アトラシアン アプリケーションをリンクして連携させる

アトラシアン アプリケーションを組み合わせて使用して最高レベルの連携を実現し、ソフトウェア開発や他のプロジェクトを最適化することができます。

Jira Software と Confluence、またはアトラシアンの開発者向けの任意のツールとの間にアプリケーション リンクを作成することで、それらを組み合わせて使用することができます。以降で方法をご確認ください。

プロトコルの高度なセキュリティを活用するため、アプリケーション リンクでは OAuth 認証を使用することをおすすめします。信頼済みアプリケーションによる認証や BASIC 認証タイプは、現在では推奨していません。 

既存のアプリケーション リンクを更新する必要がある場合、「アプリケーション リンクの OAuth セキュリティ」をご確認ください。

Jira Software を Bitbucket Cloud に接続したい場合、「Bitbucket と Jira を接続する」をご確認ください。


Jira アプリケーションからのリンク

Jira Software などの Jira アプリケーションからアプリケーション リンクを作成します。

  1. Jira Software の管理領域に移動し、[アプリケーション リンク] をクリックします。
  2. リンク先のリモート アプリケーションの URL を入力し、[新しいリンクを作成] をクリックします。
  3. アプリケーション リンクのウィザードを完了します。完全な連携を行うには、リモート アプリケーションからの自動リンクバックを使用する必要があります (システム管理者グローバル権限が必要です)。


他のアトラシアン製品からのリンク

他のアトラシアン アプリケーションからアプリケーション リンクを作成するには、それらのいずれかの製品で管理領域に移動します。

製品固有の手順については次のドキュメントをご確認ください。


Atlassian Cloud アプリケーションとサーバー アプリケーションとのリンク

Jira Software Cloud または Bamboo Cloud などの Atlassian Cloud アプリケーションを、Bitbucket Server や Fisheye などのサーバー アプリケーションにリンクできます。 

次の点を考慮する必要があります。

偽装および非偽装の認証タイプ

OAuth 認証

OAuth 認証はユーザーがリモート アプリケーションにログインするようにリダイレクトします。その後、ユーザー用に生成されたトークンが、ローカル アプリケーションから生成されたリクエストの認可に使用されます。リクエストを処理するリモート アプリケーションは、そのリモート アプリケーションにログインしたユーザーのアカウントのアクセス権限を使用します。

一般的なシナリオには以下が含まれます。

  • 一連の同じユーザーを共有しない 2 つのアプリケーション間にアプリケーション リンクをセットアップする場合。
  • パブリック サインオンが許可されるようになったアプリケーションへのリンクや、共有ユーザーベースで以前に構成されたリンクを引き続き使用したい場合。アプリケーション リンクを編集する際に、[OAuth (偽装)] を [OAuth] に変更して、アプリケーション リンクを更新することができます。

詳細は、「アプリケーションリンク用の OAuth セキュリティ」を参照してください。

偽装を伴う OAuth

偽装機能を持つアトラシアンの OAuth を使用することで、ユーザーはアトラシアン アプリケーション間の緊密な連携を簡単に活用することができます。

  • ユーザーは他のアプリケーションで自動的に認証され、リクエストの認可を求められません。
  • ユーザーには、自身が表示権限を持つ情報のみが表示されます。 

偽装認証は、現在ログイン中のユーザーに代わりリクエストを行います。

アトラシアンの偽装を伴う OAuth は、アトラシアンのアプリケーション間のアプリケーション リンクにのみ使用できることにご注意ください。また、2 つのアプリケーションが同じユーザーベース (通常は LDAP を使用した外部ディレクトリで管理) を共有する場合にのみ使用します。

一般的なシナリオは以下のとおりです。

  • アプリケーション リンクをセットアップしましたが、ユーザーは引き続き定期的に認証を受ける必要があります。これはアプリケーション リンクが同じユーザーベースを共有しないように設定された場合に発生することがあります。アプリケーションが同じユーザーベースを共有しない場合、アプリケーション リンクを編集する際に、OAuth (偽装) を選択することで、アプリケーション リンクを更新することができます。

詳細は、「アプリケーションリンク用の OAuth セキュリティ」を参照してください。


両方のアプリケーションで管理者ではない場合

2 つのアプリケーションの管理者がアプリケーション間にリンクを作成した場合、Application Links プラグインによってアプリケーション間に受信および送信リンクが作成され、両方のリンクで認証の構成も行われます。この図はこの 2 方向のシナリオを表しています。


1 つのシステムのみの管理者である場合、引き続きアプリケーション リンクを作成できますが、Application Links プラグインは送信リンクのみを作成し、そのリンクに認証は構成されません。


このシナリオでは、リンクの元となるアプリケーションは、他のアプリケーションのアクセスが公開されたデータにアクセスできます。たとえば、このタイプのリンクを使用して Confluence に Jira Software 課題へのリンクを含めることができますが、Jira Software での認証を行うまで、制限された課題の情報を Confluence で表示することはできません。

アプリケーション リンクを作成したが、両方のアプリケーションの管理者ではない場合、もう片方のアプリケーションに管理権限でログイン (またはそのアプリケーションの管理者にサインインを依頼) し、自身のアプリケーションに戻るリンクを作成して、リンクを完成させることができます。


リモート アプリケーションが新しいアドレスに変更された場合、アプリケーション リンクを更新する必要がある場合があります。

次のような場合にメッセージが表示されることがあります。

  • リモート アプリケーションに到達できない: ネットワーク構成と、リモート アプリケーションが実行していることを確認します。
  • リモート アプリケーションが新しいアドレスに変更されている

アドレスが変更されている場合、メッセージの [再配置] をクリックし、アプリケーション リンク用にリモート アプリケーションの新しい URL を入力して、[再配置] をクリックします。


  1. アプリケーションに管理者としてログインします。
  2. 左側のパネルで [アプリケーション リンク] に移動します。
  3. リンクのアクション メニューから [Delete] を選択します。

アプリケーションはリンクを削除するためにリモート アプリケーションへの接続を試みます。リンクを再作成する前に両方の終端を削除する必要があります。

リモート アプリケーションからリンクを自動的に削除できない場合があります。管理者としてリモート アプリケーションにログインし、正常に削除されていることを確認する必要があります。

最終更新日 2018 年 4 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.