プロファイルおよび公開設定の更新

プロファイルと公開設定ページで自身の Atlassian アカウント プロファイルの情報を更新できます。ここから、他のユーザーに表示するプロファイル情報や、Atlassian Cloud 製品にインストールされているアプリがアクセスできるプロファイル情報を選択することもできます。

プロファイル情報を更新する

  1. Atlassian アカウントにログインして、プロファイルと公開設定 ページを表示します: https://id.atlassian.com/manage-profile/profile-and-visibility

  2. プロファイル フィールドをクリックして、プロファイル情報を追加または編集します。プロファイル情報が表示されるすべての箇所に変更が反映されるには、5 分程度かかる場合があります。

自身のプロファイル情報を閲覧できるユーザーを管理する

自身のプロファイル情報の公開範囲を制御できます。管理対象アカウントと非管理対象アカウントの両方がプロファイルの公開設定を持ちますが、いくつかの違いがあります。

管理対象アカウントの場合

プロファイルの各フィールドについて、次の設定のいずれかを選択できます。

  • [全員] - この情報は、コンテンツを参照できるすべてのユーザーに表示されます。これには、組織外のユーザーも含まれる場合があります。たとえば、管理者が匿名アクセスを許可するように Jira をセットアップしている場合、Jira の課題を参照しているすべてのユーザーがプロファイル情報を表示できます。この情報は、アトラシアンのクラウド製品にインストールされたアプリからもアクセス可能です。

  • The name of your organization - This information is only visible to other users managed by your organization. Typically, this is anyone who shares your organization’s email domain, such as acme.com.

  • 自分のみ - この情報は自分にのみ表示されます (このオプションはいくつかのフィールドでのみ提供されます)。

メモ:

  • 公開名の公開範囲を変更することはできません。これは [全員] に設定されています。

  • サイト管理者が管理画面でユーザーを管理する際には公開設定を問わず、常にユーザーのメール アドレスが表示されます。メール アドレス フィールドを含む他のすべてのフィールドの公開設定は、サイト管理者が製品内でユーザーとコラボレーションを行う際に適用されます。

管理対象外のアカウントの場合

自身のプロファイル写真、所在地、ローカル時刻、およびメール アドレスについて、次の設定のいずれかを選択できます。

  • 全員 - このフィールドの情報はコンテンツを表示可能なすべてのユーザーに公開され、アトラシアンのクラウド製品にインストールされたアプリからアクセス可能です。

  • 自分のみ - このフィールドの情報は自身にのみ公開されます。

メモ:

  • 氏名と公開名の公開範囲を変更することはできません。これらは [全員] に設定されています。

  • サイト管理者が管理画面でユーザーを管理する際には公開設定を問わず、常にユーザーのメール アドレスが表示されます。メール アドレス フィールドを含む他のすべてのフィールドの公開設定は、サイト管理者が製品内でユーザーとコラボレーションを行う際に適用されます。

公開名

氏名に加え、公開名を使用できます。公開名は既定では氏名と同じですが、これは変更できます。

公開名は次のような場合に使用されます。

  • ユーザーの公開名は、アトラシアン コミュニティや Atlassian Developer Community などのアトラシアンの公開フォーラムで常に表示されます。公開フォーラムの詳細については以降をお読みください。

  • 管理対象アカウントのみ: 自身の氏名の公開範囲を組織に制限すると、組織外のユーザーには氏名ではなく公開名が表示されます。

注: Bitbucket Cloud アカウントのみを保持している場合、公開名がユーザー名と同じである可能性があります。

プロファイル写真

プロファイル写真の公開設定を設定することもできます。プロファイル写真について表示される内容は、ユーザーが管理対象か非管理対象かに応じて異なります。

管理対象ユーザー

既定のプロファイル写真はイニシャルです。氏名を表示できないユーザーには公開名のイニシャルが表示されます。

: アトラシアンの公開フォーラムでは、既定のプロファイル写真は公開名のイニシャルです。

プロファイル写真をアップロードすると、その写真は公開設定に基づいてユーザーに表示されます。プロファイル写真を表示できないユーザーにはイニシャルが表示されます。氏名を表示できない場合、公開名のイニシャルが表示されます。

管理対象外のユーザー

既定のプロファイル写真は氏名のイニシャルです。

: アトラシアンの公開フォーラムでは、既定のプロファイル写真は公開名のイニシャルです。

プロファイル写真をアップロードすると、その写真は公開設定に基づいてユーザーに表示されます。プロファイル写真を表示できないユーザーには、氏名のイニシャルが表示されます。

ほかのユーザーによる自身のプロファイル情報の参照

公開設定では、ほかのユーザーが自身のプロファイルを表示できるかどうかではなく、自身のプロファイル情報の何を他のユーザーに表示するかを決定します。ユーザーには引き続きプロファイルが表示されますが、共有するように選択したプロファイル情報のみが表示されます。

公開設定の仕組みの例をご紹介します。

  • John Doe は Acme 組織に勤務しています。John は自身のプロファイル写真と氏名を Acme に公開するよう選択しています。

  • Li Wei も Acme 組織に勤務しています。Li Wei は自身のプロファイル写真を [自分のみ]、氏名を Acme に公開するよう選択しています。

  • Alexia Smith は Acme 組織には勤務していません。Alexia はプロファイル写真を [全員] に公開するよう選択しています。氏名も [全員] に設定されています。


John Doe (Acme 組織) Li Wei Hung (自分と Acme 組織のみ) Alexia Smith (全員)

Li Wei Hung への表示内容

(Acme に勤務)

John への表示内容

(Acme に勤務)

Alexia への表示内容

(Acme に勤務していない)

プロファイル情報が表示される場所

Atlassian アカウントのプロファイル情報は、次の場所に表示されます。

  • Atlassian のピープル ディレクトリ

  • Jira Cloud - 例: 自身が作成した Jira 課題

  • Confluence Cloud - 例: 自身が作成した Confluence ページ

  • Bitbucket Cloud - 例: プル リクエストに自身が追加したコメント

  • アトラシアンの公開フォーラム - アトラシアン コミュニティに投稿した回答や、Atlassian Developer Commuinty に投稿した質問など。公開フォーラムとプロファイルの公開設定については、以降をご覧ください。

その他のプロファイル

Trello や Statuspage などの特定の Atlassian Cloud 製品に固有のプロファイル、および、アトラシアンが使用しているいくつかの Web サイト (アトラシアンのトレーニングやイベントをホストする Web サイトなど) があります。Atlassian アカウントのプロファイルへの変更は、これらの場所には表示されません。これらのプロファイルを更新するには、製品および Web サイトにアクセスします。

プロファイルの公開設定と公開フォーラム

アトラシアンの公開フォーラムには以下が含まれます。

  • アトラシアン コミュニティ

  • Atlassian Developer Community

  • jira.atlassian.com (our public issue tracker)

  • confluence.atlassian.com (our documentation site)

  • アトラシアンのパートナーの Confluence サイト

これらの公開フォーラムは、アトラシアン製品よりもオープンな環境を提供しています。これらのフォーラムではユーザーのプロファイル情報が公開されており、検索エンジンによってインデックスされている可能性があります。これらのフォーラムに初めて参加した際に、この情報についてお知らせします。ユーザーが同意することにより、これらのサイトはプロファイルの公開設定を問わず、特定のプロファイル情報にアクセスできるようになります。

これらのフォーラムのうちのいくつかでは、プロファイル情報を直接変更できます。

プロファイルの公開設定とアプリ

自身、管理者、および他のユーザーは、アトラシアン製品にアプリをインストールできます。プロファイルの公開設定を使用して、これらのアプリがアクセスできるプロフィール情報を制御します。

  • アプリによるプロファイル フィールドの情報へのアクセスを許可するには、フィールドを [全員] に設定します。

  • アプリによるプロファイル フィールドの情報へのアクセスを禁止するには、フィールドを組織名または [自分のみ] に設定します。

アプリがアクセスできる個人情報の詳細については、以降を参照してください。

個人情報とアプリ

アプリはプロファイルのうち、次の個人情報を使用します。

  • アプリは、ユーザーが全員に公開したすべての個人情報にアクセスし、それを使用できます。アプリはこれらの情報にアクセスし、情報を保存し、ほかのユーザーに表示できます。

  • ユーザーのローカル時刻と所在地は公開設定を問わず、常にアプリに公開されます。これによってアプリのエクスペリエンスがカスタマイズされます。

  • ユーザーのメール アドレスはアトラシアンが認証した特定のアプリに公開されます。メール アドレスへのアクセスを許可されたアプリを管理者がインストールしようとすると、インストールの同意画面に View email addresses of users という新しいアクションが表示されます。
    注: ユーザーがメール アドレスの公開範囲を [全員] に設定した場合、インストール済みのすべてのアプリでそのメール アドレスを使用できます。

  • ユーザーがアプリをインストールすると、アプリとのプロファイル情報の共有に同意するよう求められます。同意した場合、アプリはそのユーザーのすべてのプロファイル情報にアクセスできます。これは管理者には適用されません。

また、"接続済みアプリ" と呼ばれるレガシー アプリもあります。これらのアプリはインストール時に、プロファイル情報へのアクセスの同意を求めていました。これらのアプリは、プロファイルの公開設定を問わず、プロファイルのすべての情報にアクセスできます。接続済みアプリの詳細を確認し、必要に応じてアクセス権を取り消すには、[アカウントの管理] > [接続済みアプリ] をクリックします。


最終更新日 2019 年 8 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.