リポジトリ所有権を譲渡する

リポジトリの管理権限を持っている場合は、リポジトリの所有権を別のチームや個人アカウントに変更または譲渡できます。譲渡を完了するには、新しいアカウント所有者がリポジトリの譲渡を承認する必要があります。リポジトリを譲渡すると、そのリポジトリに関連付けられているコミット履歴、課題トラッカー、および wiki も譲渡されます。

譲渡が承認されると、Bitbucket Cloud は Bitbucket 上のすべてのリポジトリ URL を新しい所有者のアカウント名で自動的に更新します。

Bitbucket 上のリポジトリ URL が変わるため、自身 (およびローカルでアクセスするすべてのユーザー) で、新しい URL を参照できるようローカルで URL を変更する必要があります。または、リポジトリを再クローンできます。

譲渡されたリポジトリは、すべてのアクセス グループを失い、譲渡先のアカウントの既定のアクセス グループを継承しません。譲渡後のリポジトリでこれらを設定する必要があります。

リポジトリを譲渡する

開始する前に、リポジトリの譲渡先となるユーザーを確認しておく必要があります。

  1. 譲渡したいリポジトリで、左側のメニューの [設定] をクリックします。
  2. [リポジトリの詳細] ページで下にスクロールすると、[リポジトリの譲渡または削除] が表示されます。[リポジトリの譲渡] をクリックし、[リポジトリの譲渡] ウィンドウを開きます。
  3. リポジトリの譲渡先となる個人のユーザー名、またはチーム ID を [所有者] に入力します。
  4. [転送] を押します。

Bitbucket により、新しい所有者またはチーム管理者に、譲渡リクエストと譲渡を承認または却下できるページへのリンクを含むメールが送信されます。アカウント所有者が 2 つ以上のアカウントの管理アクセス権を持っている場合、それらのアカウントのいずれかにリポジトリを譲渡できます。

譲渡が保留中となっている間、リポジトリのトップ ページに、その詳細情報を示すバナーが表示されます。これは、譲渡が保留中のリポジトリへのアクセス権を持つ他のユーザーへの警告です。新しいユーザーが承認する前であればいつでも譲渡リクエストを取り消すことができます。ユーザーが承認する前に譲渡を取り消すと、Bitbucket は譲渡が取り消された通知をユーザーに送信します。

譲渡されたリポジトリを承認する

譲渡リクエストを受け取った場合は、次の手順に従って承認します。

  1. 譲渡リクエストのメールを開きます。
  2. 提供されたリンクをクリックすると、[リポジトリ所有権の譲渡] 画面が開きます。Bitbucket にログインしていない場合、最初にログインする必要があります。
  3. リポジトリをチームに譲渡する場合は、プロジェクトを選択します。
  4. [承認] をクリックします。

リクエストを承認したら、リポジトリの一覧にリポジトリが表示されます。Bitbucket は、サーバー上のすべての URL を更新し、新しい場所からリポジトリにアクセスできるようになります。リポジトリの元の所有者は、新しい所有者 / 場所のリポジトリの管理アクセス権限を自動的に委譲します。このアクセスを変更または削除するには、リポジトリの [設定] > [ユーザーおよびグループ アクセス] ページへ移動します。譲渡を却下することを選択した場合、Bitbucket はリクエストの送信者にメッセージを送信します。

ローカル構成ファイルを新しいリポジトリ URL で更新する

リポジトリを譲渡すると、Bitbucket URL は変更されます。したがって、リモート リポジトリとの接続を維持するには、ローカル URL を更新する必要があります。

リポジトリ用に使用する URL は、HTTPS または SSH のどちらのプロトコルを使用しているかによって異なります。これらの URL は、リポジトリの [ソース] ページの [クローン] ボタンで確認できます。

SSH プロトコルと HTTPS プロトコルのリンクを交互にクリックすると、URL の違いを確認できます。下の表は、プロトコルに基づくフォーマットの違いを示しています。

URL の一部として次の名前が表示されます。

  • In place of <repo_name>, you'll see the repository name.
  • In place of <your_username> in the HTTPS URL format, you'll see the username for your individual account.
  • In place of <account_name> for all URL formats, you'll the user or team name for the account that owns the repository.
    <your_username> and <account_name> may be the same if you're looking at the URL for a repository you own.
Git リポジトリ URL
HTTPS 形式 https://<your_username>@bitbucket.org/<account_name>/<repo_name>.git
SSH 形式

git@bitbucket.org:<account_name>/<repo_name>.git

または

ssh://git@bitbucket.org/<account_name>/<repo_name>.git

Mercurial リポジトリ URL
HTTPS 形式 https://<your_username>@bitbucket.org/<account_name>/<repo_name>
SSH 形式 ssh://hg@bitbucket.org/<account_name>/<repo_name>/

Git リポジトリの URL を更新する

  1. ターミナルでリポジトリに移動します。

    $ cd ~/<path_to_repo>
  2. Run git remote -v to see the current remote URL.

    $ git remote -v
    origin https://emmap1@bitbucket.org/tutorials/tutorials.git.bitbucket.org.git (fetch)
    origin https://emmap1@bitbucket.org/tutorials/tutorials.git.bitbucket.org.git (push)
  3. Update the remote URL with git remote set-url using the current and new remote URLs.

    $ git remote set-url origin git@bitbucket.org:tutorials/tutorials.git.bitbucket.org.git

HTTPS から SSH に URL を更新すると、次にリポジトリからプッシュまたはプルを行ったときに、ターミナルは、Bitbucket ホストを既知のホストのリストに追加することを応答します。また、パスワードを入力する必要はありません。

Mercurial リポジトリの URL を更新する

  1. ターミナルで現在のリポジトリ設定を表示します。
    次のように表示されるはずです。

    $ cd ~/<path_to_repo>
    $ cat .hg/hgrc
    [paths]
    default = https://emmap1@bitbucket.org/emmap1/bitbucketspacestation

    In the previous example, the default URL is using the HTTPS protocol.

  2. Open the ~/<path_to_repo>/.hg/hgrc file with your favorite editor.
  3. Change the default value to the URL you want to use for that repository. When you are done you should see something similar to the following:

    [paths]
    default = ssh://hg@bitbucket.org/emmap1/bitbucketspacestation
  4. 構成ファイルを保存して閉じます。

HTTPS から SSH に URL を更新すると、次にリポジトリからプッシュまたはプルを行ったときに、ターミナルは、Bitbucket ホストを既知のホストのリストに追加することを応答します。また、パスワードを入力する必要はありません。

最終更新日 2018 年 5 月 10 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.