匿名化の再試行

ユーザーの匿名化

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira でのユーザーの匿名化を元に戻すことはできません。失敗した場合や中断された場合であっても、ユーザーは部分的に匿名化されるため、匿名化を開始する前のようにそのユーザーを見つけて匿名化することはできません。ここでは、匿名化されたユーザーを見つけて匿名化を再試行する方法について説明します。

このページで説明する範囲について

次の 2 つのケースの場合、匿名化を完了する必要があります。

  • ユーザーの匿名化がエラーによって失敗した。
  • ユーザーの匿名化中に Jira がダウンし、匿名化が完了したかどうかがわからない。

匿名化失敗のエラー。

問題の修正

匿名化を再試行する前に、失敗の原因になった問題を修正する必要があります。

ログ

エラー メッセージでは不十分な場合、Jira アプリケーション ログで詳細を確認できます。

<home-directory>/atlassian-jira.log

匿名化の再試行

ユーザーの匿名化を再試行するには、次の詳細を提供する必要があります。

  • 現在のユーザー名 (元のユーザー名と同じか、匿名化済みの場合があります)
  • 元のユーザー名
  • 元のユーザー キー

監査ログからユーザー情報を取得する

  1. 画面右上で [管理] > [システム] の順に選択します。

  2. [システム サポート] (左側のパネル) で、[監査ログ] を選択します。
  3. "ユーザーのキーが変更されました" というエントリを探します。このエントリが存在する場合、元のユーザー名が既に匿名化されています。存在しない場合、ユーザーは引き続き元のユーザー名を持ち、それを現在のユーザー名として使用できます。監査ログ エントリ。匿名化された氏名に対して注釈が付いています。

    A. 匿名化された氏名。クリックしてユーザー プロファイルを開き、現在のユーザー名を確認します。この画像で確認できるユーザー キーと同じ可能性があります。

  4. "ユーザーの匿名化を開始しました" というエントリを探します。このエントリには、元のユーザー名とユーザー キーが含まれます。  

    A. 元のユーザー名。

    B. 元のユーザー キー。

匿名化の再試行

  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. サイドバーで、[匿名化] を選択します。
  3. [匿名化の再試行] を選択します
  4. 現在のユーザー名、元のユーザー名、および元のユーザー キーを入力します。
  5. [匿名化] を選択します。匿名化は初回の実行時と同じように見えますが、既に匿名化されている対象は省略されます。
最終更新日: 2022 年 10 月 7 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.