指定できます。公開リポジトリは公開フォークを許可するため、フォークを制限するにはリポジトリを非公開にする必要があります。

  1. リポジトリのサイドバーから、[設定] をクリックします。
  2. [リポジトリの詳細] ページに [フォーク] オプションが表示されない場合は、[これは非公開のリポジトリです] を選択します。
  3. [フォーク] ドロップダウンから、次のオプションのいずれかを選択します。
    • フォークを許可 - ユーザーはリポジトリをフォークできます。フォークしたリポジトリは公開されます。
    • プライベート フォークのみを許可 - ユーザーはリポジトリをフォークできます。フォークしたリポジトリは非公開になります。
    • フォーク不可 - ユーザーはリポジトリをフォークできません。
  4. [リポジトリの詳細の保存] をクリックします。
最終更新日 2018 年 5 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.