2 段階認証

2 段階認証は、2 段階のログイン ステップを要求することで Atlassian アカウントを保護します。この 2 段階目のステップによって、パスワードを紛失した場合でも、アカウントが保護されます。

If your Atlassian account is managed, then your organization admin can require you to use two-step verification when you log in. Read more about enforced two-step verification.

2 段階認証の有効化

The second login step for two-step verification requires a 6-digit verification code that you get either from a verification app on your smartphone, or by text (SMS) message on any mobile phone.

スマートフォンで認証アプリを使用する

  1. Google 認証システムAuthyDuo などのアプリを携帯電話にインストールします。これらのアプリのダウンロード リンクについては、スマートフォンで atlassian.com/2step に移動してください。
  2. 次に、https://id.atlassian.com/manage-profile/security で Atlassian アカウントにログインし、左側のパネルの [2 段階認証の管理] をクリックします。
  3. 「アカウント パスワード」フィールドにパスワードを入力し、[2 段階認証のセットアップ] をクリックします。
  4. 画面の指示に従ってセットアップを終了します。

携帯電話でテキスト (SMS) メッセージを使用する

  1. https://id.atlassian.com/manage-profile/security で Atlassian アカウントにログインし、左側のパネルの [2 段階認証の管理] をクリックします。
  2. Enter your password in the Account password field and click Set up two-step verification.
  3. [スマートフォンを持っていない場合] を選択し、[SMS を使用して有効化] を選択します。
  4. 電話番号を入力し、[SMS でコードを送信する] をクリックします。6 桁のコードを含むテキスト メッセージが送信されます。
  5. 6 桁のコードを入力して、[携帯電話を接続] をクリックします。
  6. 画面の指示に従ってセットアップを終了します。

緊急リカバリ キーは必ずコピー、印刷、または記録し、安全な場所に保管してください。リカバリ キーは、認証アプリにアクセスできなくなった場合にアカウントを復旧させるために必須です。


セットアップが完了しました。Atlassian アカウントに次にログインするときには、認証アプリか携帯電話のメッセージを確認して、2 段階目のログイン ステップ用の 6 桁のコードを取得します。

問題が発生した場合は、以下のトラブルシューティング セクションを確認してください。

2 段階認証を使用したログイン

2 段階認証を有効化すると、ログインに携帯電話が必要になります。

  1. 通常どおりにメールアドレスとパスワードを入力します。
  2. 新しい 6 桁の確認コードを取得します。次のいずれかを行います。
    • スマートフォンで認証アプリを開き、新しい 6 桁のコードを取得します。
    • 携帯電話で Atlassian から送信された新しい 6 桁のコードが記載されているテキスト メッセージを確認します。
  3. 確認コードを入力します。

問題が発生した場合は、以下のトラブルシューティング セクションを確認してください。

2 段階認証の無効化

2 段階認証を無効化すると、アカウントは 2 段階のログイン ステップで保護されなくなります。

  1. 2 段階認証ページから、アカウント パスワードを入力し、設定の解除をクリックして、2 段階認証の設定を取得します。このオプションは、最近パスワードを入力した場合には表示されません。
  2. [設定] で、[2 段階認証の無効化] をクリックします。
  3. 表示された確認ダイアログで無効化をクリックし、2段階認証の使用を停止します。

2 段階認証を無効化すると、ログイン時に認証アプリを使用する必要がなくなります。いつでも、2 段階認証を再有功化することができます。

組織管理者が 2 段階認証を有効化するよう求めているにもかかわらず、ユーザーが自身でアカウントの 2 段階認証を無効化した場合、再度有効化するためにログインすることもできなくなります。詳細については、「2 段階認証の強制」を参照してください。

アカウントの回復

携帯電話を持っていない、または認証アプリにアクセスできない場合、過去に作成した緊急リカバリ キーを使用して、Atlassian アカウントにログインすることができます。

確認コードの代わりに緊急リカバリ キーを使用する

確認コードがない場合、リカバリ キーを使用することができます。

  1. 通常どおりにメールアドレスとパスワードを入力します。
  2. 確認コードを求める画面が表示されたら、代わりに携帯電話が使用できない場合をクリックします。
  3. リカバリ キーを入力します。
  4. リカバリ キーは一度しか利用できないため、新しいリカバリ キーが発行されます。新しいキーをコピー、印刷、または記録してください。

リカバリ キーを紛失した場合、Atlassian サポートにアカウントの回復についてお問い合わせください。以下のトラブルシューティング セクションを参照してください。


新しい緊急リカバリ キーの作成

リカバリ キーを紛失した、または内容が漏洩した可能性がある場合は、ログアウトしていない場合に限り、新しいキーを作成することができます。

  1. https://id.atlassian.com/manage-profile/security で Atlassian アカウントにログインし、左側のパネルの [2 段階認証の管理] をクリックします。
  2. アカウント パスワードを入力し、設定の解除をクリックして、2 段階認証の設定を取得します。このオプションは、最近パスワードを入力した場合には表示されません。
  3. 新しい緊急リカバリ キーの作成をクリックします。
  4. 画面の指示に従い、新しいキーを取得します。

新しいリカバリ キーをコピー、印刷、または記録します。他のパスワードと同様に安全に扱ってください。新しいリカバリ キーは古いリカバリ キーを上書きすることに注意してください。

If you run into any issues with two-step verification, see our troubleshooting section below.

強制 2 段階認証

お使いの Atlassian アカウントが管理対象の場合、組織管理者は、ログイン時に 2 段階認証を使用するよう要求できます。

この場合、次のようになります。

  • 2 段階認証が必要になったことを通知し、有効化手順を示すメールが管理者から送信されます。
  • You'll need to enable two-step verification, as described in the Enable two-step verification section above.

詳細については、「2 段階認証の強制」を参照してください。

2 段階認証を使用する API アクセス トークン

Atlassian Cloud の REST API にアクセスするスクリプトまたはサービスが使用しているアカウントに対して 2 段認証を有効化すると、そのアカウントは REST API に対して Basic 認証のパスワードを使用できなくなります。代わりに API トークンを使用することをお勧めしますが、組織の管理者が関連アカウントを 2 段階認証から除外することもできます。詳細については、「API トークン」を参照してください。 

最終更新日 2019 年 8 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.