Cloud IDE アドオン

統合 IDE を使用することで、Bitbucket Cloud リポジトリを使用してクラウドでコーディングを行うことができます。

Bitbucket は、デスクトップ品質のコーディング エクスペリエンス (リサイズ、コンテキスト カラー、ナビゲーション、応答性) を持ち、すぐれた機能を実現するクラウド IDE と連携します。クラウド IDE では、開発ライフ サイクルを完全なものにする、コード ライブラリの自動構成やサーバとデプロイメントのビルド連携も提供されます。 

 

アドオンのインストール

  1. 左下のアバターから、[Bitbucket settings] をクリックします。
  2. [連携を検索] をクリックします。
  3. 連携する IDE を選択し、[追加] をクリックします。
  4. アクセス先のリポジトリを選択すると、アクション セクションに新しく [選択したクラウド IDE で編集] リンクが表示されます
  5. [選択したクラウド IDE で編集] リンクをクリックします。
    新しいタブが開き、IDE がロードされ、選択した IDE に権限を付与するよう求められます。これによって、Bitbucket リポジトリへの OAuth 接続が確立されます。
  6. [アクセスを許可する] をクリックします。
    IDE が接続を確立して開きます。手順に従ってコーディングを実施します。 

teams

チーム内の個別の Bitbucket ユーザーが、各自のアカウントにアドオンをインストールする必要があります。

最終更新日 2017 年 6 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.