Bitbucket Deployments

環境履歴を示す Deployments ダッシュボードのスクリーンショット

Bitbucket Pipelines を使用してコード、アプリケーション、またはアーティファクトをデプロイする場合、デプロイメント環境のステータスを確認し、各環境でのコード変更を参照できると便利です。Bitbucket はこのような情報の追跡を支援します。

また、特定のブランチまたは管理者のみがデプロイできるようにデプロイメント環境を構成することもできます。この機能と、管理者のみが編集可能な各環境のデプロイメント変数を組み合わせることで、コードやアプリケーションを誰がどこにデプロイできるかを正確に把握できます。

これらすべてを実現するには、最初に Bitbucket 設定で環境を定義します。名前、ダッシュボードでの表示順、その環境に固有の任意の変数、および各環境にデプロイできるユーザーを設定できます。次に、bitbucket-pipelines.yml ファイルでそれらを参照して、Deployments ダッシュボードに表示します。

次の数ページでは、Deployments ダッシュボードとその方法を紹介します。

デプロイメントのベスト プラクティスについてのガイダンスではいくつかのヒントもご紹介しています。

最終更新日 2019 年 6 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.