Bitbucket Deployments


Bitbucket Pipelines 経由で実行するデプロイメントを追跡し、デプロイメント環境のステータスと、各環境におけるコード変更の結果に関する洞察をチームに提供しましょう。

Bitbucket Deployments では、次の 3 つの環境へのデプロイをサポートします。

  • テスト
  • staging
  • 本番環境

Bitbucket Deployments の使用を開始する

デプロイメントを実行するよう Pipelienes を構成していない場合、対象のプラットフォームのデプロイメント ガイドを参照してください。

ステップ 1: Bitbucket Deployments を有効化する

リポジトリ サイドバーで [Deployments] をクリックしてセットアップ プロセスを開始します。Pipelines を有効化していない場合は、言語テンプレートを選択して bitbucket-pipelines.yml ファイルを構成するように求めるプロンプトが表示されます。

ステップ 2: デプロイメント手順を構成する

You can modify your bitbucket-pipeline.yml file to add deployment: test to the step that performs the deployment to your test environment, and similar for your other deployment environments.

Currently Bitbucket Deployments supports deploying to teststaging and production environments and they must be listed in this order in the yml file.

bitbucket-pipeline.yml ファイルへの更新をコミットし、デプロイメント パイプラインを実行します

bitbucket-pipelines.yml ファイルの例
image: node:7.5.0

pipelines:
  default:
    - step:
        name: Build and push to S3
        script:
          - apt-get update
          - apt-get install -y python-dev
          - curl -O https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
- python get-pip.py
          - pip install awscli
          - aws deploy push --application-name $APPLICATION_NAME --s3-location s3://$S3_BUCKET/test_app_$BITBUCKET_BUILD_NUMBER --ignore-hidden-files
    - step:
        name: Deploy to test
        image: aneitayang/aws-cli:1.0
        deployment: test
        script:
          - python deploy.pytest
    - step:
        name: Deploy to staging
        image: aneitayang/aws-cli:1.0
        deployment: staging
        trigger: manual
        script:
          - python deploy.pystaging
    - step:
        name: Deploy to production
        image: aneitayang/aws-cli:1.0
        deployment: production
        trigger: manual
        script:
          - python deploy.pyprod

ステップ 3: デプロイメントを追跡する

デプロイメント ステップが実行されたら、[Deployments] ページでデプロイメントを追跡できます。

Deployments ダッシュボード

The Deployments dashboard shows a summary of the status of the environment, which version of software is running in each environment, and a complete history of earlier deployments. 

bitbucket-pipelines.yml でデプロイメント追跡を有効化したデプロイメントと環境のみが [Deployments] ページに表示されます。

Deployment review and promotion

If the artifact in one environment can be manually promoted to the next environment, you will see a "Promote" button on the Deployments dashboard. Clicking on the promotion button launches the deployment preview screen which allows you to review the commits and the file changes that will be deployed. 



Note: you can only have one in-progress deployment in each environment. Any later pipelines that deploy to the same environment will be automatically paused. You can manually resume the paused deployment step once the in-progress deployment completes. 

Deployment history

By clicking on the history icon, , you can see a history of all earlier deployments to an environment. Clicking on any deployment on the dashboard will load a summary showing the changes that were deployed, along with information about when it was deployed and by whom.

Deployment summary

デプロイメントの概要は、環境の概要または履歴リストでデプロイメントをクリックするとトリガーされます。概要には、以下を含む、デプロイメントについての情報が表示されます。

  • デプロイ先の環境
  • 環境での過去のデプロイメント
  • デプロイメントのステータス
  • Who triggered the deployment (if the deployment was a manual step)
  • デプロイメントが発生した日付
  • A full list of commits in the deployments
  • 新しいデプロイメントと環境内の過去のデプロイメントのファイル差分


See your Jira issues in Deployments

If you use Jira to keep track of work, you can link your Jira so that issues that are related to a deployment show up on the deployment summary and deployment preview screens. Just add the issue key, or keys, to your commit message and we'll add links to them in the issues tab.

例:

git commit -m "PT-323 Add created workers to container cluster"


deployment preview

最終更新日 2018 年 8 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.