次世代プロジェクトとクラシック プロジェクトとの間の移行

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページの内容は、次のような場合に役立ちます。

  • チームでクラシック プロジェクトを使用しているが、次世代プロジェクトに移行したい
  • チームで次世代プロジェクトを試していたが、現在の作業方法には合わないため、課題をクラシック プロジェクトに移動したい

はじめる前に

現在のソフトウェア プロジェクトの移行先となる、新しいスクラムまたはカンバン プロジェクトが必要です。新しいプロジェクトを作成する手順は、次のとおりです。

  1. Jira アイコン () をクリックします
  2. [プロジェクト] を選択します。
  3. [プロジェクトの作成] > [クラシック プロジェクト] (次世代プロジェクトからクラシック プロジェクトに移行する場合)、または [次世代プロジェクトをお試しください] (クラシック プロジェクトから次世代プロジェクトに移行する場合)を選択します。
  4. [変更] をクリックして、スクラムまたはカンバン テンプレートを選択します。
  5. 新しいプロジェクトの名前を入力し、[作成] をクリックします。

移行プロセスの開始

  1. Jira アイコン () をクリックして Jira ホーム ページに移動します。
  2. [課題とフィルター] を選択します。
  3. [すべての課題] を選択します。
  4. [プロジェクト] フィルターをクリックして、移行元のプロジェクトを選択します。
    (詳細検索モードの場合、[基本] を選択する必要があります)
  5. 右上のその他 (•••) > [全件の課題を一括変更] を選択します。

プロジェクトの移行

  1. 移行する課題を選択して [次へ] をクリックします。
  2. [課題の移動] を選択して、[次へ] をクリックします。
  3. [プロジェクトおよび課題タイプの選択] 画面で、元のプロジェクトの課題の移行先を選択する必要があります。宛先プロジェクトと課題タイプを選択して、[次へ] をクリックします。ここで指定した課題タイプが、元のプロジェクトの各課題が新しいプロジェクトでもつ課題タイプになります。
  4. [宛先プロジェクトのステータスをマッピング] 画面で、元のプロジェクトの各ステータスについて、宛先のステータスを選択します。ここで指定したステータスが、次世代プロジェクトの各課題が新しいプロジェクトでもつステータスになります。
  5. 最後の画面で、[確認] をクリックします。

クラシックから次世代プロジェクトへの移行での考慮事項

Next-gen projects and classic projects are technically quite different, so a few things can break when you migrate from a classic software project to a next-gen software project. Here's what we know so far:

  • Active sprints: Sprints in progress in your classic project won't move to your next-gen project. Issues that were in the active sprint in your classic project will be in the backlog of your next-gen project.

  • エピック リンクと課題リンク: クラシック プロジェクトに存在した課題リンクは、次世代プロジェクトでは失われます。課題自体は引き続き存在しますが、それらの間のリンクは削除されます。

  • サブタスク: この移行プロセスで、すべてのサブタスクが失われます。

  • カスタム フィールド: 新しい次世代プロジェクトで作り直す必要があります。

  • ストーリー ポイントの見積り: このデータは失われます。ただし、次世代プロジェクトの見積機能を使用することで、ストーリー ポイントの見積りを新しく行うことができます。

  • Reports: Data for your project's Velocity report won't be saved. The Velocity report will show that no points were completed in past sprints.

Things to keep in mind if you migrate from next-gen to classic

  • ReportsReports data won't be saved. Even though your issues will be retained, data for your project's Velocity and Burnup reports won't transfer over, and will be lost.
最終更新日 2019 年 4 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.