AWS 上での Jira Data Center のアップグレード

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

The AWS Quick Start template as a method of deployment is no longer supported by Atlassian. You can still use the template, but we won't maintain or update it.

We recommend deploying your Data Center products on a Kubernetes cluster using our Helm charts for a more efficient and robust infrastructure and operational setup. Learn more about deploying on Kubernetes.

AWS now recommends switching launch configurations, which our AWS Quick Start template uses, to launch templates. We won’t do this switch, however, as we’ve ended our support for the AWS Quick Start template. This means you're no longer able to create launch configurations using this template.

まず、アトラシアンの長期サポート リリースをまだ使用していない場合、そちらへのアップグレードもご検討ください。長期サポート リリースでは 2 年間のサポート期間を通じて、重要なバグおよびセキュリティの課題に対する修正が適用されます。これにより、セキュリティや安定性を損ねることなく、アップグレードの頻度を減らすことができます。長期サポート リリースは、フィーチャー リリースのリリース頻度でのアップグレードが難しい企業に最適です。

デプロイメントのアップグレードについて、次の点をご確認ください。

  1. Jira Data Center の最新バージョンにアップグレードする前に、アプリにそのバージョンとの互換性があるかを確認します。必要に応じてアプリを更新します。アプリの管理の詳細については、「Universal Plugin Manager の使用」を参照してください。
  2. アップグレード中もユーザーに Jira Data Center を提供する必要がある場合、ゼロ ダウンタイムで Jira Data Center をアップグレードすることをご検討ください。この方法ではノードを 1 つずつアップグレードしながら異なる Jira バージョンで動作させるため、アップグレード中もユーザーが Jira を利用できます。
  3. 本番サイトをアップグレードする前に、ステージング環境でアップグレードを実施することを強くおすすめします。「Jira のテスト環境を作成する」には、これを行うための便利なヒントが記載されています。

アップグレード方法の選択

AWS クイック スタートを使用してデプロイした場合、次のいずれかの方法を使用して Jira バージョンをアップグレードできます。

オプション 1: 標準アップグレード

AWS での Jira Data Center の標準アップグレードは、次の 3 つの手順で行います。

ステップ 1: 実行中のすべての Jira Data Center アプリケーション ノードの終了

Jira Data Center スタックで使用されるアプリケーション ノードの数を 0 に設定します。その後、スタックを更新します。これにより、Jira Data Center が (次のステップを完了するまで) 利用できなくなります。 

クリックして詳しい手順を確認


  1. AWS コンソールで、[Services] > [CloudFormation] に移動します。デプロイメントのスタックを選択してスタックの詳細を表示します。

  2. スタックの詳細画面で、[Update Stack] をクリックします。

  3. [Select Template] 画面で、[Use current template] を選択してから、[Next] をクリックします。

  4. 実行中のすべてのノードを終了する必要があります。これを実行するには、次のパラメーターを 0 に設定します。

    1. Maximum number of cluster nodes

    2. Minimum number of cluster nodes

  5. [Next] をクリックします。以降のページをクリックして進み、[Update] ボタンを使用して変更を適用します。

  6. 更新が完了したら、すべての アプリケーション ノードが終了していることを確認します。



ステップ 2: Jira Data Center スタックで使用されるバージョンの更新

Jira Data Center で使用されるアプリケーション ノードの数を 1 に設定します。必要なバージョンを使用するように構成します。その後、スタックを再度更新します。

クリックして詳しい手順を確認

  1. デプロイメントの [Stack Details] 画面で、[Update Stack] をもう一度クリックします。

  2. [Select Template] 画面で、[Use current template] を選択してから、[Next] をクリックします。

  3. Version パラメーターを、更新先のバージョンに設定します。

  4. 1 つのノードで使用するようにスタックを構成します。これを実行するには、次のパラメーターを 1 に設定します。

    1. Maximum number of cluster nodes

    2. Minimum number of cluster nodes

  5. [Next] をクリックします。以降のページをクリックして進み、[Update] ボタンを使用して変更を適用します。

ステップ 3: アプリケーション ノードの数の拡張

これで、デプロイメントをスケール アップしてアプリケーション ノードの数を元に戻せます。詳しい手順については、「スケール アップおよびスケール ダウン」を参照してください。

すべての新しいノードを同時に起動することは可能ですが、ベスト プラクティスとしては、元のノード数に縮小する場合は、一度に 1 つのノードのみを起動することをお勧めします。これにより、クラスタ内のすべてのノードが正常になり、新しいノードから要求されたときに正常なスナップショットが提供されるようになります。

Jira 9.1 以降、同期ノード起動はアプリによって強制されます。起動では、続行する前にローカル インデックスが健全であることが確認されます。Jira は健全なインデックスがないと起動しません。

起動はクラスタ ロック下で実行され、一度に 1 つのノードでしか実行されません。

インデックスの起動には、次の段階があります。

  1. ローカル課題インデックスがデータベースの 10% 未満の場合に、欠落しているデータのインデックスを再作成します。

  2. 利用可能な場合は、共有ホーム ディレクトリから最新のインデックス スナップショットを読み込みます。

  3. それ以外の場合は、全インデックスの再作成がトリガーされます。

詳細は「Jira 起動時のインデックス管理」をご確認ください。

オプション 2: ゼロ ダウンタイム アップグレード

AWS での jira Data Center のゼロ ダウンタイム アップグレードは、次の 4 つの手順で行います。

ステップ 1: Jira をアップグレード モードにする

Jira をアップグレード モードにして、ノードを 1 つずつアップグレードする間にノードで異なるバージョンを実行できるようにします。

  1. Jira で、> [アプリケーション] > [Jira アップグレード] に移動します。
  2. [Jira をアップグレード モードにする] をクリックします。これは、ノードがすべて同じバージョンの場合のみ使用可能です。

ステップ 2: スタック内の現在のすべてのアプリケーション ノードを見つける

AWS で、スタック内で実行中のすべてのアプリケーション ノードの Instance ID を記録します。これらはすべて、Jira の古いバージョンを実行しているアプリケーション ノードです。後の手順でこれらの ID が必要となります。

クリックして詳しい手順を確認

  1. AWS コンソールで、[Services] > [CloudFormation] に移動します。デプロイメントのスタックを選択してスタックの詳細を表示します。

  2. [Resources] ドロップダウンを展開します。[ClusterNodeGroup] を探し、その Physical ID をクリックします。Jira アプリケーション ノードの Auto Scaling Group の詳細を示すページが開きます。
  3. Auto Scaling Group の詳細で、[Instances] タブをクリックします。ここに表示されているすべての Instance ID を記録します。これらを以降のステップで終了します。

ステップ 3: Jira Data Center スタックで使用されるバージョンの更新

Jira Data Center で使用されるアプリケーション ノードの数を 1 つ増やします。必要なバージョンを使用するように構成します。その後、スタックを更新します。

クリックして詳しい手順を確認
  1. デプロイメントの [Stack Details] 画面で、[Update Stack] をクリックします。

  2. [Select Template] 画面で、[Use current template] を選択してから、[Next] をクリックします。

  3. Version パラメーターを、更新先のバージョンに設定します。

  4. スタックで使用される Jira アプリケーション ノードの数を 1 つ増やします。これを行うには、次のパラメーターを増やします。

    1. Maximum number of cluster nodes

    2. Minimum number of cluster nodes

  5. [Next] をクリックします。以降のページをクリックして進み、[Update] ボタンを使用して変更を適用します。

ステップ 4: 古いバージョンを実行中のすべてのノードを終了する

ステップ 2 では、古いバージョンの Jira で動作しているすべてのノードを確認しました。それらを 1 つずつ終了する必要があります。 

クリックして詳しい手順を確認

ノードまたはインスタンスを終了する手順:

  1. AWS コンソールで、[Services] > [EC2] に進みます。[Running Instances] をクリックします。

  2. 手順 2 で確認したインスタンス ID に一致するインスタンスのいずれかを確認します。
  3. [Actions] ドロップダウンから、[Instance State] > [Terminate] を選択します。
  4. クリック スルーして、インスタンスを終了します。

ノードを終了するたびに、AWS は自動的にそれを交換します。新しい交換ノードは、新しいアップグレード済みの Jira バージョンを実行します。ノードを終了したら、他のノードを終了する前に、交換ノードが完全に起動し、クラスターに入るのを待ちます。これによって、クラスターはユーザー負荷の処理に十分なノードを確保しやすくなります。

ステップ 5. アップグレードを完了する

この手順は、必要な任意のアップグレード タスクをインスタンスで実行し、Jira のアップグレード モードを終了します。必要なタスクが完了したら、Jira のアップグレードは完了です。

  1. Jira で、> [アプリケーション] > [Jira アップグレード] に移動します。

  2. アップグレードを完了するをクリックします。これは、ノードがすべて同じバージョン (新しいバージョン) の場合のみ使用可能です。

これで、Jira インスタンスを新しいバージョンにアップグレードできました。 > [アプリケーション] > [バージョンとライセンス] から、現在のバージョンを確認することができます。

最終更新日 2019 年 8 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.