既存のコミットをユーザー名エイリアスにマッピングする

誰かがローカルでコミットし、それらをリポジトリにプッシュした場合、プッシュに関連付けられるユーザー アカウントはコミット データによって決定します。ただし、Bitbucket Cloud は次のような場合、リポジトリの [コミット] 一覧のリポジトリでユーザーのコミットをマッピングできません。1) コミットを実行したユーザーが DVCS ユーザー名を設定しておらず、メール アドレスを検証していない。2) ユーザーが Bitbucket のプライマリ メール アドレスを変更したが、DVCS 構成ファイル内のメール アドレスは変更していないアバターまたはユーザー名にカーソルを合わせると、「作成者は Bitbucket ユーザーにマップされていません」というメッセージが表示され、コミットがマッピングされていないことがわかります。

リポジトリ管理者は、マッピングされていない既存のメール エイリアスを、[ユーザー名エイリアス] ページでユーザー アカウントにマッピングできます。

ユーザー名エイリアス

ユーザー名のエイリアスをリポジトリに追加すると、そのリポジトリにのみ適用され、他のリポジトリはそのエイリアスを共有しません。マッピングされていない同じエイリアスをユーザーが複数のリポジトリにコミットした場合、それらのリポジトリにも追加する必要があります。

Because username aliases are case sensitive, add all cases that appear differently. For example, if commits include the email addresses of foo@bar.com and FOO@BAR.COM, you must create two separate aliases.

リポジトリにエイリアスを追加する

リポジトリにメール エイリアスを追加するにはまず、ユーザー情報を見つける必要があります。

  1. リポジトリの [コミット] 一覧から、そのユーザーがプッシュしたコミットをクリックします。
  2. コミット ページから、[raw コミットを表示] をクリックします。
    raw コミット文字列が表示されます。
  3. [From] 行を検索し、ユーザー情報をコピーします。

ユーザー情報を入手したら、それを Bitbucket のリポジトリに追加できます。

リポジトリの管理者アクセス権限を持つユーザーのみが、ユーザー名エイリアスを追加できます。

  1. リポジトリから、[設定] に進みます。
  2. [ユーザー名のエイリアス] をクリックします。
  3. [ユーザー] 列から、コミットをプッシュするユーザーに関連付けたいユーザー アカウントを検索します。
  4. [エイリアス] 列で、raw コミットからコピーしたユーザー情報を貼り付けます。
  5. 追加をクリックします。

[コミット] 一覧に戻ると、マッピングされたユーザー アカウントがコミットの横に表示されていることがわかります。

最終更新日 2018 年 5 月 17 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.