ネットワークと接続性のトラブルシューティング ガイド

このページは、アトラシアンのアプリケーション リンクのトラブルシューティング ガイドの一部です。

このページではまず、アプリケーション リンクで自動的に診断できる特定のネットワークおよび接続エラーと、それらを修正するために行える操作について説明します。

後半では、アプリケーション リンクを使用したときに発生する可能性があるネットワークおよび接続エラーの特定および修正に役立つ、一般的なトラブルシューティング ガイドを提供しています。

このページの内容

一般的なネットワークおよび接続エラー

リモート アプリケーションにアクセスできない

アプリケーション リンクがリモート アプリケーションへの接続を試みましたが、リモート アプリケーションのホスト名を解決できませんでした。

アトラシアン アプリケーション ログに次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。

java.net.UnknownHostException: Unable to resolve host
考えられる原因
実行可能な対応策
DNS の構成に誤りがある。

特にプライベート ネットワークについて、DNS 構成を確認します。

後述の「nslookup」をご確認ください。

リモート アプリケーションのアプリケーション URL の構成に誤りがあるか、アプリケーション URL が最近変更されている可能性があります。

リモート アプリケーションのアプリケーション URL を確認します。

  • ホスト名が適切かどうか
  • ポートが適切かどうか
  • コンテキスト パスが適切かどうか
  • アプリケーション URL がリモート アプリケーションのベース URL に一致しているかどうか (リモート アプリケーションがリバース プロキシの背後にある場合は表示 URL)

トップに戻る

 

 

リモート アプリケーションが応答しない

アプリケーション リンクがリモート アプリケーションへの接続を試みましたが、接続が却下されました。

アトラシアン アプリケーション ログに次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。

java.net.ConnectException: Connection refused
考えられる原因
実行可能な対応策
リモート アプリケーションがダウンしている。
  • ブラウザでアプリケーション URL (リモート アプリケーションがリバース プロキシの背後にある場合は表示 URL) を使用し、リモート アプリケーションが動作しているかどうかを確認します
  • ブラウザでリモート アプリケーションにアクセスできない場合、ローカル サーバーからリモート アプリケーションの URL に ping します。アプリケーション リンクが適切に動作するには、アプリケーション URL を使用してリモート アプリケーションにアクセス可能である必要があります。以降の「ping」をご確認ください。

アプリケーション URL の構成に誤りがあります。

ローカルの終端でアプリケーション URL の構成を確認します。

  • アプリケーション URL は適切なポートを使用していますか?
  • アプリケーション URL の IP アドレスを使用している場合、値は適切ですか?
  • アプリケーション URL はリモート アプリケーションのベース URL (リモート アプリケーションがリバース プロキシの背後にある場合は表示 URL) に一致していますか?
  • アプリケーション URL は適切なコンテキスト パスを使用していますか?
ファイアウォールがアクセスをブロックしている。

以降の「ネットワーク ツール」を使用し、ファイアウォール構成が対象のポートを許可しているかどうかを確認します。

トップに戻る

 

 

ファイアウォールによってリクエストがブロックされる

アプリケーション リンクがリモート アプリケーションへの接続を試みましたが、リモート アプリケーションへのリクエストがネットワークのファイアウォールによってブロックされています。

ブラウザに HTTP 405 メッセージが表示される場合があります。

 

考えられる原因
実行可能な対応策

ファイアウォールがリクエストをブロックしています。

  • ファイアウォール構成が対象のポートでの HTTP リクエスト (PUT など) を許可しているかどうかを確認します。

トップに戻る

 

 

ネットワーク リクエストのタイムアウト

アプリケーション リンクはリモート アプリケーションに到達できましたが、接続を確立できませんでした。

アトラシアン アプリケーション ログに次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。

java.net.ConnectException: connect timed out
考えられる原因
実行可能な対応策

リモート アプリケーションがデッドロックになっています。

  • ブラウザから通常の手順でリモート アプリケーションにアクセスして、リモート アプリケーションが動作しているかどうかを確認します。

ファイアウォールがリクエストをブロックしています。

  • ファイアウォール構成が対象のポートでの HTTP リクエストを許可しているかどうかを確認します。

トップに戻る

 

 

リモート アプリケーションが見つからない

アプリケーション リンクがリモート アプリケーションへの接続を試みましたが、到達できませんでした。

アトラシアン アプリケーション ログに次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。

java.net.NoRouteToHostException
考えられる原因
実行可能な対応策

ファイアウォールがリクエストをブロックしています。

  • ファイアウォール構成が対象のポートでアクセスを許可しているかどうかを確認します。
  • 後述のように traceroute などのツールを使用し、ローカルとリモート マシン間でのトラフィックのパスを表示します。
中間ルーターがダウンしています。
  • 後述のように traceroute などのツールを使用し、ローカルとリモート マシン間でのトラフィックのパスを表示します。

トップに戻る

 

 

ネットワーク応答のタイムアウト

アプリケーションがリモート アプリケーションとの接続を確立できましたが、レスポンスを受け取ることができませんでした。

アトラシアン アプリケーション ログに次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。

java.net.SocketTimeoutException: connect timed out
考えられる原因
実行可能な対応策

リモート アプリケーションがデッドロックになっています。

  • ブラウザから通常の手順でリモート アプリケーションにアクセスして、リモート アプリケーションが動作しているかどうかを確認します。
ネットワークの接続に問題があります。
  • 後述のツールを使用し、リモート マシンとの間の接続を確認します。

トップに戻る

 

 

予期せぬレスポンス

アプリケーション リンクがリモート アプリケーションへの接続を試みましたが、予期せぬ HTTP レスポンスを受け取りました。これはほとんどの場合、リモート アプリケーションが HTTP 50x レスポンスのみを返すプロキシの背後にあることを示します。

アトラシアン アプリケーション ログに次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。

UNEXPECTED_RESPONSE
UNEXPECTED_RESPONSE_STATUS
<response code>
<response body>
考えられる原因
実行可能な対応策
HTTP 403: Forbidden
  • これは通常は認証の失敗を示します。しかしながら、アプリケーション リンクでは認証の失敗は 403 とは異なる方法で報告されるため、このエラーはプロキシ構成に問題があることを示します。
HTTP 404: Page not found
  • アプリケーション リンクを構成するために使用されているアプリケーション URL に誤りがあるか、アプリケーションのアドレスが変更されています。
  • リモート アプリケーションで、アプリケーション リンクを構成するために使用されているアプリケーション URL が適切かどうかを確認します。
HTTP 405: Method not allowed
  • ファイアウォールまたはプロキシが HTTP リクエストを妨げています。
HTTP 500: Internal server error
  • リモート アプリケーションがプロキシの背後にいない可能性があるが、アプリケーションにメモリ不足エラーなどのエラーが発生しています。
  • ブラウザから通常の手順でリモート アプリケーションにアクセスして、リモート アプリケーションが動作しているかどうかを確認します。
  • アプリケーション エラー ログ」をご確認ください。
HTTP 503: Service unavailable
  • リモート アプリケーションがプロキシの背後にあり、ダウンしています。
  • ブラウザからリモート アプリケーションに直接アクセスして、リモート アプリケーションが動作しているかどうかを確認します。
  • リモート アプリケーションを再起動するか、管理者に問い合わせます。
  • 上述の「リモート アプリケーションが応答しない」をご確認ください。
HTTP 504: Gateway timeout
  • リモート アプリケーションがプロキシの背後にあり、タイムアウトしています。
  • 後でもう一度試行します。
  • ブラウザから通常の手順でリモート アプリケーションにアクセスして、リモート アプリケーションが動作しているかどうかを確認します。
  • 必要に応じてリモート アプリケーションを再起動するか、管理者に問い合わせます。
ステータスなし、または前述のステータスとは異なるステータスが返される
  • リモート アプリケーションが構成ミスを含むプロキシの背後に存在します。ローカルのアプリケーション ログ<response body> を確認します。
  • リモート アプリケーションが、アプリケーション リンクの構成時に選択されたタイプと異なります。アプリケーション リンクのアプリケーション タイプがリモート アプリケーションのタイプに一致するかどうかを確認します。一致しない場合、アプリケーション リンクを再作成し、適切なアプリケーション リンクを選択するようにします。詳細については、「アトラシアン アプリケーションをリンクして連携させる」を参照してください。

トップに戻る

 

以降の一般的なトラブルシューティング ガイドを使用して、上述のよくあるエラー タイプでは網羅されていない、アプリケーション リンクの接続の問題の解決にご利用ください。

考えられる原因可能な処置

アプリケーションをホストするサーバーが実行されていない。

  • リモート サーバーが実際に実行されていることを確認します。

1 つまたは両方のサーバーがネットワークに接続されていない。

  • 各サーバーからもう片方のサーバーに ping することで、それぞれのサーバーに到達できることを確認します。以降の「ping」をご確認ください。

アプリケーションをホストしているサーバーが実行されているが、アプリケーションが接続しようとしているポートでリッスンしていない。

ホスト アドレスとポートの特定の組み合わせを使用する接続が、ファイアウォールまたはその他のネットワーク デバイスによってブロックされている。

  • telnet を使用して、リモート サーバーが特定のポートで受信接続を許可していることをテストします。

リモート アプリケーションをホストしているサーバーでのアドレスとポートの組み合わせに誤りがあるか、組み合わせが変更された。

  • リモート サーバーの現在の場所を確認します。

接続に使用されているプロトコルが誤っている (例: HTTPS ではなく HTTP を使用している)。

  • リモート アプリケーションの server.xml 設定ファイルで connector ディレクティブを確認します。

 

ログのエラー メッセージ

アプリケーション ログ (またはブラウザ ウィンドウの HTTP メッセージ) に次のエラー メッセージが表示される場合があります。

詳細な情報については上述のリンクをご利用ください。

アプリケーション ログの場所

クリックしてエラー ログの場所を確認...

ロギング構成アプリケーション ログTomcat Web サーバーログ
Bamboo <Bamboo installation directory> /logs  
Bitbucket Server / Stash

<Bitbucket home directory>/log

<Stash home directory>/log

<Bitbucket Server installation directory>/logs

<Stash installation directory>/logs

Confluence <Confluence home directory>/logs <Confluence installation directory >/logs
Crowd <Crowd home directory>/logs <Crowd installation directory>/apache-tomcat/logs
Crucible <Crucible installation  directory>/var/log/  
Fisheye <FishEye installation  directory>/var/log/  
Jira アプリケーション <JIRA application home directory>/log <JIRA application installation directory>/logs

より詳細なログを取得するには、アプリケーションで DEBUG レベルのロギングを有効にすることをご検討ください。DEBUG はすべてのスタック トレースを追加し、HTTP 応答のメッセージを含みます。

 

Server.xml の場所

クリックして server.xml ファイルの場所を確認...

server.xml ファイルの場所は、ご利用のアプリケーション、オペレーティング システム、およびインストール先に応じて異なります。 

アトラシアン アプリケーションで共通の既定のインストール先は、次のとおりです。

  • Linux: /opt/atlassian/<application-name>
  • Windows: C:\Program Files\Atlassian\<application-name>
  • Windows: C:\Atlassian\<application-name>

アトラシアン アプリケーションのフォルダ構造内の場所:

アプリケーションserver.xml の場所
Bamboo<install-path>/conf/
Confluence<install-path>/conf/
Crowd<install-path>/apache-tomcat/conf/
CrucibleFisheye と同様
FisheyeFisheye の設定ファイルは config.xml です。「Fisheye の web サーバーを設定する」および「Fisheye / Crucible で追加ポートでの web リクエストのリッスンを有効化する方法」をご参照ください。
Jira アプリケーション<install-path>/conf/
Bitbucket Server 5.0

なし。<Bitbucket home directory>/shared/bitbucket.properties に置き換えられています。

server.xml のカスタマイズを bitbucket.properties に移行する方法」をご参照ください。

Bitbucket Server 4.0 〜 4.14<Bitbucket home directory> /shared/server.xml
Stash 3.8 〜 3.11

<Stash home directory>/shared/

このリリースを利用しているが、上述のディレクトリに server.xml が存在しない場合、<install-path>/conf/server.xml から実行しています。

インスタンスのアップグレード時の考慮事項をへらすため、<install-path>/conf/server.xml<Stash home directory>/shared/ にコピーすることをおすすめします。


Stash 3.7 以前<install-path>/conf/

<install-path> は、システムでのアプリケーションのインストール先です。

 

ネットワーク接続ツール

以降のツールを使用して、2 台のマシン間でのネットワーク接続をテストできます。次の項目を確認することが目的です。

  • 各マシンが互いに通信できること。
  • 必要なポートが開いており、そこへの接続を行えること。
  • 特定のホスト名/アドレスとポートの組み合わせで、各アプリケーションが互いに通信できること。
  • 各アプリケーション同士の間にあるファイアウォールまたは他のネットワーク デバイスが、アプリケーション同士の通信を許可するように構成されていること。

特定のネットワーク構成をバイパスし、プロキシされていないアプリケーション リンクを作成することもできます。

ping: クリックして詳細を確認...

ping コマンドは少数のパケットを宛先アドレスに送信し、応答にかかる時間を計測します。ping を使用して次の事項を確認できます。

  • ネットワーク接続 - ping に成功する場合、両方のマシンがネットワークに接続されています。
  • 適切な DNS 解決 - ホスト名 ( atlassian.com など) を IP アドレスに解決可能かどうか、およびそれが適切なものかどうか。
  • ping を発行するマシンと宛先との間の応答時間。応答時間は短いほうが望ましいです。

ping への応答に失敗しても、サーバーがオフラインであったり、ダウンしたりしているとは限りません。単純に ping リクエストに応答していない可能性があります。

traceroute: クリックして詳細を確認...

traceroute (Windows では tracert) コマンドは、現在のマシンと宛先との間のトラフィックの流れを表示します。トレース ルートは、パフォーマンスの問題や輻輳に関連するセグメントの特定に、特に効果的です。

telnet: クリックして詳細を確認...

telnet コマンドを使用して、ホストが特定のポートでの接続を許可するかどうかをテストできます。telnet コマンドは一般に次のように使用されます。

telnet <host> <port>

例:

telnet atlassian.com 80

指定したポートでホストへの接続に成功した場合、出力は次のようになります。

telnet host.example 80
Trying 192.168.1.100...
Connected to host.example.
Escape character is '^]'.

指定したポートでホストに接続できたら、telnet セッションを終了することができます。この目的は、指定したポートで接続できることを確認することです。ファイアウォールまたは他のネットワーク構成によって接続が拒否されます。

Microsoft Windows では telnet は既定でインストールされていません。

  • Windows 7 で [Turn Windows features on or off] を使用して Telnet をインストールします。
  • Windows の Server エディションの場合、Server Manager を使用して Telnet をインストールします。

nslookup: クリックして詳細を確認...

nslookup コマンドは、Domain Name System (DNS) をクエリして、ドメイン名または IP アドレスのマッピングを取得するために使用されます。リモート サーバーの DNS 名をローカル サーバーから解決可能かどうかを確認するために使用できます。

一般に、各サーバーから nslookup を実行して、別のサーバーの適切な IP アドレスが返されるかどうかを確認できます。

リモートの DNS 名が解決できない場合、各サーバーの DNS エントリを更新する必要があります。

サーバーが HTTPS で接続されている場合、SSL 証明書のためにホスト アドレスのコモン ネームを更新する必要がある場合があります。

説明このページは、アトラシアンのアプリケーション リンクのトラブルシューティング ガイドの一部です。
製品Jira, Confluence, Bamboo, Bitbucket, Fisheye
プラットフォームサーバー
最終更新日: 2018 年 9 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.