次世代サービスデスクでのステータスの作成、編集、および削除

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

robotsnoindex

descriptionCustomize your service project's request statuses. Learn how to add and rename your request’s statuses, change their category, and more.

Statuses report at-a-glance the current state a customer’s request. You can customize the statuses your service team uses for each of your service project’s request types.

ステータスはリクエスト タイプのワークフローに関連しており、ワークフロー エディタで編集できます。次世代プロジェクトのワークフローをご確認ください

ステータスはリクエスト タイプ間で共有できます。これにより、リクエスト タイプを気にせず、同じステータスのカスタマー リクエストを検索および報告できます。たとえば、リクエストが IT ヘルプか購入リクエストかを問わず、現在 "顧客からの連絡待ち" であるリクエストを見つけることができます。レポートの詳細についてご確認ください。

このページの記載内容を実行するには、プロジェクトの管理者ロールを持っている必要があります。次世代プロジェクトのロールの詳細についてはこちらを参照してください

リクエスト タイプのワークフローでステータスを追加または作成する

To add a status to a request type (or create a new one for your service project):

  1. From your project's sidebar, select Service project settings > Request types.

  2. サイドバーで、編集するリクエスト タイプを選択します。

  3. [ワークフローを編集] を選択します。

  4. エディタの上部にあるツールバーを使用して、追加するステータスのステータス カテゴリを選択します。実行予定、進行中、または完了のカテゴリに割り当てられるステータスを追加できます。

  5. 追加したいステータスを検索するか、新しい名前を入力して作成します。

  6. 追加 を選択します。

ワークフローに新しいステータスが表示されます。既定では、新たに追加されたステータスは、他のステータスのリクエストがそこに遷移することを許可します。[すべてのステータス] ラベルは、このような "グローバル" なトランジションを表します。

ワークフロー トランジションの作成、編集、および削除の詳細をご確認ください

すべてのプロジェクトのワークフローにわたって最大で 100 個のステータスを、1 つのワークフローに最大 50 個のステータスを追加できます。

When you’re done making edits to your request type’s workflow, select Save and close from the workflow toolbar. Jira Service Management updates your service project's customer requests and queues to reflect any changes you've made.

リクエスト タイプのワークフローのステータスを編集する、または名前を変更する

ステータスを編集するには、次の手順を実行します。

  1. From your project's sidebar, select Service project settings > Request types.

  2. サイドバーで、編集するリクエスト タイプを選択します。

  3. [ワークフローを編集] を選択します。

  4. ワークフローの図でステータスを選択します。ステータスの詳細パネルが表示されます。

ステータスの詳細パネルで、ステータスの名前とカテゴリを編集できます。

  • ステータスの名前を編集するには、詳細パネルでステータスの名前をクリックします。

  • カテゴリを編集するには、詳細パネルで [カテゴリ] ドロップダウンを選択します。

Statuses can be shared between request types. If you change the name or category of these shared statuses, Jira Service Management also updates their names and categories in all your project’s request workflows that use the status.

編集中のワークフローのステータスのみの名前またはカテゴリを変更する場合、次の手順を実行します。

  1. 詳細パネルの警告テキスト [このステータスは複数のワークフローで共有されます] をクリックします。

  2. [これらのリクエストのステータスのみを変更します] リンクをクリックします。

  3. ステータスに新しい名前を付けます。

  4. [変更] を選択します。

Jira Service Management makes a copy of the status, including its transitions and rules, for the workflow you’re currently editing.

Read more about creating, editing, and deleting workflow transitionsWhen you’re done making edits to your request type’s workflow, select Save and close from the workflow toolbar. Jira Service Management updates your service project's customer requests and queues to reflect any changes you've made.

リクエストタイプのワークフローでステータスを削除する

ステータスを削除するには、次の手順を実行します。

  1. From your project's sidebar, select Service project settings > Request types.

  2. サイドバーで、編集するリクエスト タイプを選択します。

  3. [ワークフローを編集] を選択します。

  4. ワークフローの図でステータスを選択します。ステータスの詳細パネルが表示されます。

  5. 詳細パネルの下部で [ステータスを削除] を選択します。

ステータスを削除すると、そのステータスに関連付けられているすべてのトランジションとルールが削除されます。 

ステータスはワークフロー間で共有できます。ワークフロー エディタでステータスを削除しても、編集中のワークフローからステータスが削除されるだけです。

ヒント: キーボード ショートカット Ctrl + Z (Macの場合: Cmd + Z) を使用して、ワークフローの編集中に変更を元に戻すことができます。これは、誤ってステータスを削除してしまったが、そのステータスのトランジションを再作成したくない場合に便利です。

When you’re done making edits to your request type’s workflow, select Save and close from the workflow toolbar. Jira Service Management warns you about any requests that are in statuses you’re deleting and ask you to move them to a valid status. Jira Service Management updates your service project's customer requests and queues to reflect any changes you've made.

最終更新日: 2021 年 2 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.