Capacity and velocity in Advanced Roadmaps

キャパシティおよびベロシティ計画は、Advanced Roadmaps バージョン 3.28 で導入されました。以前のバージョンの Advanced Roadmaps を使用している場合は、インスタンス内のプロセスが異なったり使用できなくなっていたりする可能性があります。

The number of story points or hours your team can complete in one iteration is referred to as its capacity. For example, an iteration with a capacity of 30 story points (which is the default setting) can contain six issues that are estimated at five story points each. You can use capacity to plan out different timeline possibilities, referred to as Scenarios in Advanced Roadmaps. Advanced Roadmaps handles capacity differently depending on a number of settings including how your teams estimate work, whether they’re a Scrum or Kanban team, and more. 

Velocity, which is used strictly for planning purposes, is your team’s average capacity per iteration over time based on past performance. For example, a team with a velocity of 30 story points will require two sprints to complete an epic estimated at 35 story points, assuming no other work was already assigned to those sprints. 

Enable capacity management in your timeline

タイムラインでキャパシティを表示するには、次の手順を実行します。

  1. In the View settings menu, select Team or Sprint from the Group by menu. This will organize your issues into swimlanes.
  2. Select the checkbox next to Show capacity on timeline to finish.

タイムラインからチームのキャパシティを管理するには、スプリントまたはイテレーションを含むボードをプランの課題ソースとして使用する必要があります。スクラム チームの場合は、プラン内のチームもそのボードに関連付けられている必要があります。

スクラム チームのキャパシティを計算する

スクラム チームの作業をスケジュールする場合、作業の見積もりに使用する単位に応じてキャパシティの計算方法が異なります。

  • 時間ベースの見積もりを使用している場合、スプリント キャパシティは、週ごとのキャパシティにイテレーションごとに週数を掛けることによって決定されます。たとえば、2 週間のスプリントを想定した場合、キャパシティを 40 時間に設定した場合、スプリントのキャパシティは 80 時間になります。

  • ストーリー ポイントで見積もる場合、ストーリー ポイントはイテレーションごとに定義されるため、変換は必要ありません。キャパシティはスプリント全体に適用されます。既定では、30 ストーリー ポイントに設定されていますが、チームのニーズに合わせて調整できます

カンバン チームのキャパシティを計算する

カンバン チームは、時間ベースの見積もりのみ使用できます。

カンバン チームの場合、作業はそれぞれ過去 1 週間のイテレーションに分割されます。カンバン チームの週次キャパシティは日数または時間単位で設定できますが、イテレーションの長さは変更できません。

最終更新日 2021 年 9 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.