Bitbucket Cloud を Jira Software Server に接続する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ご使用の Bitbucket Cloud アカウントが Jira Software Server と接続されると、チームは作業中の Jira Software 課題で、関連するブランチ、コミット メッセージ、およびプル リクエストを表示できるようになります。開発ツールとの連携の詳細は、こちらをご覧ください。

このページの内容:

Bitbucket Cloud アカウントを Jira Software Server と接続する

Bitbucket Cloud アカウントを Jira Software Server に接続するには、Jira で提供されている DVCS コネクタを使用します。

ユーザーは、Jira Software Server および Bitbucket Cloud アカウントの両方で管理者権限を持つ必要があります。 

次の手順を実行してください。

ステップ 1. Bitbucket Cloud アカウント用の OAuth アクセス トークンを作成する

DVCS コネクタでは OAuth アクセス トークンが必要です。アクセス トークンは Bitbucket Cloud アカウントで作成します。リンク先のリポジトリを所有している Bitbucket Cloud アカウントでアクセス トークンを作成する必要があります。チームのリポジトリをリンクする場合、チーム アカウントを使用してこのトークンを作成する必要があります。 

次のように OAuth トークンを作成します。

  1. 左下のアバターから、[Bitbucket 設定] をクリックします。チームを接続する場合、チームを選択するか、[全チームを表示] をクリックして完全な一覧を表示してから、[設定] をクリックします。
  2. [アクセス管理] で、[OAuth] をクリックします。
  3. コンシューマの追加をクリックします。
  4. Enter the following details:
    Name: Enter 'JIRA DVCS' for this example.
    Description: Enter a helpful reminder of the purpose of this token.
    URL: Enter the URL for the Jira Software instance (for example, https://example.atlassian.net)

  5. 以下のパーミッションを選択します: 
    • アカウント: 書き込み
    • リポジトリ: 管理者 (リポジトリへの書き込み権限はなし)
    • Pull requests: Read

       

      これらは Jira DVCS コネクタで必要な最小権限です。
      追加の権限を選択しても、連携への影響はありません。
  6. 保存をクリックします。
  7. 消費者の名前をクリックして、OAuth キーシークレットの値を確認します。
  8. DVCS をブラウザで開いたまま、次のステップにいってください。

ステップ 2. Jira Software Server に OAuth トークンを追加する

Bitbucket Cloud でキーとシークレットを作成したら、Jira Software Server に移動し、次のようにアカウント、OAuth キー、シークレットを入力します。

  1. 管理者権限を持つユーザーとして Jira Software Server にログインします。
  2. From the Jira Software Server dashboard click the  (settings) icon.
  3. アプリケーションを選択します。
  4. 左側の [連携] セクションから [DVCS アカウント] を選択します。
  5. [Bitbucket Cloud または GitHub アカウントをリンク] をクリックします。
  6. [ホスト] 値として [Bitbucket Cloud] を選択します。
  7. チーム または ユーザーアカウント名を入力します。

  8. Bitbucket Cloud アカウントの OAuth キーシークレットの値をダイアログへコピーします。

  9. 必要に応じ、自動リンクと Smart Commits の既定値を変更します。

     
     
  10. 追加をクリックします。

  11. プロンプトでアクセスを許可します。



接続したアカウントとそのすべてのリポジトリが Jira の [DVCS アカウント] ページに表示されます。初回同期が自動的に開始されます。

DVCS 接続についての注意事項

DVCS コネクタは、キーとシークレットを自動的には信頼しません。アカウントとパスワードの組み合わせを使用して DVCS への接続を許可するよう求められます。許可するアカウントは、キーとシークレットの作成に使用したアカウントでなくてもかまいませんが、リンクするすべてのリポジトリに対する管理アクセス権限を持つアカウントである必要があります。 

DVCS コネクタを使用してアカウントをリンクすると、コネクタは post-commit webhook を Bitbucket Cloud のアカウントで所有しているすべてのリポジトリに追加します。コミットが発生すると、webhook は処理のためにコミット情報を DVCS コネクタに渡します。

Jira Software 側では、ご使用の Bitbucket Cloud アカウントで所有しているリポジトリが [DVCS アカウント] ページに表示されます。チーム メンバーは、個人の Bitbucket Cloud アカウントでリポジトリを作成し、その所有者としてチームを割り当てることができます。これらのリポジトリもリストに表示されます。

アカウントをリンクさせた後、Jira Software は課題キーを参照するコミットの検索を自動的に開始します。概要には、同期結果とエラー (ある場合) が表示されます。Bitbucket リポジトリから Jira Software へのコミット データの同期には時間がかかる場合があります。同期が進むと関連課題にコミットが表示されます。必要に応じて、Jira Software でリポジトリのリンクをいつでも有効化/無効化できます。 


Jira Software プロジェクトでコミット情報がどのように表示されるかの例

開発者がコミットを作成する場合、 以下のように、Jira Software 課題キーをコミットメッセージに追加する必要があります。

git commit -m "PROJ-123 add a README file to the project."
git push origin <branchname>

Jira Software は課題キーを使用してコミットを課題と関連付けます。これにより、コミットの概要を JIRA Software 課題の開発パネルに表示できるようになります。開発ツールとの連携の詳細は、こちらをご覧ください。

必須のプロジェクト権限

プロジェクトのユーザーは、Jira Software 課題の開発パネルでコミット情報を見るために、「開発ツールを表示」権限を持っている必要があります。Jira Software 管理者はプロジェクトの権限スキームを編集してこの権限を付与することができます。プロジェクト権限の管理」を参照してください。
最終更新日 2019 年 1 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.